源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
鉄道地図は謎だらけ
51Lc04iRSOL__SX349_BO1,204,203,200_

鉄道地図は謎だらけ

所澤秀樹【著】
光文社(知恵の森文庫)刊
2013(平成25)年4月発行

わたくしが所持するのは光文社新書版ですが、その後文庫化されたやうですので、ここではそちらを挙げておきます。昔中公新書が文庫化されたりとかはありましたが、本来新書の文庫化といふのは異例なことでした。わたくしも好きではありませんが、まあ仕方がない。

地図といふものは、いつまで眺めてゐても飽きませんね。わたくしも幼少時より、暇があれば地図を読み耽つてゐました。小学生の時分は、給食の時間にいつも地図を広げてゐて、至福のひと時だつたなあ。
同時に時刻表の索引地図も愉快であります。著者は「(鉄道地図を)眺めているとだんだん地図に描かれた地域が、我が領土のように思えてくる」と述べてゐます。丸谷才一氏ふうに言へば「帝国主義的愉しみ」ですかな。

さうして鉄道地図を備にチェックしてゐると、不思議な現象が色々と見つかります。なぜこの路線は不自然に大迂回して遠回りをするのか。なぜこの一区間だけ会社名が違ふのか。同じ位置にある駅なのに、なぜ駅名が違ふのか。
所澤秀樹著『鉄道地図は謎だらけ』ではかういふ疑問に、所澤秀樹氏が懇切丁寧に、即ちメイニアックに答へてくれます。

第一幕の「鉄道地図、七不思議の怪」は、まあ割と他の類書でも紹介される内容です。ドラゴンレール大船渡線とか、土讃線・予土線に挟まれた土佐くろしお鉄道とか。しかしかかる(所澤秀樹氏はこの「かかる」をやたらと多用します)不恰好な路線は、今後「整備新幹線」が開通するにつれて、ますます増えるでせう。既に信越本線・東北本線・鹿児島本線・北陸本線・函館本線などで無残な姿を晒してゐます。

第二幕の「全国津々浦々、「境目」の謎」では文字通り会社間の「境界」について述べてゐます。特に貨物関係はわたくしも知らぬことが多いのです。テツぢやないですからね。一般の読者は付いて行けるのでせうか。

第三幕は「特選 鉄道地図「珍」名所八景」。著者が選んだ珍名所を解説。いづれの「名所」も承知済みですが、最後の第八景は知らぬ事実が結構ありました。わたくし、元元東武関係はちよつと弱いものですから。

所澤氏の著書に慣れてゐない人は、その諧謔調に戸惑ふかも知れませんが、この人は真面目な硬い評論(例へば『国鉄の戦後がわかる本』とか)を書いても、どこか軽いユウモワを交へてゐますので、藝風なのですね。まあ、N・T氏のワルノリぶりに比べたら好感が持てるのではないかと。
旅のお伴に、肩の凝らない一冊と申せませう。

スポンサーサイト
道草
51anG84-m8L__SX349_BO1,204,203,200_

道草

夏目漱石【著】
新潮社(新潮文庫)刊
1951(昭和26)年11月発行
1969(昭和44)年2月改版
2011(平成23)年3月改版

いやはや又もや間が空いてしまひました。
さて、昨年(2016年)は漱石の没後100年といふことで盛り上がつてゐましたが、今年は生誕150年に当るのでした。二年続けての漱石イヤーなので、わたくしも『道草』を開いた次第であります。

』『こころ』などと同様に夫婦の問題が描かれてゐます。しかし『道草』がそれらと違ふのは、ほぼ漱石自身の体験を綴つた「自伝的小説」であるといふところですね。主人公の健三が即ち漱石本人がモデルであります。妻のお住が鏡子夫人、さらに金をたかる島田のモデルは養父の塩原昌之助となつてゐます。

ロンドン留学から帰国した漱石。英国では精神的にまいつたやうで、神経衰弱になつて、いはば志半ばで帰国する訳です。その後漱石は『吾輩は猫である』で世に出て、朝日新聞社の専属小説家となります。本作の冒頭に「健三が遠い所から帰つてきて」とあるのは、漱石がロンドンから帰国した事を指してをります。
本作の後は絶筆となつた『明暗』を残すのみで、漱石としては最後期に属する作品。もうこの時期になると、初期に見られた諧謔調は姿を消し、重苦しい雰囲気で物語が進むのであります。

夫婦関係はきくしやくしてゐます。夫は空疎な理屈を振り回す思ひやりのない変人として描かれ、妻は怠惰で夫の仕事にあまり協力的ではないやうに見えます。現在の目から見ると、お住は特段の悪妻とも思はれませんが、毎日夫よりも遅く起きるなど、明治の世では非難されるべき一面があつたのでせう。
しかし後にお住が出産する際には、何だかんだ言つて夫婦の結び付きを感じさせる場面もあり、ちよつと安心します。

序盤で島田に出遭つてから、後の色々な面倒(金をたかられる)を示唆するところなどは、読者の興味を誘ひぐいぐい引張ります。そして徐々に島田が接近する様子は、まるでサスペンス小説のやうであり、読者はどきどきしながら先を急ぐのであります。漱石はまるでエンタメ作家ですね、好い意味で。
それにしても「島田」がかういふ卑しい人物に描かれて、モデルの塩原昌之助の子孫の方は、この小説をどう感じるのでせうか。

漱石を余裕派と呼び揶揄してきた自然主義派が、『道草』で初めて漱石を認めたとの話もありますが、あくまでも自伝的小説であつて、従来の作風を変へてはゐないと存じます。小説作法の上手であるだけの話です。
「世の中に片付くなんてことは殆どありやしない......ただ色々な形に変るから他(ひと)にも自分にも解らなくなるだけの事さ」

国鉄/JR 列車編成の謎を解く
41kvgRSgcYL__SX298_BO1,204,203,200_

国鉄/JR 列車編成の謎を解く 
編成から見た鉄道の不思議と疑問


佐藤正樹【著】
交通新聞社(交通新聞社新書)刊
2010(平成22)年10月発行

列車編成の謎とは何ぞや。専門的な内容なのかと思つて手に取ると、一般的な車両編成の概説書みたいなものでした。書名の付け方に一考を要するかと存じます。

内容を概観しますと......まづ第一章は「歴史から見た旅客列車の編成事情」。
日本の鉄道誕生から、車両編成の変遷をざつと紹介しますが、即ち動力の近代化とも申せませう。機関車が牽引する「客車」、無煙化を実現し動力を各車に分散した「電車」、地方ローカル鉄道に革命をもたらした「気動車」、それぞれの特性が、いかに歴史の要請に従ひ登場し、消えて行つたかを説明してゐます。
ところで、わたくしが所持する本書では、ヘッダ部分に章のタイトル(ここでは前述の「歴史から見た旅客列車の編成事情」)が記載されてゐるのですが、最終ペイジ(37ペイジ)のみ「第一章 さいはての植民軌道」となつてゐます。これは、同じ交通新聞社新書の『幻の北海道殖民軌道を訪ねる』のヘッダが紛れ込んだのですね。

続く第二章は「編成の素朴な疑問」。運転士が先頭車両に乗つてゐる理由、車掌が最後尾の車両に乗る理由、最近のローカル線が短編成の理由(国鉄時代は実に無駄に多くの車両をつないでゐました)、新幹線が16両になつた理由、寝台車が編成の端に連結されてゐた理由など、まあ普通の人なら疑問にさへ思はぬであらう事象が解説されてゐます。

更に第三章「編成の不思議」では、「なぜ○○は△△なのか」みたいな、まるで第二章の続きかと思ふやうな話題が満載です。電車と気動車の協調運転の比喩に、手を繋ぐ恋人同士を持ち出すのはどうかと勘考する次第です。

第四章になりますと、「編成のジレンマ」なるタイトルで、例へば多客時に連結車両を増やしたいが、勾配の制限があるためままならぬとかの話が紹介されてゐます。碓氷峠を渡る特急「あさま」(もちろん現在の新幹線ではない)も、最大8両連結といふ制限があつたため、食堂車を泣く泣く編成から外すといふこともありました。
ところで、急行「赤倉」の冷房の話は、うんうんさうだつたなあと頷きながら読みました。冷房装置があるのに(元元ない車両も連結されてゐたが)発電機が未発達のため、自由席の乗客が泣きをみるといふ急行列車。特別料金を徴取する急行で、冷房が無いなど現在では考へられませんが。
因みに急行赤倉は、かつて名古屋から新潟までを走つてゐたロングラン急行。キハ58系気動車の堂々たる12両編成(らしいですね。わたくしの記憶では最大13両繋いでゐたやうに思つたが、記憶違ひか)で運転されてゐました。

最後の第五章「知っていると自慢できる編成の予備知識」では、車両に付されてゐる記号や数字などを解説してゐます。あのキハとかモハとかサロとかいふやつですね。最近は特段のテツではない人にも認知されつつあるやうです。わたくしは無論、テツではありませんがね。
ところで、新幹線の形式ですが、本来0系の次は1系となる筈が、実際には三桁の100系になつた為、続く新車も200系・300系と倣つたと聞いてゐますが、どうなんですかね。現在のJR東は、E1系、E2系......と「E」は付されてゐますが一桁となり、これを「本来の姿に戻つた」と述べる人もゐるのですが。その辺を語つていただきたかつた喃。

冒頭述べたやうに、特段の謎はなく、列車編成に纏はるあれこれ読物と申せませう。内容自体は中中楽しいので、書名で損をしてゐますね。もつとも、新書のタイトルは編集部が命名するケースが多いとも聞きますが......



発想法
41G0OL9ImDL__SX306_BO1,204,203,200_

発想法 リソースフル人間のすすめ

渡部昇一【著】
講談社(講談社現代新書)刊
1981(昭和56)年11月発行

先達て逝去された渡部昇一氏であります。紹介される時には、枕詞のやうに「保守派の論客」といふ謳ひ文句が付く人で、色色と発言が問題視されたこともございます。わたくしは中高生の頃、本多勝一氏の著書を読み耽つてゐた為、それと対極に立つ渡部氏の言葉には素直に首肯しかねる事が多かつたのです。
それにもかかはらず、何故か渡部教授の文章が目に留まると、無視できぬといつた存在でした。不思議ですねえ。

専門が英語学である渡部氏の代表的な著作は何か、わたくしは存じませんが、一番売れたのは『知的生活の方法』ではないでせうか。わたくしも当時、続篇と併せて拝読したものです。
しかし天邪鬼なわたくしは、ここで『発想法―リソースフル人間のすすめ』を登場させる訳です。1981(昭和56)年、千代の富士の「ウルフフィーヴァー」の年に刊行されてゐます。当時渡部氏は51歳、もつとも脂の乗り切つた時期ではありますまいか。

サブタイトルにある「リソースフル」とは何か。表紙の言葉を引くと―

リソースフル(resourceful)とは、発想の豊かさを表わす言葉である。語源的には「再び立ち上がる」「再び湧き出す」ということだが、転じて、どんな状況においてもアイデアが出てくること、つまりは、「汲めども尽きぬ知恵の泉(ソース)」をもつことである。リソースフルであるためには……、より深く豊かな泉をより多く身につけるには、どうすればよいのだろうか。まずなによりも、発想の源は自分自身の内部にある。みずからの独自で切実な体験を直視し、忘れず、みがきあげることを土台に、貴重な泉としての外国語習得、新鮮な目をもつこと、幅広い耳学問など、思いつきではない、柔軟な発想を生むための心がまえと方法を説く。

なのださうです。

例へば、森鷗外と坪内逍遥の論争を引き合ひに出します。「没理想論争」と称するさうですが、その詳細はしかるべき文献に当つていただくとして、この論争は世間的には鷗外の勝ちとみなされてゐるさうです。その理由を、逍遥は英語一本だつたのに対し、鷗外はそれに加へて、ドイツ語も出来たからだと著者は推測します。当時は外国語の文献にどれだけ当つたかで勝負が決まるやうなところがありました。即ち鷗外の方が井戸(泉)が多く、枯れ難い環境にあつたと。

葛西善蔵や嘉村磯多のやうな人は、寡作に終つた人たちですが、何しろ水を汲むべき井戸が自分一本しかない。小説を書くための取材や調査をする訳でもなく、外国の文献に当らず、机に向かひ自分の事をうんうん唸りながら書くだけであるので、全くリソースフルではないと論じます。
一方、泉の豊かな作家として、松本清張や夏目漱石を挙げてゐます。両者とも、泉が溢れんばかりの書きつぷりであると。さらに谷崎潤一郎と江戸川乱歩(いづれも「大」が頭につく人ですね)を対比させて、いかに井戸の数が多かつたかを示してゐます。

井戸といへども、際限なく水を汲み上げてゐては、いつかは枯れます。そこで第一の井戸が枯れる前に、第二の井戸、それも枯れさうになれば第三の井戸から汲み上げ、さうかうするうちに第一の井戸は再び水量が戻つてくるであらう、と。即ちその井戸の多さがリソースフルであるか否かの目安なのですね。

それにはまづ「異質な目」を養ふ事が肝要だと。先天的な、生れた環境が否応なしに異質な目を作ることもあり、後天的な努力や発想(不幸な体験も、逆説的に言へば「異質な目」を得るチャンスだといふ)で、井戸の数を増やすことも可能でせう。
終章では「天からの発想・地からの発想」と題して、オカルト的な現象からの発想を説いてゐます。本書の中では若干浮いてゐますが、後年渡部氏は精神世界関連の著作も物してゐますので、今から思へば特段訝しがることもございません。

ところどころに「さうかなあ」と首を傾げる記述もありながら、全体として力強いメッセージを受け取つたと感じられます。のんべんだらりと暮す自分がまことに愚劣な存在に(事実さうでせうが)思へてくる、ちよつと尻を叩かれてゐるやうな気分になる一冊と申せませう。合掌。


平安鎌倉史紀行
615Q11WQ7PL__SX337_BO1,204,203,200_

平安鎌倉史紀行

宮脇俊三【著】
講談社(講談社文庫)刊
1997(平成9)年12月発行

古代史紀行』に続く、「日本通史の旅」シリイズ第二弾であります。
日本史の流れに沿ひ史跡や歴史上の人物のゆかりの地などを巡る企画で、今回は長岡京遷都から鎌倉幕府の滅亡までを辿ります。即ち『平安鎌倉史紀行』といふ訳。

古代史では歴史と神話の境界線があやふやで、従つて素人も色色と妄想する愉しみがあつたのですが、平安鎌倉となると文献も揃ひ始め、歴史の形が次第にはつきりとしてきました。宮脇氏も、あまり気の進まぬ事件や好まぬ人物がゐるやうですが、さうも言つてをられず、せつせと現地へ向かひます。

あくまでも歴史の流れ順に訪問する為、同じ場所に何度も足を運びます。一見無駄足のやうに見え、交通費も嵩むのですが、著者は何度も旅行出来て嬉しいと全く意に介さないのが愉快であります。
なるべく鉄道やバスで移動したいと言ひながら、タクシーをやたらと駆使します。史跡巡りにはその方が便利だからですね。運転手から地元ならではの情報も仕入れる事もできます。

日本史を繙くとどうしても京都が中心になりがちなところを(実際京都は何度も行つてゐますが)、少しでも変化を付けやうとする姿勢も読者思ひでよろしい。平泉・鎌倉・熊野・比叡山・水海道・日振島(愛媛県・藤原純友を巡る旅)・黒田庄・福原(神戸)・厳島・木曾宮ノ越・一ノ谷・壇ノ浦・美濃太田・永平寺等等。さすがに蒙古襲来の項では、モンゴルまでは行つてませんが。それにしてもこの蒙古軍といふのは、知れば知る程腹が立つのであります。某国なら千年恨みは忘れないと喚く事間違ひなしですな。

武士が擡頭し、新田義貞軍が北条高時を追ひつめ、鎌倉幕府が滅亡したところで本書は一旦終ります。ああ早く続きを読みたい喃。日本史のおさらひにもなつて、まことに愉快な一冊となのでございます。