源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
国鉄再建はこうなる
17190736_1843022305947193_324289225659846065_n.jpg

国鉄再建はこうなる

加藤寛【著】
ダイヤモンド社刊
1985(昭和60)年10月発行

1987(昭和62)年4月1日、日本国有鉄道はその歴史を終へ、JRグループへと移行しました。今年は丁度30周年といふことになります。
30年を機に、当時の雰囲気を伝へる書物をいくつか読んでをります。この『国鉄再建はこうなる』もその一つ。著者は、第二次臨調(土光臨調)の主要メムバアだつた加藤寛氏。カトカンですな。
従つて当然、国鉄の分割民営化については推進すべしとの立場であります。

序章「国鉄はなぜ改革しなくてはならないか」と終章「新生国鉄が未来を拓く」が概論にあたり、真ん中の第一章から第三章はQ&A形式で、想定される疑問や質問に答へてゐます。
膨れ上がる国鉄の赤字が大問題になつてゐました。公共性を盾に、赤字線を造り続け、毎年二万人を超える大量採用を止めず、安全の為と称して人員整理も出来ず、どうせ親方日の丸さ、何とかなるよとやつてきたが、結局何ともならず崩壊したのであります。

加藤氏が語る分割民営化の姿は、既に完成されたものに近いやうです。分社化された各会社の概要や、その株式の保有方式、三島会社の扱ひ、余剰人員の振り分けなど、ソフトな語り口で素人に分かりやすく解説してくれます。
まあ、もう決まつた事ですから、少々気になる事があつても目を瞑りませう、てな感じも少ししますが。
例へば組合問題はほとんど語られません。そもそも分割民営化は国労つぶしだと言はれてゐました。ここでは余剰人員9万3000人のうち、最終的に辞めてもらふ人は4万1000人としてゐます。この人たちは、三年のうちに再就職先を決めていただくと。
「単なる首切りではないのです」と著者は言ひますが、のちの「人材活用センター」の実態を見れば、単なる首切り以上に残酷な事が行われてゐたのですねえ。無論この時点で著者はそれを想定してはゐなかつたでせうが。

30年といへば、ある歴史的事件に対して、一定の評価を下せる期間だと申せませう。本書ではその立場上、バラ色の未来を描かざるを得ない面もありますが、現代の我我が分割民営化が成功であつたか否かの判断を下せる材料を示してゐるのではないでせうか。


スポンサーサイト
1200食のマーケティング
51-PU7fxt1L__SX350_BO1,204,203,200_

1200食のマーケティング

黒田節子【著】
商業界刊
1988(昭和63)年9月発行

1200食とは、人が一年で取る食事のことらしい。一日三食+αとして、このくらゐになるだらう、といふのが著者の弁であります。ちよつと多いのではないかとも思へますが、まあ感覚的なものなので、専門家に任せませう。
仮に1200食として、この数字が今後劇的に増える事はまづ考へられませんね。しかも今後は人口減社会に突入しますし。カミカゼタレントは一日に5食も6食も取る人がゐるさうですが、一方で一日一食で済ます人もゐるでせう。
この1200食を、外食産業やらSMやらCVSやらが奪ひ合ふ訳です。

日本においては、「家族」とか「世帯」の観念が大きく変化してをります。それが食事の内容にも反映されていて、家庭の食卓がどのやうに変化したかを辿つてゐます。
周知の如く、かつての家庭の台所は、専業主婦といふ存在が一手に握つてゐました。「杓子権」「杓子渡し」なる伝統があつたのですね。勉強になるなあ。

それが、核家族化や有職主婦の増加、外食産業の発達などで、家庭の食事に変化が表れます。
形態としては、より少人数のための食事。「個食化」「小食化」「孤食化」
作り手の側から見ると、調理の外注化。即ち調理済み食品、ひと手間だけで食べられる(主婦が「これも手間をかけてゐるのだから、立派な料理だわ」と、うしろめたさから免れるための)食品が主流になつた。

著者の見立てでは、この変化は1975(昭和50)年前後から始まり、四半世紀くらゐかけて、2000年頃に完成を見るといふことらしい。本書の出版は1988年なので、予言の書としても興味深いですな。
この一連の流れを著者は「素食革命」と呼称し、伝統的粗食から都市型の素食へ(「そしょく」の漢字に注意)変化が進行してゐると。
戦後しばらくの日本は、とにかく食べる物に飢ゑてゐました。商品が有るだけで売れる状態。需要が供給を完全に上回つてゐたのです。生活が豊かになるにつれてその需給関係が逆転し、競争状態に入りますと、商品の内容や店舗の利便性などが問はれるやうになりました。
つまり売り手または作り手側(川上)から、買ひ手(川下)側発想で商品開発をし、売場の構成を変化させる必要がある、といふことですな。

我我の食事を振り返つてみても、忙しい時にとりあへず腹に詰め込む食事から、時間をかけて優雅に楽しむディナーまで、同じ一食でもさまざまであります。著者は食事の類型を四つに分類し、夫々「素食型」「定食型」「あ・ら・かると型」「グルメ型」と称しました。なほ本来グルメとは、産地から食材にこだはり、自ら調理する人の事ださうです。美食家などと邦訳されたせいか、単に美味しい食事を求めて味はふだけの人もグルメと呼ぶやうになりました。著者は、さういふ人達を厳然と区別し、特に「都市型グルメ」と呼称してゐます。
つまり著者は、供食会社に対して、自分の強みと弱みを知つた上で、1200食のうちの何食に喰ひ込めるか、キチンと分析しなさいと提言してゐるのでせう。著者一流の皮肉も効いた、文化人類学的な面白さも併せ持つ、充実の一冊であります。




新幹線お掃除の天使たち
sinkansenosoujinotensitati.jpg

新幹線お掃除の天使たち 「世界一の現場力」はどう生まれたか?

遠藤功【著】
あさ出版刊
2012(平成24)年8月発行

東京駅から新幹線に乗る時、特に指定券が取れずに自由席の乗り場で待つ場合、「早く乗せてくれないかな」と若干苛苛します。列車が到着し、既に乗客が全て降車したといふのに。なぜ待たされるかといふと、掃除をするからですね。
直前まで乗客が利用してゐたのだから、当然いろいろ汚れてゐたり、散かつてゐたりします。専門の清掃ティームが無駄なく動いて、所定の時間内に作業は終了してしまひます。実際はほんの数分待つだけなのに、待つ身としては千秋の想ひなのですね。
「掃除はまあテキトーでいいから、早く乗せてよ」と内心感じてゐたわたくしでした。しかし本書『新幹線お掃除の天使たち―「世界一の現場力」はどう生まれたか?』を拝見した今では、「そんなに慌てなくていいぜ」と心の余裕が出来たものです。

わたくしが居住するのは愛知県なので、実際に乗るのは圧倒的に東海道新幹線が多いのですが、本書で取り上げられてゐるのはJR東グループの「鉄道整備株式会社(通称テッセイ)」であります。現在は社名が「JR東日本テクノハートTESSEI」に変更されてゐるやうで、いづれにせよ通称は「テッセイ」で親しまれてゐます。
東北・上越新幹線の東京駅に上り列車が到着しますと、行儀よく一斉に並んだ清掃スタッフたちがお辞儀をして、乗客が降車するや否やダダーッと車内に乗り込み、手際よく清掃作業をしてくれるのであります。その時間はわづか7分間。その神業のやうな動きぶりに、感嘆の声が出るほどです。かつて様々なメディアでも紹介されたので、ご存知の方も多いでせう。海外からも注目されてゐるとか。

本書の構成は「プロローグ」「第1部」「第2部」の三つのパートに別れてゐます。
「プロローグ」では、「なぜ新幹線の車両清掃会社がこれほど私たちの胸を打つのか?」と題し、テッセイといふ会社の概要を述べてゐます。
「第1部」は、「「新幹線劇場」で本当にあった心温まるストーリー」として、「エンジェル・リポート」なる「清掃現場の良い話」を集めたものから一部を紹介してゐます。トイレ掃除の苦闘や、酔客に襲はれさうになつた話とか。
「第2部」は、テッセイをここまでの組織に変へた矢部輝夫氏、そして柿﨑幸人氏の変革の航跡を辿つてゐます。現場と経営陣の距離感を埋め、環境整備、組織再編に手を付けます。「トータルサービス」の導入や「エンジェル・リポート」の開始......功を急ぎたい心を抑へて、焦らず、時間をかけながら丁寧に改革を進める姿勢は、業界を問はず参考になることでせう。
抵抗や反発を受けながらも、より良い会社を目指す姿勢が支持され、テッセイを「最強のチーム」とまで呼ばしめるまでを時系列で記述してゐます。

「あさ出版」といふことで、ビジネス書のカテゴリーになつてゐますが、全体では「ちよつと素敵な話」を集めた心温まる一冊となつてゐます。硬派のビジネス書を期待すると、いささか美談調の内容に辟易する向きをお有りかもしれません。「世界一の現場力」との評も、褒めすぎとは申しませんが、如何なる根拠によるものか、若干情緒的な部分もあります。他方で、第2部の内容をもう少し突込んでくれたら、といふ気もいたします。
しかし著者の目的は、「キラキラと輝く普通の会社」を一般に紹介することのやうですので、かういふ構成になつたのでせう。

いづれにせよ、わたくしが今後新幹線に乗る時は、清掃チームの動きに注目することは間違ひないと申せませう。デハデハ。



ゼロからのMBA
51fXYJjlRTL__SX349_BO1,204,203,200_

ゼロからのMBA

佐藤智恵【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2013(平成25)年7月発行

MBAとわたくしの関はりは、一切ございません。かつて本屋にゐた頃に、MBA関連の書籍を売場の棚に並べてはゐましたが、どれ参考のために一冊目を通しませうか、などといふ気分には全くなれず、まあ機械的に「商品」として扱つてゐたわけです。
そのくせ、客から「どの本が良いですか?」などと問はれると、各書の特徴を滔滔と述べ、貴殿のやうな目的だとこの本がお薦めである、或はそのシリーズがよろしからう、などと平気で応対してゐました。不思議ですなあ。これは一体どういふ訳ですかな。

それはそれとして、佐藤智恵氏著『ゼロからのMBA』であります。MBAがどうとかいふことではなく、いろんな人の「勉強法」を拝見するのがわたくしの好みでして。
恥かしながらわたくしは存じ上げませんでしたが、佐藤氏は作家・コンサルタントとして活躍中で、著書も多数ございます。その佐藤さんが、MBA取得を思ひ立ち、見事に本懐遂げるまでの約四年間(たつたの四年間でとは驚きです)の奮闘ぶりを披露した一冊であります。

1997年、当時27歳の佐藤さんは、既にNHKディレクターとして第一線で活躍中でありました。しかるに彼女は、かねてより米国留学をしたいと願つてゐたのであります。この時点ではことさらに「○○になりたい!」「絶対に△△を実現するんだ!」みたいな具体的なものはなかつたと言ひます。
で、留学のための予備校(があるんですね)で相談したところ、MBAを強く勧められます。その気になつた佐藤さんは、超短期決戦での取得を決意。予備校では、「課題エッセイ」の指導を受けながら、TOEFLとGMATの点数を上げることに腐心します。なかなか合格レベルまで上がらず、焦つたり。こんなにデキル人でも苦労はあるのですね。

予備校で担当してくれたデバリエ氏の指導のお陰もあり、見事コロンビア大学のビジネススクールに入学が決定します。次なる関門は、お金。約一年半の留学期間中、何と「家一軒分のお金」が必要なのだとか。卒業後の高給取りが約束されてゐるとはいへ、おいそれと出せる額ではありません。金策に走りますが、結局は足りず、万策尽き最後は親から借金して何とか準備するのでした。
そしてNHKに籍を置いたままでは行けないことが決定し、退局を決意します。まあ双方の言ひ分が分かるだけに切ないですなあ。

入学後は怒涛の学習漬け......だと思ふのですが、本書ではどちらかといへば楽しいことを中心に記述されてゐます。「チーム・ヒッキー」で交流したり、不人気の先生をクビに追ひ込んだり。同時に就職活動もするのだから、それはハアドな日々だつたでせう。
これほど苦労して取得したMBAでも、就職にあたつては万能ではないのですな。
何はともあれ無事に卒業し、就職活動も実つて数社から内定をもらひ、最後は占ひ(!)でボストンコンサルティンググループに決めるのでした。

一応ここまでが「MBA成功物語」で、以降佐藤さんは転職を経験したのち、2012年には遂に独立を果たすのでした。
それほどの苦労をしてお金を注ぎ込んで、価値のあるものですか?と訊かれることもあるさうです。確かにその通りだが、彼女はかう書いてゐます。「ただし、MBAは、人生に選択肢を与えてくれるのは、事実。ここで、人生を変えるか、変えないかは、「本人次第」なのだ。」と。
だからと言つて、本書を読んだ人が「さうか、俺も、私も、MBAを目指さう!」となる必要はないと思ひます。未知の領域に挑戦する内容は、個々人でそれぞれ違ひますからね。ただ、何かを踏み出さんとして中中一歩が出ない人にとつては、背中を押してくれる一冊ぢやないでせうか。

最後に、タイトルについて、色色批判があるやうです。この人、全然ゼロからの出発ぢやないぢやん。東大卒・帰国子女・NHKディレクター......さらに親に巨額の資金を「貸してよお。絶対に返すから」で借りれちやふ家庭は、普通の庶民では中中ありません。かなり恵まれた出発と申せませう。
タイトルが誰の発案か分かりませんが、そこで反発を喰らふのは勿体ない。せつかくの真摯な奮闘記が、不知不識のうちに割り引かれて読まれる恐れがあります。

ま、いまさらわたくしが心配しても詮無いことですが。


すべては一杯のコーヒーから
無題

すべては一杯のコーヒーから

松田公太【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2005(平成17)年4月発行

実は、古本屋で偶然見つけた一冊であります。一杯のコーヒーから。霧島昇さんとミス・コロムビアさんの歌でありましたね。しかしあの歌、何度聴いても「一杯の公費から」と聴こえます。皆から集めた税金は、例へ一杯あつても節約して効果的に使つていただきたいものです。
いや、さういふ話ではありませんね。コーヒーショップ「タリーズ」の創業者の話であります。

「タリーズ」は、わたくしが居住する街にもあり、豊田市駅前の商業ビル「GAZA」に入つてゐます。GAZAにはしばしば訪れ、タリーズにも買物のついでに立ち寄つたりします。わたくしはコーヒーは嫌ひではないが、いはゆる通でもなく、「コーヒーなら○○ぢやないといけません」などといふ薀蓄も皆無であります。だからどこで飲んでも大差無いと思ふのですが、我が連れ合ひは何故かタリーズへ行きたがるので、まあお付き合ひする訳です。

タリーズの本家が誕生したのは米シアトル。あのスターバックスと同じださうであります。日本進出にあたつては、さぞかし力のある有名企業と手を組んだのであらうと思ひきや、まだ二十代の銀行員が個人でタリーズと交渉し、日本で営業する権利を得たのだといふことです。
その熱血漢こそ、本書の著者・松田公太さんでした。
松田氏は友人の結婚式に出席するために来てゐたボストンで、初めて「スペシャルティコーヒー」に出合ひ、目覚めてしまつた。元々起業志向を持つてゐた松田氏は、「タリーズ」の商業者であるトム・オキーフといふ人物に苦労の末何とかコンタクトを取り、日本でタリーズの店を開きたいと直談判するのでした。しかも、ブランドイメエヂを確立するために、立地は「銀座」にこだわつたのであります。

トム・オキーフの承諾を得た松田氏は、大借金をした上で念願の「タリーズコーヒー」一号店を銀座に開店、始めの数か月は赤字であつたさうです。平凡なる経営者ならば、座して死を待つところでせうが、彼はぢつとしてゐませんでした。如何なるマイナス要因も言ひ訳の材料にせず、それを解消するために、あらゆる努力を惜しみません。
かういふ姿を、日本の商店街のおやぢたちに見せてあげたいと思ひました。

話は変りますが、日本の地方都市の商店街はおしなべて瀕死の状態であります。彼らに吹く逆風は、自らの力ではどうにもならないやうにも見える。旅に出たりすると、買物でもして応援しやうかしらんと思ふのですが、いざ店内へ入ると、やる気のない店主がぼーつとレジに座るだけで挨拶もなく、商品棚は荒れ放題でほこりまるけ。そして常連客が来ればお喋りに興じ、自分がいかに不遇を託つてゐるかを切々と訴へる......これでは買ふ気も失せるといふものです。
また別の商店街では、訪問日がちやうど地元のお祭りの日に当たり、これは稼ぎ時かなと思つたら、商店街は軒並みシャッターを下ろし「定休日」の看板が。せつかく集客が見込める日に、定休日はしつかり取る。それで嘆いてゐては、どうしやうもないではありませんか。

それはそれとして。
その後の松田氏の歩みもまことにドラマティックであります。失敗を重ねながらも順調にビジネスを進めますが、好事魔多し、母親の死といふ現実が待つてゐました。この主治医は怪しからん喃。病院名・医師名を公表しちやへと思つたものです。行員時代に弟も病で亡くし、続いて母まで、早過ぎる逝去。
さういふ悲しみを乗り越え、タリーズコーヒージャパンは上場を果たすまでになります(後に上場廃止してゐる)。サクセスストオリイとして、読物としても中中読ませる一冊と申せませう。

本書は10年前に出てゐますので、その後の政界進出についての心境は分かりません。まあ本人のブログや公式サイトを覗けば分かるのでせうが。松田氏の夢の一つといふ「食文化を通じて世界中の国々がお互いを理解し、尊重し、そして一つになる」(本書より)はどうなつたか。やはり食文化を通じては無理だと思つたのか、それとも夢は実現したと判断したのか、またあるいはもつと別の夢がムクムクと頭を擡げてきたのか。
魅力的な人物でも政界進出すると、たちまち色褪せ、表情まで「彼方側の人」になるのは何故でせうか。恐ろしい世界なのでせうね。
余計な事まで述べてしまひました。他意はございません。ではまた。