源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
100年の難問はなぜ解けたのか
100年の難問はなぜ解けたのか―天才数学者の光と影 (新潮文庫)100年の難問はなぜ解けたのか―天才数学者の光と影 (新潮文庫)
(2011/05/28)
春日 真人

商品詳細を見る

100年の難問はなぜ解けたのか―天才数学者の光と影―
春日真人【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2011(平成23)年5月発行


数学の発展と教育を目的として組織された、クレイ数学研究所なる団体があるさうです。この団体が、2000年(平成12)年に「ミレニアム懸賞問題」といふものを発表しました。100万ドルの懸賞金がかけられてゐるので、この名称になつてをります。さしづめ20世紀の数学界が遣り残した「宿題」と申せませう。
全部で七つあり、そのうちの六つはまだ解決してゐません。解決した一つが「ポアンカレ予想」で、これの証明がされた時は、結構なニュースになり騒がれた記憶があります。なにしろポアンカレが1904年に提唱してから、あまたの数学者の挑戦を跳ね除けてきた、まさに「100年の難問」ですから。

そのポアンカレ予想を証明したのが、ロシアの数学者・ペレリマン博士。
これほどの偉業を為した人ですから、「数学界のノーベル賞」といはれるフィールズ賞が贈られることになりました。ところが! ペレリマン博士は受賞を辞退し、懸賞金も受け取らず、社会と関はるのを避けるやうに姿を消すのでした。どうして?

『100年の難問はなぜ解けたのか』は、元々「NHKスペシャル」として放送された同名の番組を書籍化したもの。著者の春日真人氏はその番組を制作したディレクターださうです。
彼らは、行方が分からないペレリマン博士を探し、サンクトペテルブルグを皮切りに取材を開始するのでした。
果たして、取材班はペレリマン博士に会ふことができたのでせうか...?

そもそも、ポアンカレ予想とはどういうものでせうか。それは次のやうに表現されてゐます。
単連結な三次元閉多様体は、三次元球面に同相である
わたくしには全くわかりません。著者がいろいろと用語を云ひ換へて素人に解るやうにい工夫するのですが、それでもわからない。
数学語と呼ばれる特殊な用語を駆使するため、一見日本語でも、まるで未知の外国語で説明されてゐるやうな気分になるのです。

それでわたくしは数学上の記述を完全理解するのは諦め、ポアンカレ予想に関つた数学者たちの栄光と挫折を描いたノンフィクション作品として愉しむことにしました。本書については、「掘り下げが足りない」「内容が浅い」との声も聞きますが、わたくしにはこれで十分であります。これ以上深く掘り下げられても、ついていけないのは明白。
数学語を知らない人向けの入門書として取り扱ひませう。

ぢや、また。

スポンサーサイト
長寿遺伝子を鍛える
長寿遺伝子を鍛える (新潮文庫)長寿遺伝子を鍛える (新潮文庫)
(2011/12/24)
坪田 一男

商品詳細を見る

長寿遺伝子を鍛える
坪田一男【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2011(平成23)年12月発行


「長寿」は解る。「遺伝子」もよく聞く言葉であります。しかし「長寿遺伝子」とは何でありませうか。そもそもそんなものが実在するのでせうか。
著者によると、確かにそれは存在し、さらに鍛へることが出来るのださうです。この一冊で、詳しく解説してくれます。ところで著者の本職は眼科医といふことですが、いはゆるアンチエイジングの研究でも専門家のやうです。

日本人は男女とも世界トップクラスの長寿国ですが、それは即ちリタイヤ後の余生が長くなることを意味します。昔は会社の定年と平均寿命が近く、引退後の生活にスポットが当たる事はまれだつたのですが、現在は60歳定年として、男性でも20年は生活しなくてはならない。しかしただ長生きするだけでは勿体ないですな。いかに健康に余生を送れるかが問題であります。その鍵を握るのが、書名にある長寿遺伝子を鍛へる必要があるといふことです。

序盤で、長寿研究の歴史を素人にも解り易く解説してくれます。PCRマシーンとかサーチュインとかNADとか、わたくしなぞは初めて目にする用語が多くて、次の章に進む頃には忘れてしまふくらゐです。
第5章・第7章で紹介される「カロリーリストリクション」=「カロリス」なる概念があります。一般の「ダイエット」とは違ひ、摂取する栄養素のバランスは保つたまま、総カロリーを70%に抑へるといふものらしい。著者だけの提言ではく、世界の専門化の共通認識なのださうです。
また、万能細胞としてのES細胞やiPS細胞の誕生についても言及があります。これを読むと、やはりSTAP細胞みたいな夢の細胞はさう簡単に出来るものではないだらう...と思つてしまひます。ま、いいか。

老化に伴ひ、身体のあちこちに色色不具合が出てきますが、「年齢のため」と諦めることはないと著者は説きます。老化と病気を混同してはいけないといふことですな。医者でさへ「老化現象だからしかたがない」と述べる人が多いのですが、それは「ひどい年齢差別」だと著者は主張してゐます。そして、著者は「現段階で生物学的な人間の寿命と言われる125歳までは、絶対生きるつもりでいる」(第10章より)と高らかに宣言するのです。スゴイ人ですね。

とにかく刺激に満ちた、実に面白い一冊であります。わたくしの文章では面白さが伝はりませんが、何よりも読後に勇気が湧いてくるのでした。
では御一党さま、ご無礼します。

すばらしい数学者たち
すばらしい数学者たち (新潮文庫 や 10-3)すばらしい数学者たち (新潮文庫 や 10-3)
(1980/04/25)
矢野 健太郎

商品詳細を見る

すばらしい数学者たち
矢野健太郎【著】
新潮社(新潮文庫)刊
1980(昭和55)年4月発行


学生時代は、小中高を通じて算数・数学は苦手科目でありました。国語・社会は得意なのに、なぜ数学はだめなのか、毎年担任教師が代るたびに難詰されたものです。
その当時、数学に対する苦手意識を少しでも払拭し、親しみが持てるやうにと手に取つたのが矢野健太郎著『すばらしい数学者たち』であります。
学校で放課時間(授業と授業の間の休み時間のこと)に、本書を広げてゐますと、数学教師のW先生が「その本は先生も読んだ。あまり面白くなかつた」と言ひ放つたのであります。せつかく生徒が読んでゐるのに、水を差すやうな発言であることだなあ、と内心憤然としたことを覚えてゐます。

さて本書では、アーメス、ターレス、ピタゴラスからガロア、カントル、ヒルベルトまで20人以上の数学者とその功績を紹介してゐます。
示される計算式とかについていくのが大変で、メナイクモスやらアポロニュウスやらの円錐のところなんかは、恥づかしながら良く分かりませんでした。
それでも、数学の歴史を偉人の功績とともに辿るのは、まことに興味深く、門外漢だからこそ愉しめる内容になつてゐます。読後には、それぞれの偉人たちについて、より詳しい評伝を読みたいと思ふやうになるでせう。

おそらくW先生のレヴェルでは物足りない内容だつたのでせうね。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村