源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
新幹線 保線ものがたり
51Dx3auYnJL__SX334_BO1,204,203,200_

新幹線 保線ものがたり

仁杉巌【監修】
深澤義朗【編著】
山海堂刊
2006(平成18)年2月発行


いやあ読み通すのに時間がかかりました。ツマラナイのではなく、その逆で興味深い内容なのですが、何せ専門的な話が多いので理解するために何度も立ち止つたりしたのです。しかし語り口はソフトで親しみやすいので、何とか最後まで辿り着いたといふ訳です。

監修は元国鉄総裁の故・仁杉巌氏。国鉄の分割民営化をすすめるにあたり、最後の国鉄総裁となるかに思はれましたが、組合対策でうまくいかず、分割民営化に消極的と見做され、時の総理中曽根康弘に更迭されてしまひました(後任は杉浦喬也氏)。
仁杉氏による「序文」では、元来土木系の氏が、「保線」といふ作業について誰かに(一冊の書物に)纏めて欲しいと考へてゐたことが明かされます。その眼鏡に適つたのが、編著者としてクレジットされてゐる深澤義朗氏といふ訳ですな。
「編著」だからこの人が一人で書き上げた訳ではなく、複数の執筆者がゐると推測されます。 しかし「執筆者一覧」みたいなコーナーはなく、不思議なのです。

本文を読むと、それまで漠然と「保線」は縁の下の力持ち的な、地味なものだと思つてゐましたが、実は鉄道運営における基盤といふか、花形部署(と呼ぶには過酷過ぎる現場ですが)であることが分かります。
最も古い東海道新幹線は、基本的に盛土にバラスト軌道、木の枕木であります。つまり在来線と大差無いのでした。この上を、無数の新幹線電車が、16両編成の躯体で駆け抜けるのです。何度も何度も実験を繰り返し(重量、速度、直線とカント部分の相違など、様々な要因の差でダメージの度合いも違ふ)、「軌道破壊理論」を構築する。わたくしのやうな凡人には想像もつかぬ世界であります。

東海道新幹線開業時は、路盤が固まつてゐないといふことで、東京-新大阪間の所要時間は、「ひかり」四時間・「こだま」五時間でした。13か月後に漸く、「ひかり」三時間十分・「こだま」四時間運転を実現したのです。これはテツには良く知られてゐる話。
しかし、その13か月の間に、想像を絶する悪戦苦闘が繰り広げられてゐたのですねえ。
また、閑散時に全面運休した「若返り大作戦」を支へた現場の修羅場など、初めて知る事柄ばかりでした。

頭から通読しやうとすれば、かなりの力瘤が必要となりますので、仁杉氏が語るやうに拾ひ読みでも十分にその真髄に触れることが出来るでせう。一寸高いけどね。



スポンサーサイト
〈図解〉配線で解く「鉄道の不思議」 中部ライン編
51-sdecvJBL__SX348_BO1,204,203,200_

<図解>配線で解く「鉄道の不思議」

中部ライン編


川島令三【著】
講談社(講談社+α文庫)刊
2013(平成25)年1月発行

今度は「中部ライン」を取り上げてゐます。著者によると、中部ラインとは「東京駅を起点に中央線に沿って進み、上信越線、北陸線を経て東京駅にターンするルート」ださうです。

第1章は「発掘・発見!知られざる鉄道 歴史とミステリー」。
川島氏の読者なら、「ウム、この話はどこかで読んだぞ」と思ふ項目が多いかも知れません。それでも、新宿駅の歴史や、北陸線旧線跡の話などは一読の価値はあるでせう。
わたくしも日本の鉄道にはほゞすべて乗つてゐますが(テツぢやないけど)、全ての路線で血眼になつて車窓をチェックしてゐたわけでもなく、当然見逃してゐた箇所も多多ございます。
地元の名鉄や愛環などは、おほむね見所は押さへてゐる心算ですが、それ以外の地域ですと、やはりかういふ書物は助けになるのです。

第2章は「配線図を楽しむ 絶景・名所クローズアップ」。
「美しき新宿駅の配線」によると、新宿駅周辺は超高層ビルが林立してゐるのに、駅を俯瞰できるビルは案外少ないらしい。あつても、一般人は立入禁止の箇所が多いとか。そんな中で、西武新宿駅ビル内にある新宿プリンスホテルは絶景が眺められるのださうです。まあ、態々見に行く機会は無いでせうが。
他には、池袋駅界隈のトレインヴューや八王子駅界隈の鉄道遺構を紹介。首都圏の人達が羨ましくなる一冊と申せませう。

「東海道ライン」と比較すれば、若干内容が薄いか、とも思へますが、それでも一般には解放されない鉄道を紹介したり、立入りできない場所からの写真を多く掲載して、それなりに配慮されてゐます。テツならば一応手元に置いても良いかと存じます。
ぢやあまた。



ゴジラを飛ばした男
51U1FFUfJDL__SX333_BO1,204,203,200_

ゴジラを飛ばした男 
85歳のクリエイター 坂野義光


坂野義光【著】
JUKE弘井【構成】
フィールドワイ刊
2016(平成28)年7月発行


今年5月7日、蜘蛛膜下出血にて86歳で他界した坂野義光監督です。
ゴジラの監督といへば、昭和だと本多猪四郎や福田純、VSシリーズでは大森一樹や大河原孝夫、さらにミレニアムシリーズでは手塚昌明や金子修介といつた面々が思ひ浮かぶでせうか。
坂野監督は、シリーズ11作に当る「ゴジラ対ヘドラ」(1971年)のみの担当ですが、これ一作だけで十分すぎるイムパクトを放つてゐると申せませう。
ゴジラシリーズの対象が低年齢化し、予算も払底する中、坂野監督は第一作同様にメッセージ性を強く打ち出す作品を目指しました。更に大人の鑑賞にも耐え得る作品といふことで、結構ショッキングな映像もあります。
特撮の神様・円谷英二の死を受けて、特撮現場も混乱してゐたさうです。それまで、本編・特撮2班体制だつたのが1版体制となり、坂野氏は特撮パートも監督することになりました(特殊技術は、中野昭慶)。

ヘドラの恐怖に対し、ゴジラは口から吐く放射能噴射で、後ろ向きになつて空を飛ぶといふ、まあとんでもない行動を見せます。田中友幸プロデューサーが入院中だつた為、この演出の了解を得ないままの公開だつたのですが、田中の退院後、案の定苦言を呈されてしまひます。それが原因かどうかは分かりませんが、その後ゴジラシリーズは続きますが坂野氏に依頼は2度と来なかつたさうです。
しかし映画全体にみられる、公害の恐ろしさを訴へるメッセージは強烈で、本作は今なほ、シリーズ中屈指の異色作として、カルト的人気を誇るのであります。

その後については、本書で初めて知る事項が多いのですが、東宝が映画製作を縮小して活躍の場がなくなつたため、水中撮影を中心としたテレビ用の映像制作に関はるやうになります。さういへば「ヘドラ」で山内明が潜水するシーンも、坂野監督自らがスタントをしてゐたとか。
同時に後進に対しての、技術の継承を強く意識してゐたやうです。夢としては、「国際映像大学」を開校することがありました。誰もやつてくれないので、坂野氏自らがスタッフ集めや資金調達に奔走したのですが、中中うまくいきません。結局坂野氏の存命中には叶ひませんでした。
それでも、個人的には「ミロシティ」計画(大学を中心として、各種テーマパークを併設した新しい施設を造る)は、まことに夢がある、素晴らしい構想だと存じます。オカネのある人がこの構想を実現してくれないかなあ。

ところで本書は、「坂野義光著」となつてゐますが、本文は全て「坂野義光は」といふ三人称で語られます。「構成/JUKE弘井」となつてゐますので、この人の聞き書きを中心にまとめたのでせうかね。その辺をはつきりと記して頂きたたかつた喃。



〈図解〉配線で解く「鉄道の不思議」 東海道ライン編
51b2nFNObUL__SX342_BO1,204,203,200_

〈図解〉配線で解く「鉄道の不思議」

東海道ライン編


川島令三【著】
講談社(講談社+α文庫)刊
2012(平成24)年12月発行



おやこんなシリーズがあつたのかと手に取る。実は「【図説】日本の鉄道」シリーズ」(あのB5の薄い本のシリーズだよ、と言つても分からないか)の別冊を書籍化したものださうです。更にそれを文庫化したのが本書であります。同シリーズを所持する人にとつては紛らわしい一冊ですが、わたくしは購買してゐませんでしたので幸いでした。
第一弾として発表されたのが本書「東海道ライン編」。東海道ラインといふ呼称は著者・川島氏の造語だとか。色々と言葉を創り出す人ですなあ。

3章構成であります。第1章は「駅と配線のミステリー」。東海道を謳ひながら、冒頭に「上野-秋葉原間1.6kmに隠された謎」を持つてきたのは絶妙であります。かういふ書物は、まづ首都圏の読者を惹きつけねばなりません。わたくし自身も秋葉原駅の歴史については無知でした。何しろテツではないのでね。
因みに「愛知の鉄道・舞台裏」「名岐の鉄道」については、地元民だけあつて、わたくしには承知済みの事項でした。

第2章は「知られざる鉄道史」。「東京駅の変遷」「横浜と鉄道」はまさに、日本の鉄道の発祥そのものと申せませう。個人的には「生駒山の壁」が興味深く読めました。近鉄各線が最短距離を通らず、不自然な線形をしてゐる理由が分からうといふものです。

第3章は「配線図を楽しむ 絶景・名所クローズアップ」。「配線図」をダシにした観光案内ですかな。豊橋駅のホテルアソシアからのトレインヴューを紹介するあたりは、流石に川島氏であります。本当に絶景、といふかテツにとつてはいつまでも見飽きない光景なのであります。

講談社の〈図解〉シリーズは、その名に反してあまり図解が目立たぬ本が多かつたのですが、この配線シリーズは文字通り「図解」が活躍し、その名に恥ぢぬ内容であります。カラー頁が多いのもいい。本書の後、「山陽・山陰ライン」「中部ライン」と続き、どうやら配線シリーズで全国制覇するつもりらしい。それも結構ですが、肝心の「大研究」シリーズを早く完結して頂きたいとも思想するわたくしでした。


鉄道地図は謎だらけ
51Lc04iRSOL__SX349_BO1,204,203,200_

鉄道地図は謎だらけ

所澤秀樹【著】
光文社(知恵の森文庫)刊
2013(平成25)年4月発行

わたくしが所持するのは光文社新書版ですが、その後文庫化されたやうですので、ここではそちらを挙げておきます。昔中公新書が文庫化されたりとかはありましたが、本来新書の文庫化といふのは異例なことでした。わたくしも好きではありませんが、まあ仕方がない。

地図といふものは、いつまで眺めてゐても飽きませんね。わたくしも幼少時より、暇があれば地図を読み耽つてゐました。小学生の時分は、給食の時間にいつも地図を広げてゐて、至福のひと時だつたなあ。
同時に時刻表の索引地図も愉快であります。著者は「(鉄道地図を)眺めているとだんだん地図に描かれた地域が、我が領土のように思えてくる」と述べてゐます。丸谷才一氏ふうに言へば「帝国主義的愉しみ」ですかな。

さうして鉄道地図を備にチェックしてゐると、不思議な現象が色々と見つかります。なぜこの路線は不自然に大迂回して遠回りをするのか。なぜこの一区間だけ会社名が違ふのか。同じ位置にある駅なのに、なぜ駅名が違ふのか。
所澤秀樹著『鉄道地図は謎だらけ』ではかういふ疑問に、所澤秀樹氏が懇切丁寧に、即ちメイニアックに答へてくれます。

第一幕の「鉄道地図、七不思議の怪」は、まあ割と他の類書でも紹介される内容です。ドラゴンレール大船渡線とか、土讃線・予土線に挟まれた土佐くろしお鉄道とか。しかしかかる(所澤秀樹氏はこの「かかる」をやたらと多用します)不恰好な路線は、今後「整備新幹線」が開通するにつれて、ますます増えるでせう。既に信越本線・東北本線・鹿児島本線・北陸本線・函館本線などで無残な姿を晒してゐます。

第二幕の「全国津々浦々、「境目」の謎」では文字通り会社間の「境界」について述べてゐます。特に貨物関係はわたくしも知らぬことが多いのです。テツぢやないですからね。一般の読者は付いて行けるのでせうか。

第三幕は「特選 鉄道地図「珍」名所八景」。著者が選んだ珍名所を解説。いづれの「名所」も承知済みですが、最後の第八景は知らぬ事実が結構ありました。わたくし、元元東武関係はちよつと弱いものですから。

所澤氏の著書に慣れてゐない人は、その諧謔調に戸惑ふかも知れませんが、この人は真面目な硬い評論(例へば『国鉄の戦後がわかる本』とか)を書いても、どこか軽いユウモワを交へてゐますので、藝風なのですね。まあ、N・T氏のワルノリぶりに比べたら好感が持てるのではないかと。
旅のお伴に、肩の凝らない一冊と申せませう。