源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
黄色い部屋の謎
51Iu92j8piL__SX323_BO1,204,203,200_

黄色い部屋の謎

ガストン・ルルー【著】
宮﨑嶺雄【訳】
東京創元社(創元推理文庫)刊
1965(昭和40)年6月発行
2008(平成20)年1月改版


没後90年を迎へたガストン・ルルー。良く知られてゐる作品といへば、『オペラ座の怪人』、そしてこの『黄色い部屋の謎』でせうか。邦訳によつては『黄色い部屋の秘密』となつてゐるものもあるやうです。
冒頭の紹介文では―

通称ぶな屋敷と呼ばれるスタンガースン博士邸の「黄色い部屋」で、奇々怪々な事件が突発した。内部から完全に密閉された部屋の中から令嬢の悲鳴が聞こえ、救援にかけつけた一同がドアをこわしてとび込んだ時、血の海の中には令嬢が倒れているだけ―犯人は空中に消えてしまったのか、その姿はどこにも見あたらなかった。この驚くべき密室の秘密ととりくむのは、若冠(ママ)十八歳の新聞記者ルールタビーユ。密室犯罪と意外なる犯人に二大トリックを有する本編は、フランス本格派を代表する傑作として、世界ベスト・テンの上位に選ばれる名作中の名作。

となつてゐます。いやあ、面白さうだ。

語り手はサンクレールなる弁護士。彼の若き友人で《エポック》紙の記者・ルールタビーユの活躍を我々に報告してくれます。若さゆゑの自信過剰、生意気さも持ち合はせ、人間臭い面も表現されてゐます。しかし相棒の筈のサンクレールを少々莫迦扱ひしてゐるフシもあります。
彼と対峙する関係になるのが、パリ警視庁の敏腕探偵、フレデリック・ラルサン。大フレッドなどと称され、押しも押されもせぬ名探偵との誉れが高い。この二人の推理合戦の様相も見せ、読者の興味を引張ります。

密室トリックの古典的・記念碑的作品と言はれるだけあつて、黄色い部屋の謎の提示から展開、そしてアッと言はせるトリックと真犯人は中中のものであります。
ところで現代ミステリに慣れた人達が「大したことはない」「現在の眼で見たら噴飯もの」などと評する事がございます。それは当然でせう。もし今でも「スゴイ!」が通用する内容なら、その後のミステリ作家たちは一体何をしてゐたのか、といふ事になります。

そもそも今から50年以上前の1965年に書かれた中島河太郎氏の解説で、すでに「やや古色蒼然たる感じがするかもしれない」と指摘されてをります。ここではむしろ、その大時代的な、大仰な言ひ廻しを含めた「古色蒼然」さを愉しむのが正解ではないでせうか。
「ウルトラマン」は今観ても楽しい。今ではありふれたテーマだつたりチヤチな特撮だつたりを丸ごと楽しめるのであります。片岡千恵蔵の「多羅尾伴内」は今でもわくわくする。最後の「七つの顔の男ぢやよ......」「正義と真実の使徒、藤村大造だッ」は、まるで法廷でルールタビーユが勿体ぶつて謎解きをする場面ではありませんか。

ただし謎が謎のまま終つた点は感心しませんな。ルールタビーユが「黒衣婦人の香水」の話を引張るのは、次回作の宣伝と取られても仕方ありません。実際、読んでみたいと思つてしまふではありませんか。
さういふ、罪な点も含めて、古典好きは一読するとよろしい。期待外れでも責任は持ちませんが。

デハまた。



スポンサーサイト
女帝エカテリーナ
41D-I3-OX5L__SX348_BO1,204,203,200_41K3OmHp_VL__SX351_BO1,204,203,200_

女帝エカテリーナ<上・下>

アンリ・トロワイヤ【著】
工藤庸子【訳】
中央公論社(中公文庫)刊
1985(昭和60)年10月発行


大尉の娘』からの流れで、『女帝エカテリーナ』。没後10年を迎へたアンリ・トロワイヤの登場であります。

エカテリーナ二世(最近の表記は「エカチェリーナ」が主流らしいが、ここでは本書の表記に従ふ。また原著では「カトリーヌ」になつてゐます)は、帝政ロシアの女帝。在位1762-1796。生誕名はゾフィー。ウルトラマンを助けに来る宇宙人とは無関係。

元元彼女はロシア人の血を全く受け継いでゐないし、特別な家柄でもなかつたのですが、伯父に当るカール・アウグストなる人物がかつてピョートル大帝の娘(後の女帝エリザヴェータ)と婚約者だつたといふ関係がありました。カール・アウグスト自身は直ぐに死去してしまひますが。
その縁で、エリザヴェータ女帝時代に、その後継者と目されたピョートル三世の嫁として白羽の矢が立つのでした。ゾフィーはエカテリーナとなり、ロシア正教に改宗します。しかしこの結婚生活は幸福なものではなかつた。

エリザヴェータの死後、夫のピョートル三世が即位しますが、彼はプロシアの方ばかり顔を向け、ロシアの国益を無視する政策ばかりだつたので、民衆の不満は爆発寸前。エカテリーナは世論に押されるやうな形でクーデターを敢行、自らエカテリーナ二世として即位するのでした......

いやあ、やはり評伝小説は面白い。可憐な少女時代から、権力の凡てを握るまで、エカテリーナはぶれません。目的のためには、あらゆる権謀術数も厭わない。しかし表面上は汚れ役から距離を置き傍観者を演じます。しかし愛人関係はだらしない。
特に息子のパーヴェル夫妻に対する態度は、かつてエリザヴェータ女帝から自身に向けられた仕打ちそのもので、歴史は繰り返すとはよく言つたものであります。
孫のアレクサンドルに権力の座を継がせる目的を達せないまま、自身は力尽きますが、死後数年経つて結局大望を実現してしまふところは、まるでドラマのやうな展開と申せませう。

改めて、アンリ・トロワイヤは良い意味の通俗小説家だと勘考します。工藤庸子さんの翻訳も素晴らしい。否、別に原書と突き合はせて読んだ訳ではありませんがね、多分素晴らしいのです。うむ。




大尉の娘
18671133_1877776649138425_8950546555537028665_n.jpg

大尉の娘

アレクサンドル・プーシキン【著】
中村白葉【訳】
新潮社(新潮文庫)刊
1954(昭和29)年8月発行



ロシアでは他国に比して、文学の近代化が遅れてゐました。後の豊穣なるロシア文学世界を思ふと、意外な感じがします。
そんな中で、ロシア近代文学の祖とも呼ばれるのがプーシキンであり、その代表作が本書『大尉の娘』といふ訳。
歴史上の事件である「プガチョフの乱」(本書の表記では「プガチョーフ」)を背景に物語が進みます。世界史の授業中に居眠りをしてゐた人でも、その名前くらゐは覚えてゐるのではないでせうか。

主人公はピョートル・アンドレーイチ・グリニョフなる、少年から青年への成長期の若者。名が長すぎるので、わたくしは読みながら脳内で、勝手に「安藤玲一」などと読み替へてゐました。
この人に限らず、登場人物の名が長いので、覚えるのに一苦労であります。しかも会話文でさへ、「アヴドーチヤ・ワシーリエヴナ、ペトルーシャは幾つだつたかな?」などと、夫が妻に自分たちの息子の年齢を確認するだけでこんな調子なので、読み慣れないと頭がくらくらします。

そのグリニョフの父は、息子を士官として一人立ちさせんが為に、態々辺境の要塞に派遣させます。そこで出逢つたのが、「大尉の娘」マーシャことマーリヤ・イヴァーナヴナ・ミローナヴァであります。
二人は恋仲となりますが、結婚の許可を父に手紙で願い出たところ、「許さん」との返事。落ち込む二人でしたが、そんな中、コサックたちの反乱がこの要塞にも累を及ぼすことになります。所謂「プガチョーフの乱」であります。
コサックの頭領・プガチョーフは破壊、略奪、虐殺の限りを尽くし、若い二人の運命もこれまでかと思はれましたが......

いやいや、面白い。文学史的にも重要な作品なのでせうが、そんなことは忘れていいです。立志・恋愛・友情・対立・悲劇・活劇と全ての要素が詰まつた、感動的物語であります。古典作品も侮れません。
ところで、本書はわたくしが学生時代に購買したものですが、どうやら現在は絶版で、岩波文庫版(神西清訳)が入手容易らしい。しかしながらこの中村白葉訳も捨てがたいので、あへて新潮文庫版を挙げておきます。いささか古風で、促音も廃した表記ですがね。

蛇足ながら、忠実なる部下のアルヒープ・サヴェーリイチは、東映時代劇の堺駿二を連想させました。どうでもいいですが。



ロングセラアのお菓子「カール」が、東日本では発売を取りやめるとしてニュウスになりました。その境目は中部地方と近畿地方の境界線かと思つたら、三重県も「東日本」に含まれてゐました。近畿地方を名乗りながら、ちやつかり「東海三県」の一員になる三重県。関西圏からすると、「普段名古屋の方ばかり顔を向けてゐる報ひだ、はッはッは」といふところでせうか。
たつた今近所のスーパーにて「カール」売場を確認したら、見事に全種類が売切れで、棚がすつからかんでした。同じことを皆考へるやうで、「ああ、売切れだねえ」と嘆く人たちが群がり、幼児を連れた若いお母さんも「カール売切れだよ、もう、前買つたのはお父さんが全部食べちやつたからねえ」と残念がつてゐました。カールを求めて人々は西へ、となるのでせうか。


アドルフ
31384534.jpg

アドルフ

バンジャマン・コンスタン【著】
新庄嘉章【訳】
新潮社(新潮文庫)刊
1954(昭和29)年6月発行
1967(昭和42)年3月改版
2004(平成16)年6月改版

主人公はタイトルにもある「アドルフ」。このアドルフの一人称語りで物語が進みます。こいつは恵まれた境遇で将来も前途洋洋な若者でありながら、女性に対してはかなり不道徳な、歪んだ考へを有してゐるやうです。これは父親の影響があるらしい。父は「結婚を問題にしない限りは、どんな女でもものにし、次にこれを棄てても構わない」(本文より)などといふ思想の持主だと「私」は語つてゐます。

しかし悲しいかな対象となる女性が見つからない。そんな時、P***伯爵が囲つてゐるエレノールなる女性と巡りあひます。彼女はアドルフよりも十歳も年長で伯爵との間に子供も儲けてゐるのですが、「胸は恋を欲し、虚栄心は成功を要求していたときに、突然目の前に現われたエレノールを見て、この人ならばと思った」(本文より)などと白状してゐます。
アドルフのアプローチに対して、憎からず思ひながらも慎重な姿勢を崩さぬエレノールでしたが、最後にはアドルフの想ひを受け入れます。

無論周囲から祝福されるやうなカップルではありません。その為、二人は多くのものを犠牲にしました。特にエレノールは、世話になつたP***伯爵を裏切り、子供を捨て、慣れ親しんだ土地を去るのです。あゝそれなのに、全てを失つたエレノールを、アドルフは次第に重荷に感じるやうになります。そんな彼の心の変化を読み取つたエレノールは......?

本作は近代心理小説の魁と呼ばれる、19世紀おフランス文学の一作。いやあ面白い。歴史的作品とか、記念碑的作品などと呼ばれるものは、その歴史的意義のみで語られ、実際は退屈で後世の審判には堪へられず、ひつそりと古典の棚に収まる作品が多い。
しかしながら『アドルフ』は現在の読者にも十分アピールします。恐らく多数の男が、アドルフと同じ思ひを、少ながらずしてゐるからではないでせうか。少なくともわたくしの性格はアドルフに似てゐます。ちよつとだけね。
エレノールを重荷に感じながら、彼女を傷つけることを恐れるあまり、身動きが取れなくなるアドルフの心の動きは、苦しい程理解できるのであります。しかしその態度が、結局エレノールを苦しめてゐるのですね。それもアドルフは承知してゐるから、一層蟻地獄の穴に嵌つて行くのでした。

ところで、アドルフは作者コンスタン自身がモデルであります。実際コンスタンは女性にはルーズだと言はれ、有名なスタール夫人以外にも多くの浮名を流したさうです。ゆゑに名前はコンスタン(constant)だが、名は体を表さず、実はアンコンスタン(inconstant=浮気者の意がある)だと綽名されたとか。(三浦一郎『世界史こぼれ話』より)
いくら内面に苦悩を抱へてゐても、世間の目は単なる女たらしなのでした。まあ、そんなところでせうね。



シェイクスピア物語
30428106.jpg

シェイクスピア物語

チャールス・ラム【著】
松本恵子【訳】
新潮社(新潮文庫)刊
1952(昭和27)年7月発行
1996(平成8)年8月改版

さて沙翁イヤー(没後400年)の最後に、ラム姉弟の『シェイクスピア物語』であります。少年少女向けに、沙翁作品理解の一助の為に書かれました。無論沙翁の原作は戯曲ですが、ここでは小説形式で易しく書き直してゐます。
日本ではリライトといふと、原典を冒瀆するとか、マイナスのイメエヂがあるかと思ひますが、英語圏では昔からリライトは一つのジャンルとして確立してゐるとか。さういへばわたくしも中高生の頃、単語2000レヴェルのペイパーバックシリーズを結構読みました。

ラム姉弟は沙翁作品のうち20篇を選抜し、悲劇を弟チャールスが、喜劇を姉メアリが執筆しました。ちなみに沙翁の一ジャンルを為す「歴史劇」は無視されてゐます。なんでですかね。
新潮文庫版は松本恵子さんの訳。「前がき」を読むと、翻訳に当つて「新かなづかい」「制限漢字」の範囲内で書くために苦心をしたと述べてゐます。それが原因で表現を変へた箇所もあるさうです。無駄で無意味な努力だと思ひますよ。学校の教科書ぢやないのだから、当用漢字なぞ気にすることはないのに。
ページ数の関係で、本書では七篇が割愛されてゐます。訳者によれば、「筋が同系であったり、あまりおもしろくないと思うもの」ださうです。しかし、後期の「浪漫喜劇」が複数入つてゐたり、逆に中期の「問題喜劇」が一篇も収録されてゐなかつたりして、バランスが良いとは申せません。単に人気作を選んだだけではないでせうか。まあいいけど。

などとぶつくさ申しましたが、沙翁作品のおさらひとして、大人が読んでも悪くないです。わたくしも、筋を忘れかけてた「ベロナの二紳士」などが読めて良かつた。年末年始に沙翁に親しむのも乙なものであります。デハ良い年を。