源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
巨人、大鵬、卵焼き
巨人、大鵬、卵焼き―私の履歴書巨人、大鵬、卵焼き―私の履歴書
(2001/02)
大鵬 幸喜

商品詳細を見る

巨人、大鵬、卵焼き-私の履歴書
大鵬幸喜【著】
日本経済新聞社刊
2001(平成13)年2月発行


あの大鵬幸喜も逝く-
柏鵬時代も完全に幕を閉ぢたのであります。このニュウスは結構大きく報じられたので、皆様御存じでせう。
いろんな人がいろんなことを言つてますね。そこでわたくしもひとこと、大鵬について語りたい。
ピストルを川に捨てたとか、さういふ話ぢやないよ。ここでは相応しくない話題です。

わたくしが相撲を観はじめた頃は、すでに大鵬は引退してゐました。「柏鵬」の後継者たる「北玉」も、玉の海の急死により短命に終つたのであります。
その後土俵は戦国時代へ。栃東(先代ですよ)が11勝4敗の低レベル優勝したり、長谷川が涙の初優勝をしたり、高見山が優勝旗を国外流出させたり...

あまりにも大きな存在だつた大鵬がいなくなることで、残された力士たちは目標を失ひ、迷走してゐたのであります。千代の富士が引退してしばらくも同様の状況がありましたね。大乃国、旭富士、北勝海の後輩横綱たちが自分の時代を作ることが出来ずに、千代を追ふやうに辞めていきました。

さて大鵬の相撲は「負けない相撲」の集大成ともいはれ、玄人からは「ツマラナイ相撲」と受け取られてゐました。解説の神風正一さんは「ナマクラ四つ」と称しました。
しかし横綱の仕事はまづ勝つこと。降格のない横綱といふ地位は、負けたら引退しか選択肢がありません。厳しいのであります。

実るほど頭を垂れるの言葉通り、大鵬は頂点に立つても慢心することなく猛稽古に励んだのであります。天才力士と呼ばれるのを極端に嫌ひました。
そんな人だから、後輩にも厳しい。解説者時代は、考への甘い力士に対して容赦なく指摘してゐましたね。あの北海道訛りが懐かしい。

国民栄誉賞が検討されてゐるとか。わたくしも異論はございませんが、生前に授与していただきたかつたですな。タイミングはいくらでもあつたのに。

といふことで、『巨人、大鵬、卵焼き-私の履歴書』をよろしく。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
婚活貧乏
婚活貧乏  結婚してはいけない人を避ける方法 (中公新書ラクレ)婚活貧乏 結婚してはいけない人を避ける方法 (中公新書ラクレ)
(2010/06/10)
露木幸彦

商品詳細を見る

婚活貧乏 結婚してはいけない人を避ける方法
露木幸彦【著】
中央公論新社(中公新書ラクレ)刊
2010(平成22)年6月発行


ゆゑあつて、かういふ本も手に取るのであります。
『婚活貧乏』。ふむふむ、結婚相談所の口車にのつて、気付いたら多くのお金を失つてゐたといふ話かな、国際結婚の業者とかにはありさうな話だ...と思つて読み始めたら、どうも違ふ話のやうです。

サブタイトルを見ると合点がいきますが、つまり結婚したはいいが相手がとんでもない人物だつたため、貧乏になつちやつた、といふ実例集ですな。
著者のプロフィールを見ると、男女関係専門家、行政書士、ファイナンシャル・プランナーとあります。まあ何かと相談を受ける身なのでせう、男女間のイザコザについては、サンプルに事欠きません。
他人事ながらオソガイ蟻地獄みたいな話が詰つてゐます。くはばらくはばら。

しかし折角の体験集も、タイトルの付け方と、はつきりしない出版意図のおかげで、いまひとつ生かされてゐないやうな。もつたいないことです。
タイトルに「婚活」と入れたのは、版元の意向ではなからうかと邪推するものであります。サブタイトルをそのまま正題にすれば良かつたのにね。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
銀の匙
銀の匙 (角川文庫)銀の匙 (角川文庫)
(1988/05)
中 勘助

商品詳細を見る

銀の匙
中勘助【著】
角川書店(角川文庫)刊
1989(平成元)年5月発行


主人公である「私」の幼少期を綴つた物語。まづタイトルが好いですな。銀の匙。
今の日本人は匙なんて言葉をあまり駆使しないやうです。いつぞや、中国の友人たちと食事をしてゐた時に「シャオズ(勺子)を日本語で何と言ひますか」と問はれたことがあります。
「本来は『さじ(匙)』だが、今の日本人はほとんど『スプーン』と言ふよ」と答へたら、「匙の方が簡単で耳に快い。なぜ日本人は英語を使ふのですか」と不満気に返されたものであります。さもありなむ。

淡淡とした語り口ながら、引き込まれる世界。主要人物として伯母さん、お国さん、お蕙ちゃんが登場します。お蕙ちゃんは少し性格悪いか。
中でも伯母さんが彼に与へた影響は少なくないでせう。のちに再会する場面がありますが、鈍感なわたくしも感情を揺さぶられる描写でした。
伯母さんと「私」の関係を、漱石と清のそれになぞらへる人もゐますが、わたくしはなぜか、バンツマ演じる無法松と「ぼん」を連想しました。走馬灯。



ところで、千石規子さんも逝つてしまひましたね。古い映画人がまた一人。
千石さんといへば、黒澤映画を語り出す人が多いかもしれません。
しかるにわたくしが考へる、千石さんを象徴する演技は、本多猪四郎監督『怪獣大戦争』に於ける下宿のをばさん役でした。
発明に明け暮れる久保明が、痴漢撃退器「レデーガード」の効果を下宿で試験してゐます。大音量が売りの製品なので、うるさいのです。赤ん坊を背負つた千石規子が、赤ん坊が夜寝なくなるからやめろと怒鳴る。「すいませーん」と久保。再び久保明を怒鳴る千石。「今(レデーガードは)鳴らしてはゐませんよ!」と抗議すると、千石をばさん「電話ですよ!」
久保明は独り言。「ちえつ、をばさんの声の方がよつぽどけたたましいや」...最高なのです。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
イヴ・モンタン ある男の歌


イヴ・モンタン ある男の歌
リシャール・カナヴォ/アンリ・キクレ【著】
長塚隆二【訳】
早川書房刊
1982(昭和57)年10月発行


1981年、イヴ・モンタンが13年の沈黙を破つてオランピア劇場に立つた時、世界中の注目を浴びたのであります。便乗して関連図書も多く出ましたが、中でも本書は本格評伝として出色のものと申せませう。
400ペイジ超の大作力作。1800円。
32年前に1800円する本といへば、専門書を除くとあまりありませんでした。まあ早川書房は全般に定価を高目に設定してゐましたが。

序盤で彼の生ひ立ちを手際よく紹介し、その後のシャンソン歌手、映画俳優、社会活動家としてのそれぞれの面を考察してゐます。
還暦(当時)を迎へ、なほ世界の人々を魅了するイヴ・モンタンとはいかなる人間性を持つ存在なのか、夥しい数の人々から証言を得てゐます。

訳者の長塚隆二氏も述べてゐますが、今では俳優としてのモンタンに魅力を感ずる人が多いやうですね。彼のシャンソンはレコードではなく、ステージ上にてその真価を発揮するといはれてゐます。「目で見て愉しむシャンソン」と呼ばれる所以であります。さういへば、初期には「手で歌ふ男」などとも称されてゐました。

わたくしが愚考しますに、やはり映画の方により深みを感じるのであります。 『Z』なんて最高でしたね。出番は前半だけでしたが。初期の『恐怖の報酬』は、優れたサスペンス映画で、多くの亜流を生みました。
本書の難点は、入手が容易ではない、といふことでせうか...



ところで、佐藤允さんも逝つてしまひましたね。岡本喜八監督との相性が抜群の俳優でした。
『独立愚連隊』では、日本映画には珍しいタイプの陽性のヒーローを演じてゐて、まことにカッコイイのであります。
ちなみにこの映画には三船敏郎さんがチョイ役でキ○ガイの役を演じてゐて仰天しました。世界のミフネにこんな役をさせるとは、黒澤監督でも思ひつくまい。

訃報を知つたのが朝刊の片隅なのです。扱ひが小さすぎるぞ、と不満たらたらであります。不満を晴らすためにも、恒例の追悼上映を敢行するのです。
トップバッターは無論『独立愚連隊』...

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

イヴ・モンタン―ある男の歌イヴ・モンタン―ある男の歌
(1982/10)
リシャール・カナヴォ、アンリ・キクレ 他

商品詳細を見る
蕎麦ときしめん
蕎麦ときしめん (講談社文庫)蕎麦ときしめん (講談社文庫)
(1989/10/06)
清水 義範

商品詳細を見る

蕎麦ときしめん
清水義範【著】
講談社(講談社文庫)刊
1989(平成元)年10月発行


また新しい年がやつてまゐりました。おめでたうございます。
ところで大晦日には、珍しく酒を随分と飲んでしまひ、知らぬ間に寝てしまつたのであります。
家人も起してくれればいいのに、放置されてそのまま年を越すといふ間抜けな事態に陥つたのでした。
食べる予定の蕎麦もそのまま。これを元日に食べるのは切ないものです。ようするに年越しに失敗した男がここにゐるといふ訳。

ついでに言ふと、初夢も気持ち悪いものでした。即ち。
近所の幹線国道を歩いてゐますと、猫の死骸が路上に。車に轢かれたばかりと思はれます。ひよつとしたら息があるかも知れません。しかしあの場所は危険だ。
と思ふ間もなく、高速で突つ込んで来る車。「ぶちゆ」と音をたてて、一瞬で猫はぺちやんこになりました。
あはてて目を逸らしましたが、手遅れでした。「ああ嫌なものを見た」と慨嘆してゐたら目が覚めました。うむ。

そこで正月に相応しい清水義範氏の作品を引つ張り出す。
表題作『蕎麦ときしめん』は名古屋論のパスティーシュと言はれてゐます。東海三県(愛知・岐阜・三重の三県のこと。静岡は含まれない)の人以外には少しハアドルが高いかもしれません。この内容を真に受ける人が出る心配がありますな。一応、鈴木雄一郎なる東京人が書いた名古屋論を清水氏が紹介する、といふ体裁です。

ほかに五篇の短篇が収録されてゐます。中でも『序文』はわたくし好みであります。序文をつなげて小説にしてしまふとは、力業ですね。最後のオチは笑へますが、吉原源三郎氏には同情を禁じえないのであります。
そして、『蕎麦ときしめん』の完結篇(?)、『きしめんの逆襲』では、やうやく探し当てた鈴木雄一郎氏と対面がかなひます。その鈴木氏とは...

とまあ、嫌なことも忘れて、晴れ晴れとする読後の一冊です。名古屋人以外でも愉しめるでせう。たぶん。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村