源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
文学入門
文学入門 (岩波新書 青版)文学入門 (岩波新書 青版)
(1950/05/05)
桑原 武夫

商品詳細を見る

文学入門
桑原武夫【著】
岩波書店(岩波新書)刊
1950(昭和25)年5月発行
1963(昭和38)年11月改版


『文学入門』。直球のタイトルであります。今時かういふ書名は、気恥づかしくて付けられないでせう。
昭和25年といふ、まだ戦後の混乱が続く時代を感じさせます。
なぜか。当時の文化人と呼ばれる人たちは、敗戦の責任の一端に、日本の文化が欧米に比して大きく遅れを取つてゐたことがあると感じてゐたらしい。文化国家を目指す日本としては、如何なる文学が必要か、啓蒙活動が必要だ...
戦後日本の、アジア軽視・欧米追従の姿勢はかういふ点も関係してゐるのでせう。

友人のS氏は「俺のバイブルだ」と評し、先輩のN氏は「つまらん本だ」と切り捨てた本書。ちよつと見てみませう。
第一章「なぜ文学は人生に必要か」では、文学の面白さを広く指す言葉として、「インタレスト」なる用語を多用します。作者が読者に迎合する面白さは低俗で、断じてインタレストではないさうです。
人生は合理性一辺倒では生きられず、人生に充実と感動を与へるものが必要だと説き、それが正にインタレストなのでせう。

第二章「すぐれた文学とはどういうものか」では、トルストイが提唱した藝術に不可欠な三要素「新しさ・誠実さ・明快さ」を借用し、桑原流文学論を展開します。ここでもインタレストといふ概念が比重の重さを占めてゐます。

第三章「大衆文学について」では、すぐれた文学が生産的・変革的・現実的であるのに対し、通俗文学は再生産的・温存的・観念的であるといふ。日本ではこの通俗文学がはびこり、それは出版社・作家・読者・批評家の共同責任であると述べます。この人は要するに、通俗文学が好きぢやないのですね。

第四章「文学は何を、どう読めばいいか」この題に反感を抱いた人は(わたくしもさうですが)、従来の日本の文学観に引き摺られてゐるからださうです。ふうん。巻末の「世界近代小説五十篇」は、作者なりの回答なのでせう。俳句や短歌に対する評価の低さは気になります。

第五章「『アンナ・カレーニナ』読書会」は、まあ第四章の実践篇と申せませうか。恥づかしながら、わたくしは『アンナ・カレーニナ』を読んでませんので、発言内容についていけないところもありますが...K先生の自身たつぷりな語り口は絶品ですな。

文学入門といふよりも、日本の文学はかうあるべきだといふ提言を込めた、桑原武夫氏による文学評論ですかな。特に第一章・第二章には卓見が多く含まれ、現在も版を重ねる理由が分からうといふところです。

ぢや、ご無礼します。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
天国にいちばん近い島
41kJCW8KtfL__SL500_AA300_.jpg

天国にいちばん近い島―地球の先っぽにある土人島での物語
森村桂【著】
角川書店(角川文庫)刊
1969(昭和44)年4月発行
1994(平成6)年4月改版


『そこに日本人がいた!』といふ本を読んだ時に、ニューカレドニアに渡つた日本人のことが書いてありました。出稼ぎニッケル坑夫として、半ば騙されて渡航した先達の苦労話であります。
そこで森村桂さんの『天国にいちばん近い島』にも触れてゐて、彼女が世話になつた林氏のこともちらりと記載がありました。

初読から随分経つので、細部はほとんど忘れてゐました。改めて読むと、これが面白い。何しろあの時は原田知世嬢に夢中だつたので、映画の印象しか残つてゐませんでした。恐るべし角川商法。
しかし現在は絶版のやうですね。あれほどのブウムを巻き起こしたといふのに。サブタイトルや本文中にやたら「土人」といふ記述があるからでせうか。

森村桂さんは亡き父(作家の豊田三郎氏)から、「天国にいちばん近い島」の話を聞かされてゐたのですが、具体的な地名は教へてくれませんでした。
それが、彼女が勤務する出版社の編集者から、ニューカレドニアの話を聞いた途端に、「ここだ!と私は思った。そこが父の言っていた、天国にいちばん近い島にちがいない」と思ひ込むのです。いや、森村さん本人も疑つたやうに、豊田氏はでまかせをいつたのだと思ふよ。罪な父です。

今みたいに情報には不自由しない時代ではありません。どうやつたらニューカレドニアへ行けるのか、さつぱり分からないので、現地から鉱石を運搬してゐた会社に、運搬船に乗せてもらへないかと手紙で依頼するのであります。そして、奇跡は起きた! 

旅行記として痛快なる読み物になつてゐますが、ニューカレドニアが俗化、いや観光地化する前の貴重な記録としてもその存在意義はありませう。さういへば29年前の映画でもすでに、主人公は旅行会社のパックツアーで、飛行機で渡航してゐました。
ま、本書を知らなかつた人には、一度読んでみりん、と申し上げて筆を擱くものであります。

天国にいちばん近い島 (角川文庫)天国にいちばん近い島 (角川文庫)
(1994/04)
森村 桂

商品詳細を見る

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
戦後政治史
戦後政治史 第三版 (岩波新書)戦後政治史 第三版 (岩波新書)
(2010/11/20)
石川 真澄、山口 二郎 他

商品詳細を見る

戦後政治史 第三版
石川真澄/山口二郎【著】
岩波書店(岩波新書)刊
2010(平成22)年11月発行


参議院選挙の期日前投票&石川真澄氏の命日といふことで、日本の戦後政治をおさらひしてみました。
まだ全快ならない身体に鞭打ち投票してきました。それにしても暑いですね。道路わきの「只今の温度」は38℃を示してゐました。
期日前なので、投票はいつもの区民会館ではなく、豊田市役所の新しい「東庁舎」にて。会場では有権者の姿はまばらで、スタッフの数の方が多いくらゐです。大丈夫ですかな。

さて石川真澄氏は、文字通り戦後日本政治史を平易に解説したコムパクトな書物を目指しました。私見を交へず、しかも読み物としても面白い一冊でございます。
1984年に『データ戦後政治史』(黄版ですよ)として発表以来、複数回に渡つてその後の動きを追加した「新版」を出されてゐるのです。この姿勢にはまことに頭が下がるのであります。

で、今回は(といつても既に3年前ですが)第三版と称して、山口二郎氏が追加分を担当されてゐます。どうしても石川氏の部分と筆致が変化するのは避けられません。むしろ当然。
『戦後政治史』は石川氏の作品として完結させた方が良かつたのでは。山口氏には独自の通史を望むのであります。きつとエキサイティングな一冊になるでせう。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
そこに日本人がいた!
そこに日本人がいた!―海を渡ったご先祖様たち (新潮文庫)そこに日本人がいた!―海を渡ったご先祖様たち (新潮文庫)
(2010/05/28)
熊田 忠雄

商品詳細を見る

そこに日本人がいた!―海を渡ったご先祖様たち
熊田忠雄【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2010(平成22)年5月発行


最近では「世界のこんなところに、なぜか日本人がいたよ」みたいなテレビ番組がありますが、それの歴史版とでも申せませうか。

明治時代に南アに渡つた古谷駒平さんを始め、日本人が外国へ渡つた記録が詳細に記されてゐます。ただ渡航しただけではなく、その国へ日本人として始めて足を踏み入れた人たちを特集してゐるのです。
つまり現在の日本人が海外渡航するのとは全く意味が違ふ「洋行」で、パイオニアたちの活躍をとりあげてをります。

22編も収録されてゐるので、それぞれの内容はまことにコムパクトに纏つてゐます。気になるエピソオドがあれば、巻末の「参考文献」を頼りに、自分でさらに調べてみるのも良いでせう。

それにしても、現代のやうに情報が充実してゐたわけでもない時代に、日本人が誰もゐない土地へ飛び出すといふのは、どういふ料簡なんですかね。病気になつたりしたら本当に不安だらうなあ。
いや、わたくしがこの暑さにやられて、体調を崩して寝込んでゐるのですが、自宅でさへ不安な思ひで寝てゐるといふのに。

なので、一つひとつコメントしたいところですが、その元気がないので薬を飲んで寝ます。
ごめんください。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村