源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
整理学
整理学―忙しさからの解放 (中公新書 13)整理学―忙しさからの解放 (中公新書 13)
(1963/05)
加藤 秀俊

商品詳細を見る

整理学―忙しさからの解放
加藤秀俊【著】
中央公論新社(中公新書)刊
1963(昭和38)年5月発行


この本が書かれた昭和38年とは、翌年に東京オリムピックを控へ、日本中が沸き立つてゐた頃。わたくしはまだ生まれてゐませんが。
高度成長の真つ只中で、当然経済活動も活発化し、情報も無差別に飛び交ひはじめた、さういふ時代であります。
 
ひつきりなしに、問答無用で我が身を襲ふ資料や書類。特に当時は今のやうに「ペーパーレス」なんて概念はほとんどなかつたでせうから、紙の洪水の中で仕事をしてゐたのでせう。
当時のサラリーマン映画やドラマの中で、上司が部下に「これ、明日までに頼むよ」などと言つて、山のやうな書類をドスン!と机に乗せるシーンがしばしば見られました。いはば紙の量=仕事量で、多忙な人ほど、その整理の必要性が高まつてゐたのです。

そんな時代背景の下、著者と友人たちとの雑談の中で、「整理学」なる造語が誕生します。
言い出しつぺは誰なのか判然としないさうですが、まあそれはどうでもいい。とにかく、この夥しい量の資料をなんとかせんといかんね、といふ発想が当然出てきます。

そんな昔の話、現在のIT社会とやらに何の役にも立たんよ、と思ひますか。たぶんさうではないと、わたくしは勘考します。何故なら、本書では「記録」「分類」「いれもの」に注目してゐるのですが、これらは最新のメディアでもやはり重要なファクタアとなつてゐるからです。
そして、著者の次の言葉に象徴される、整理の「本質」は未来永劫変らないのではないでせうか。

「...あらゆる「整理」は暫定的なものである。(中略)「忙しさからの解放」といっても、ラクな解放感をうけとっていただいては困る。整理は、人間にとっての、楽しい、そして無限の苦役の一つなのだから」(「まえがき」より)

さう、整理は面倒くさいなあといふ面があるのと同時に、楽しみでもあります。本書でその楽しみ方も伝授して貰ひませう。

では御機嫌好う。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
乗る旅・読む旅
乗る旅・読む旅 (角川文庫)乗る旅・読む旅 (角川文庫)
(2004/02/25)
宮脇 俊三

商品詳細を見る

乗る旅・読む旅
宮脇俊三【著】
角川書店(角川文庫)刊
2004(平成16)年2月発行


タイトル通り「乗る旅」と「読む旅」に分かれてゐます。
「乗る旅」は「旅」誌に掲載された五篇(米国・英国・米坂線と陸羽東線・板谷峠・井上勝)と、鉄道紀行全集の月報に連載された六篇(「近くにも旅はある」)で構成されてゐるのであります。

わたくしは「鉄道紀行全集」を初回配本時に購買してゐましたので、「近くにも旅はある」を懐かしく拝読致しました。
中でも「「小江戸」号と川越」は、幼時からの友人である奥野健男氏との交友関係の一端が窺はれて、微笑ましくなるのであります。

一方「読む旅」では、文庫の解説や書評などが収録されてゐます。別段「旅」とは関係ない本も多いのですが、まあいいでせう。
解説・書評とも、まづ読者のことを第一に考へる姿勢が鮮明になつてゐて、尚且つ文章も無駄がなくさすがと申せませう。次女の灯子氏が証言するごとく、とにかく文章の推敲には念入りに気を遣つてゐたことが分かりますね。

さてわたくしは一杯呑みつつ、名鉄三河線前面展望DVDをモニタアに流しながらペイジを捲つてゐます。最高の愉しみであります。

では、お休みなさい。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
超男性
超男性

超男性
アルフレッド・ジャリ【著】
澁澤龍彦【訳】
白水社(白水Uブックス)刊
1989(平成元)年5月発行


かういふ作品があるから、わたくしは仏文学を専攻したのだと言へるでせう。少なくとも日本では誕生し得なかつた小説ではありますまいか。
まあ人によつては、「こんなのが日本の作品でなくて良かつた」とつぶやく御仁もゐらつしやるかもしれませんが。
アブサン、自転車、拳銃を愛好した奇行奇言の人であるアルフレッド・ジャリの、戯曲『ユビュ王』と並び称される代表作(と思ふが)『超男性』であります。

アンドレ・マルクイユの発した一言「恋愛なんて取るに足らない行為ですよ。際限なく繰り返すことができるんですからね」を発端に、物語は動き始めます。
その言葉を証明するために、彼はインド人に扮し、多くの証人の前で驚嘆の行為に及ぶのであります。さて、その記録とは...

同時に、なぜか自転車で汽車のスピードに挑むイヴェントもあり(一万マイル競走)、結果五人乗り自転車は汽車に勝利します。自転車好きのジャリらしい話ですね。読んでゐるうちに気分が高揚してくるのはわたくしだけでせうか。
そして超男性・アンドレ・マルクイユは「愛を催させる機械」に愛され、最後は...といふ結末。

性愛行為とスポーツを同一視し、機械と人間の対立を予言した小説、とも呼ばれてゐますが、理屈はともかく読んでみることをお勧めするものであります。
先達ての『城の中のイギリス人』よりは一般に受け入れられると思ひますが、どうでせうね。

超男性 (白水Uブックス)超男性 (白水Uブックス)
(1989/05)
アルフレッド ジャリ

商品詳細を見る

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
思考のレッスン
思考のレッスン (文春文庫)思考のレッスン (文春文庫)
(2002/10/10)
丸谷 才一

商品詳細を見る

思考のレッスン
丸谷才一【著】
文藝春秋(文春文庫)刊
2002(平成14)年10月発行


早くも丸谷氏の一周忌であります。それを期に、このたび文藝春秋より『丸谷才一全集』全12巻の刊行が開始されるさうです。
寡作作家とはいへ、12巻は少ないなあと思つたら、小説は全作収録するさうだが、評論のたぐひは主要作品のみらしい。すると軽めのエッセイ類は仲間はずれでせうか。
第一回配本は小説『女ざかり』ださうです。欲しいなあ。独身時代なら間違ひなく購買を決意したでせうが、作品のほとんどを所持してゐるので、逡巡するところであります。

それはともかく『思考のレッスン』について。
インタヴュー形式で、丸谷流の思考術が明らかにされる愉快な一冊であります。「レッスン」は全部で6講。

レッスン1は「思考の型の形成史」。少年時代の丸谷氏が不思議に思つたことの一つに、日本の小説はなぜ不景気なことばかり扱ふのかといふのがあります。小説の神様・志賀直哉を有り難がらず「ゲンナリしてしまうんだなあ」。すでに大勢に迎合しない姿勢を見せてゐますね。

レッスン2「私の考え方を励ましてくれた三人」。この三人とは、中村真一郎・バフチン・山崎正和の面々ださうです。加へて、つきあひの深かつた吉田健一氏から得たことなども語つてゐます。

レッスン3「思考の準備」。考へるためには、まづ本を読め。思考の準備として読書の効用を説くのであります。しかし面白いと思はない本を無理して読むのは逆効果であると。

レッスン4「本を読むコツ」。同じ内容の本であつても、活字の組み方や注釈の挿入位置などの相違で理解度が違ふとの指摘は凡人のわたくしでも肯くところであります。書物自体を有り難がる風潮にも抗して、丸谷氏は本を自分が駆使しやすいやうに破つたりするさうです。単なる情報源と割り切つてゐるのですね。

レッスン5「考えるコツ」。考へる上で大切なのは、いかに良い問を自分自身で発するか、そしてそれをいかに上手に育てるかといふこと。人は疑問が湧いても、それを「なぜ?」と持続させずに、なんとなく放擲してしまひますからねえ。仮説を立てることの重要性も説きます。「定説に遠慮するな」「仮説は大胆不敵に」と。

レッスン6「書き方のコツ」。文章を書きながら悩むのは愚の骨頂らしい。文章はまづ頭の中で完成させてから書くべしとの助言があります。耳が痛いのであります。

とにかく、他者の思想をなぞるのではなく、自分でとことん考へる習慣が大切なのですね。まとまつた時間があると、普段読めない本を読まう、と考へがちだが、時間のあるときは読書ではなく、考へる時間に充てよ、とかの指摘も新鮮でした。

ところで、インタヴュアーは誰なのでせうか。どこかに書いてありますかね?

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
鉄道学のススメ
鉄道学のススメ (マイロネBOOKS)鉄道学のススメ (マイロネBOOKS)
(2003/08/29)
原口 隆行

商品詳細を見る

鉄道学のススメ
原口隆行【著】
JTB(マイロネブックス)刊
2003(平成15)年8月発行


一日過ぎてしまひましたが、10月14日は鉄道の日でございました。
NHKのラヂオを聞いてゐましたら、鉄道の日記念番組と思しきものが始まり、野月貴弘・南田裕介・久野知美の3氏が登場したのであります。まるで鉄道チャンネルの出張版みたいな顔合はせ。
南田氏は本来某事務所のマネージャーが本職の筈でありますが、すつかり鉄道タレントと化してゐます。

そんな日に、わたくしも『鉄道学のススメ』を取り上げるものです。
鉄道学なる用語は元元存在せず、造語であります。何でも学問に昇華させやうとする姿勢は好きではないけれど、鉄道趣味を社会的意義のある分野へ高めた人たちにインタヴューをして、かういふ一歩進んだ世界もあるよ、と提示する意図は悪くないと思ひました。

さすがに極めた人たちからは、単純だが深い言葉が出てきます。
登場人物は、以下の7氏であります。

★歴史・地理学=青木栄一氏「鉄道というのは、一つの大きなシステムなんですね。これには、いろいろな学問がかかわっています。社会科学、人文科学、それに理工系の学問、もしかしたら心理学なども関係するかもしれない」
★文化学=小池滋氏「皆が同じレベルで鉄道が日常生活のなかでどういう役割を果たしてきたかを考える、つまり文化としての鉄道をみんなが共有するということが大切だと思います」
★産業観光学=須田寛氏「鉄道を移動手段に選んでもらうためには、ひとり鉄道だけではなく、交通機関全体を一つのシステムととらえてその中に鉄道を位置づけなくてはなりません」
★ジャーナリズム&映像学=竹元紀元氏「なにかひとつに一途に突き進むというのも有意義なことでしょう。だが、複数のジャンルに取り組むことによって、それらが相互に補完しあって相乗効果を生み出してくれるというのも魅力です」
★社会学=種村直樹氏「なによりもまず、乗ってほしいですね。いろいろな路線に乗ることで、鉄道の社会的な側面が見えてきます」
★写真学=広田尚敬氏「写真なんてだれでも写せますよ。シャッターさえ押せばいいんですから」
★新・都市交通学=ゆたかはじめ氏「(沖縄で)鉄道のない暮らしを始めた時、なんとも頼りない感じをうけたことを今でも鮮烈に覚えています。なんというか、街に背骨が通っていないという感じですね」
...そして「紀行文学」では、宮脇俊三氏にインタビューを依頼する予定だつたさうですが、まさかの悲報に接し、かなはなかつたといふことです。読者としても残念であります。

広田氏の言葉は特にカッコイイですな。プロが中中言へる言葉ではない。各氏に共通するのは、はじめから学問を目指さうといふ姿勢ではなく、趣味が高じた結果、問題意識が芽生えてきて、社会的な活動に意義を見出してきたといふことでせうか。
「学」を名乗つてゐても、原口節はまことに平易な文章で読み易いのであります。鉄道趣味の入門書とも申せませう。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
毒男の婚活
アフタヌーン新書 013 毒男の婚活アフタヌーン新書 013 毒男の婚活
(2009/09/09)
原口 博光、岩崎 大輔 他

商品詳細を見る

毒男の婚活
原口博光/岩崎大輔【著】
講談社(アフタヌーン新書)刊
2009(平成21)年9月発行


ゆゑあつて、かういふ本も読むのであります。
なぜアフタヌーン新書から婚活の本を出すのか、謎と感じるところですが、それはどうでもいい。
話題に疎いわたくしには、「毒男」なる言葉は初見でした。どうやらネットの世界で誕生した用語らしいですね。
独身男だから「独男」でいいやうな気がしますが、あへて毒男としたところに彼ら自身がへりくだつてゐる姿勢が透けて見えます。(本当かな)

キハモノ的な書物かと思ひきや、案外真面目な婚活本でした。特に後半の、少子化対策に関する部分では、日本政府はまるでやる気がないのが窺へ興味深い。産めよ殖やせよ政策と思はれると困るので、何かと尻込みしてゐるさうです。
さうぢやないのになあ。子供が欲しくない人たちに対して「さあ子供を作れ」といふ訳ではないのに。子供が欲しいのに経済的理由などで断念せざるを得ない人たちを減らさないと、将来がないわね。

著者の一人である原口氏は、元経済産業省の官僚ださうです。しかし組織の中では効果的な少子高齢化はできないと感じ、役所を辞めて自らNPO法人(日本ライフデザインカウンセラー協会=JLCA)を立ち上げ、信用できる結婚相談所のマル適マーク(CMSといふさうです)の普及に努めてゐるといふことです。

そのJLCAの宣伝臭も漂ひますが、婚活初心者に対するアドヴァイスはいづれも有効なものであります。婚活入門書として、女性向には『必勝婚活メソッド(山田由美子著)』を推薦してゐるわたくしですが、男性向なら間違ひなく本書が該当しますな。
ま、この種の本に嫌悪感を抱く方は、無視してくだされ...

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
奪還
奪還―引き裂かれた二十四年 (新潮文庫)奪還―引き裂かれた二十四年 (新潮文庫)
(2006/04/25)
蓮池 透

商品詳細を見る

奪還―引き裂かれた二十四年
蓮池透【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2006(平成18)年4月発行


安倍晋三氏は、自分が政権にゐるうちにに拉致問題を解決するぜと、頼もしい言葉を口にしたのであります。
もつとも、過去に似たやうな発言をした総理大臣が、結局何もできなかつたこともあるので、どうなりますやら。

拉致被害者の一人である弟・薫さんと24年ぶりに再会した蓮池透さん。懸念してゐた「洗脳」は現実となつてゐました。本来の薫さんを取り戻すといふ意味の表題でもあるのでせう。

弟が帰つてきても、家族会の一員として、まだ帰らない肉親がある家族に配慮する。重い腰を上げやうとしない日本政府との樽俎折衝。心無い国内世論(中傷など)との戦ひ...
北朝鮮のみならず、まづ日本国内に多くの障害があることが分かります。

世論が盛り上がらない現状は、いつたい何なのでせうね。人人は「他人事」と言ひます。ぢやああんたは何かしたのか? とかね。
一般市民としては、具体的に行動するとか、金銭的な援助をするとか、さういふ大それたことではなく、声を上げることが一番ではないかと。世論の後押しがなければ、政府は動かないのであります。支持率が上るわけでもないし。

怒りと無力感に襲はれる一冊。しかし目を背けてはいけない現実だと思ひますので、一人でも多くの人に読んでいただきたいのであります。ま、読んでも心に響かない人がゐるのも現実。残念ながら。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
ウルトラマンが泣いている
ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗 (講談社現代新書)ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗 (講談社現代新書)
(2013/06/18)
円谷 英明

商品詳細を見る

ウルトラマンが泣いている―円谷プロの失敗
円谷英明【著】
講談社(講談社現代新書)刊
2013(平成25)年6月発行


某紙の書評を見て、購買したのであります。かかる本が出てゐたとは。
ところでウルトラマンは泣くか? 幼時に見たウルトラずかんでは、ウルトラマンは泣かないと書いてありました。しかしその後『ウルトラマンエース』で、ウルトラの父がヒッポリト星人に倒された時、残されたウルトラ兄弟たちは涙を流してゐました。なんだ、泣くぢやんと思つた記憶があります。
ま、そんなことは本書に関係ないのでスキップします。

著者の円谷英明氏は、円谷英二の孫にあたる人であります。円谷英二氏の息子に一、皐、粲の三兄弟がゐましたが、長男円谷一氏の息子といふことです。
内部の人間ならではの、円谷プロの生々しい内幕が綴られてゐます。放漫経営、私物化、お家騒動...確かにファンならば耳を塞いでしまひたい話が続々と出てきます。

著者の主張を平たく言へば、歴代社長の中で最長在位の円谷皐氏と、その後継者たる円谷一夫氏(およびその取巻きたち)が、円谷プロが破綻した張本人であるといふことですかな。
皐―一夫ラインと英明―昌弘ラインの対立と申しませうか。ただ本書は当然ながら対立する一方からの視点からしか書かれてゐませんので、一夫氏側からの反論も聞きたいところであります。

円谷一氏の死後、特撮で利益を生み出すビジネスモデルを遂に確立できなかつたことが、致命的だつたやうです。現場の人間は、「良い物を作れば金がかかるのは当然」といふ空気の中で仕事をしてゐました。まるで黒澤明監督ですね。黒澤監督には東宝がついてゐたから良いけれど、円谷は逆に自ら東宝から離れてしまつた。これも失敗の一つと申せませう。

円谷ヒーローで育つた身としては、円谷の現状は何とも歯痒いのであります。リスクの大きい中国でビジネスを展開しやうとして、案の定失敗。余計なお世話ですが、資金の投資先を間違つたのではないでせうか。
現在の親会社は、「儲かる特撮」を実現できるのか、それともその気はないのか...いづれにせよウルトラマンはすでに共有財産と化してゐます。あまりをかしな扱ひは避けていただきたいものです...

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村