源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
旗本退屈男
旗本退屈男 (文春文庫)旗本退屈男 (文春文庫)
(2011/09/02)
佐々木 味津三

商品詳細を見る

旗本退屈男
佐々木味津三【著】
文藝春秋(文春文庫)刊
2011(平成23)年9月発行


いつの間にか復刊してゐた『旗本退屈男』。全11作を一冊にまとめたお徳用であります。
旗本退屈男とは、徳川直参旗本・早乙女主水之介のあだ名といふか、別名といふか、通り名みたいなものですね。
元禄の太平な世の中、腕が鈍つてしようがない、事件があれば「退屈の虫」が騒ぎ出すのであります。
年齢は永遠の33歳。浅見光彦と同じ(彼は満年齢だが)ですが、当時の33歳は今よりもおつさんのイメエヂでせうね。

剣の奥義は篠崎竹雲斎の諸刃流、「青眼崩し」なる技を会得してゐます。トレードマークは額の中央にある、「天下御免の向かふ傷」と称する三日月形の傷であります。この傷だけで相手を圧倒することさへあるのです。
17歳の菊路といふ妹がゐて、その菊路と恋仲の霧島京弥なる若い侍が屋敷に出入してゐます。京弥さまは外見は優男風ながら、剣術の腕もなかなかのものであります。

その主水之介が、退屈の虫に誘はれるままに、京・三河・身延・仙台・日光へと足を向けます。まあストオリィ的には、特筆すべきほどのものはありません。すべからく退屈男の豪快かつ痛快なるけれん味が魅力といふべきでせう。
せりふ回しも独特で面白い。わたくしは読後しばらく「ヘゲタレよ喃」「わははは、ずんと面白いぞ」「ひとねぢりねぢ切つてつかはさう」など口癖になりました。

さて、その旗本退屈男を当代一の当り役としたのが、市川右太衛門。北大路欣也さんの父君であります。文庫カヴァーの表紙も、(おそらく)あへて右太衛門に似せてゐないのですが、それでゐて右太衛門を連想させる容貌の侍が描かれてゐます。なかなかうまい。

手許に『東映時代劇ビデオのすべて』なる小冊子があるのですが、その中で右太衛門本人が「旗本退屈男」について語つてゐます。
その証言によると、近鉄上本町の書店で本書を見つけて即購買した右太衛門は、仕事場のある奈良あやめ池までの電車の中で読みふけり、直ちに自ら映画化を決めたのださうです。

これほどの痛快娯楽剣戟小説、もし右太衛門の目に留まらなくても、別の誰かが映像化したでせうが、これほど国民的人気を得るまでの存在になつたかどうか。
実に幸福な出会ひであつたと申せませう。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
猛牛(ファンソ)と呼ばれた男
猛牛(ファンソ)と呼ばれた男―「東声会」町井久之の戦後史 (新潮文庫)猛牛(ファンソ)と呼ばれた男―「東声会」町井久之の戦後史 (新潮文庫)
(2011/10/28)
城内 康伸

商品詳細を見る

猛牛(ファンソ)と呼ばれた男―「東声会」町井久之の戦後史
城内康伸【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2011(平成23)年10月発行


サブタイトルに―「東声会」町井久之の戦後史―とあります。
町井久之(韓国名:鄭建永)といふ人は、在日韓国人の二世で、敗戦後日本のどさくさの中、武力でもつて台頭してきました。
まあ一般的にはヤクザ屋さんのボスとして捉へられてゐるのではないでせうか。自ら組織した「東声会」も完全に暴力団のイメエヂであります。
暗黒街で政財界の大物とつながりを持ち、隠然たる力を示した男...

『猛牛と呼ばれた男』は、その町井久之氏の生涯を追つた実録ノンフィクションであります。
もともと彼に対する知識はほとんどなかつたわたくしなので、明かされる意外な素顔に「ほほう」となつたものです。
そもそも町井に思想的影響を与へたのは、石原莞爾の「五族協栄」「民族調和」の精神だと言ひます。その理念を実現せんと「東声会」を結成します。
しかし組織が大きくなるにつれて、末端のチンピラが暴力事件を繰り返すことで、同会は世間からは完全にやくざと同一視されるのでした。

町井の本音としては、暴力の世界ではなく実業界で一目置かれる存在を目指してゐたフシがありますな。児玉誉士夫・大野伴睦・河野一郎といつた面々とのつながりも、将来の実業界進出を意識してのことかも知れません。
東声会を解散したのも、もう暴力の世界とは無縁だとアピールしたかつたからでせう。

しかし、世間はやはり町井=やくざの印象を払拭できなかつたし、事業も甘いものではありませんでした。
あまりにも短い絶頂期のあとは、転落するのみで、描いた理想との乖離に懊悩したのではないでせうかね。

城内氏の正攻法かつ地道な取材により、我我はもうひとつの戦後史を俯瞰することができるのであります。骨太の一冊と申せませう。

ぢやあまた。ご無礼します。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
今すぐ乗りたい!「世界名列車」の旅
今すぐ乗りたい!「世界名列車」の旅 (新潮文庫)今すぐ乗りたい!「世界名列車」の旅 (新潮文庫)
(2009/05/28)
櫻井 寛

商品詳細を見る

今すぐ乗りたい!「世界名列車」の旅
櫻井寛【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2009(平成21)年5月発行


写真家の櫻井寛さんが、世界各国の名列車―超特急・豪華列車・高山列車など―を取材・紹介した一冊であります。
日本のいはゆるテツどもは、わりかし内弁慶なところがあつて、鉄道好きと言ひながらその対象はほとんど日本国内に限られてをり、海外の鉄道にも詳しい人は少数派と言つても宜しいでせう。わたくしもさうなのだけれど。(わたくしはテツぢやないけどね)

近年は海外の鉄道事情を紹介する書籍やテレビ番組などがかなり一般的になつてきてゐますが、その担い手の一人が櫻井寛さんと申せませう。
本書は割と薄い本なのに、その中に45もの列車・路線が紹介されてゐます。いきほひ一つの列車に割かれるペイジ数は少なくなり、物足りないのであります。勿体ない。これは、新聞連載のコラムだつたことに起因するので致し方ないことではあります。

ゆゑに、一つひとつに言及する余裕がないのであります。ま、その中でも「今すぐ乗りたい!」級の列車は、わたくしの場合「阿里山森林鉄道」「ロムニー鉄道」「タルゴ」「シャーフベルク鉄道」「ロボスレイル」「ブルートレイン」といつたところですかな。たぶん死ぬまでに一つ実現すれば上出来でせうが...

やはり本職だけあつて、写真はどれも素晴しいですね。むしろ写真をメインにして、カラー版で出せば良かつたのにと思ひます。
では文章は(?)かといふと、さうでもない。写真家の方は文章を書かせても表現力豊かで読ませる人が多いのです。櫻井氏も例外ではありません。つまり、おすすめの一冊。

わが日本でも、かかる列車たちに伍するものが現れる日が来るでせうか。JR九は超豪華寝台列車「ななつ星in九州」の運行を始めましたが、個人的には「ちよつと違ふな」といふ感じです。いつまでも水戸岡鋭治さんに頼るのもどうかと。
...なんてことを言ひながら、もしチャンスがあれば、嬉々として乗るのは間違ひないのですがね。ふふ。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
日出る国の工場
日出る国の工場 (新潮文庫)日出る国の工場 (新潮文庫)
(1990/03/28)
村上 春樹、安西 水丸 他

商品詳細を見る

日出る国の工場
村上春樹/安西水丸【著】
新潮社(新潮文庫)刊
1990(平成2)年3月発行


安西水丸氏、脳溢血にて永眠。71歳。昨今、早すぎる死と申せませう。
我が家に水丸さんの著書は有つたかなあ、と書棚を調べたら、すべて村上春樹さんとの共著でした。
そこで『日出る国の工場』。随分と古い本です。(わたくしが所持するのは1987年の平凡社版)

安西さんによると、やはり村上さんとの共著である『象工場のハッピーエンド』を出して以来、ふたりは工場見学の面白さに目覚めたのだとか。
もつともこのコンビは、いかにも工場工場したところへは行きません。まづは人体標本工場。医療用教材としての人体模型のヴァリエイションには驚愕するところです。

次いで結婚式場。これを工場と捉へる人はさうありますまい。ケーススタディとして、鈴木家と沼津家の新郎新婦がいかにして自分たちの結婚式・披露宴を創り上げていくのか。相談カウンターの荒木さんが次々とたたみかける工程は、なるほど無駄のないプロセスを経る工場と言へなくもない。

三箇所目は消しゴム工場。村上氏も述べるごとく、本書の中では我我が連想する「工場見学」にもつとも近いものかも知れません。平泉成さんのナレーションが聞えてきさうな。(←東海地区限定か?)
もつとも文字通りの消し「ゴム」はもう少数派で、プラスチックの「字消し」が主流だと。2014年現在ではいつたいどうなつてゐるのか。

四箇所目は岩手県にある、有名な「小岩井農場」。一読して、なるほどこれはまさしく工場だなむと感嘆することしきりであります。しかしそれ以上に、日本の酪農の将来がすでに危ぶまれてゐる状況が問題提起されてゐます。唐突ですが、米国と交渉中の甘利くんにも頑張つて欲しいね。

続いての五箇所目は「コム・デ・ギャルソン」。意外だつたのは、コム・デ・ギャルソンはデザイン制作と営業だけの会社だといふことで、実際の裁縫は外部に発注されるのださうです。現在も同じかどうかは知りません。現実に、村上さん安西さんが案内されたのは江東区の町工場でした。

さらに六箇所目。「テクニクスCD工場」。テクニクスといふブランド名も懐かしいですが、村上春樹さんがコンパクト・ディスクとは何かを解説するあたり、時代を感じさせます。専門的な話にはちよつとついていけませんが、水丸さんがいふ「いろいろと すごいです」が全てを語つてゐるやうな。

そして最後は「アデランス」。男性用かつらのメーカーとして有名ですが、工場潜入した人は当時少なかつたでせう。
わたくしも頭髪に関しては、末期的状況と申しますか、すでに何をしても手遅れ状態なので、いつそ丸刈りにしていろいろなかつらを試して遊びたい感じです。もつと安ければいいけど、工程を見てゐると、この価格もやむを得ないのでせうね。

村上さんの本文も、水丸さんのイラストも「もつと気楽に行かうぜ」と語りかけるやうで、癒される工場見学本であります。村上さんの文章も最近とは少し違ふみたいで、人気作家だけれど、現在のやうに大物扱ひされてゐない時代の気軽さが感じられます。たまにちと恥ずかしい表現もありますが...

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
全線開通版・線路のない時刻表
全線開通版 線路のない時刻表 (講談社学術文庫)全線開通版 線路のない時刻表 (講談社学術文庫)
(2014/03/11)
宮脇 俊三

商品詳細を見る

全線開通版 線路のない時刻表
宮脇俊三【著】
講談社(講談社学術文庫)刊
2014(平成26)年3月発行


『線路のない時刻表』は、1986(昭和61)年に新潮社から刊行され評判をとり、その三年後には新潮文庫化されました。
国鉄末期に、赤字ローカル線を大量に廃止することが決まつたのですが、一方では開通する当てのないローカル新線の建設工事は進められてゐたのです。
国鉄として開業しないことが明白な路線を作り続ける...子供が考へてもをかしな話であります。

予算は一点集中ではなく全国に総花的に割り当てられたので、結局開通する路線はなく、用地の買収も終り路盤もほとんど完成しながら開通せずにそのまま朽ち果て、大いなる税金の無駄遣ひとなることが予想されてゐました。
ま、さういふローカル線を今さら作ること自体が無駄な事業だと思ふ人もゐるでせうが、それを言ひ出したら話が進まぬので脇へ置くことにしませう。

我らが宮脇氏は、さういふ事情とは別に鉄道メイニアとして開業を待ち続けたのに、その見通しが立たぬのは精神衛生上悪いといふことで、未成線の路盤なんかを歩くことで実際に乗つた気にならうと勘考しました。
本書に収められたのは、収録順に挙げると、智頭線・北越北線・三陸縦貫線・樽見線・宿毛線・瀬戸大橋・青函トンネルの七編であります。

地元の自治体などに取材しますが、当時の状況としては開通の可能性が低い路線が多かつたので、どうしても俯き加減の話になりがちです。怒り、虚しさ、諦め...さういふ状況でも淡淡と仕事をする人たちを描いてゐます。
宮脇氏はせめてもの思ひで、「宮脇俊三作 国鉄非監修」の想定時刻表を自作し掲載したのでした。情報が少ない中で、中中良く出来てゐるのではないかと。

ところが、巻末の「『三陸鉄道』奮戦す」にもあるやうに、三陸縦貫線を第三セクター方式で引継いだ三陸鉄道が発足し、世間の耳目を集めます。
以降、廃線予定の路線を、地元自治体や企業を中心とした第三セクターが引き受け運営するケースが相次いだのであります。わが地元の「愛知環状鉄道」もその一つ。

結局、本書で登場した路線のうち「瀬戸大橋」「青函トンネル」はJRグループがそのまま引継ぎ、その他の5路線はすべて新たな会社が開通させるといふ喜ばしい結果となつたのであります。
さうなると、宮脇氏は当然乗りに行き、「その後」をリポートすることになります。それが本書『全線開通版・線路のない時刻表』なのです。
全線開通版は、1998(平成10)年に講談社文庫から出てゐるのですが、このたび何と講談社学術文庫から復刊したのであります。学術文庫...学術か? 平均単価の高い学術文庫から出すことで、価格を吊上げやうとの魂胆か。

各章の最後に、開通後のルポが追加されてゐますが、いかんせん分量が少なく(各3-4ページくらゐ)物足りないですな。いはば本書の最大の「売り」の部分なのに。
しかし当時宮脇氏は既に晩年に相当する時期であつたことを勘案すれば、よくぞ書いてくれたとも申せませう。

学術文庫3月新刊。みんな読みませう。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
儲けすぎた男
儲けすぎた男 小説・安田善次郎 (文春文庫)儲けすぎた男 小説・安田善次郎 (文春文庫)
(2013/09/03)
渡辺 房男

商品詳細を見る

儲けすぎた男 小説・安田善次郎
渡辺房男【著】
文藝春秋(文春文庫)刊
2013(平成25)年9月発行


東京大学安田講堂などに名を残す安田善次郎。安田財閥を一代で築いた立志伝中の人であります。
わたくしにとつては、JR鶴見線の安善駅(安善町一丁目)の由来となつた人としての印象が強かつた。否、殆どそのイメエヂ。

ところでこの鶴見線とは、埋立地に新たに敷設した鉄道のため、その地名を付けるにあたり、関りの強い実業家や企業の名前から駅名(地名)が付けられてゐます。たとへば浅野総一郎(浅野駅)、大川平三郎(大川駅)、昭和電工(昭和駅)など。
まるで関係ないけれど、「大川平八郎」は、昔の東宝専属俳優であります。またの名を「ヘンリー大川」。大川平三郎とは、特に血縁関係はないみたいですね。

さて安田善次郎は元元富山藩の武家の出自でありますが、武家といいながら実態は経済的に困窮し、田畑を耕し農作物を売り歩く毎日だつたさうな。
かかる生活では将来の展望が見えてこないといふことで、善次郎は単身江戸へ出ます。

両替商を始めた善次郎。幕末の混乱期から明治維新の不安定な時期は、貨幣の価値もあやふやになり、明日も知れぬ毎日であります。同業者があたふたする中、善次郎は大きな賭けに出るのでした...

安田善次郎といへば、巨額の財産を得ながらそれを社会に還元しない守銭奴との評も聞くのでありますが、本書を読むと、必ずしもさうではないことが分かります。本人は「陰徳」を心がけてゐたさうなので、中中表面に出なかつたのでせう。実際、近年は安田善次郎再評価が進んでゐるといふことです。

『儲けすぎた男』は、小説としては些か華が足りないやうな気がしますが、安田財閥の興亡を俯瞰するのに恰好の一冊と申せませう。
通勤などで安善駅を利用する皆様も、たまには安田善次郎に思ひを馳せていただきたいと愚考するものであります。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
熱血!名力士列伝
3z4155m.jpg

熱血!名力士列伝
スポーツグラフィック「ナンバー」【編】
文藝春秋(文春文庫ビジュアル版)刊
1993(平成5)年2月発行


先達ての三月場所では、鶴竜関が見事な成績で横綱昇進を果たしました。ううむ、わたくしの予想では綱取りは失敗すると睨んでゐたのですが、御見逸れいたしました。
横綱昇進を伝達する使者に対する口上も、気取つた四文字熟語を駆使することもなく、好感が持てるものでした。
何度も綱取りに挑戦して、結果大関で終る力士が多い中、ワンチャンスを活かしあつさりと優勝したその精神力には脱帽であります。土俵下の杉山邦博さんも同じ思ひではないでせうか。勝手に人の心中を想像してはいけませんかな。

これで四代続けてモンゴル出身の横綱といふことになります。完全にかつてのハワイ勢を上回る隆盛ぶりと申せませう。
国産力士の不甲斐無さを嘆くのは簡単ですが、それよりも「国技」大相撲を支へてくれた彼らには感謝するべきと感じますが、どうでせうね。
それでも「昔は良かつたなあ」と述懐するおぢいさん向けに、ささやかな一冊を見つけましたのでご報告します。

『熱血!名力士列伝』は、1993年の出版。いはゆる若貴人気で大相撲が大ブウムになつてゐた頃であります。まだ四股名も若花田・貴花田の時代で兄弟仲も悪くなく、相撲界の未来はバラ色ぢやん、と角界の内外で囁かれてゐたあの頃。
列伝形式で双葉山の時代から若貴・舞の海まで個性的なお相撲さんを収録してゐます。横綱や大関といつた看板力士のみならず、房錦や明武谷といつた名脇役まで取り上げる編集の妙で泣かせる。

ただし、大内山の項では、名解説者・玉の海梅吉さんが語つたといふ、靴に猫が子供を生んだといふエピソオドを添へていただきたかつたですなあ...

熱血!名力士列伝―怪力・異能・土俵の鬼 (文春文庫―ビジュアル版)熱血!名力士列伝―怪力・異能・土俵の鬼 (文春文庫―ビジュアル版)
(1993/02)
スポーツ・グラフィック「ナンバー」

商品詳細を見る

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村