源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
mon.jpg



夏目漱石【著】
新潮社(新潮文庫)刊
1986(昭和61)年11月発行
2002(平成14)年11月改版

それから』の項で予想した通り、「朝日新聞」紙上では『』の再連載が始まつてゐます。
それはいいのですが、我が家で文庫版『門』を探したところ見つかりません。漱石作品は新潮文庫版で全て揃へた筈なのに。仕方なく集英社版『漱石全集』で再読したのであります。
全集版の良い所は、原文になるべく近い形で収録されてゐるところですね。正仮名・正漢字は勿論、漱石の得意な当て字や、時には誤字も注釈付きでそのまま再現されてゐます。文庫版では、現代人に広く読んで貰はうとの意図から、読み易く改変されてゐるので注意であります。
しかし全集版は大きく、重い。鞄に忍ばせて空き時間に読むとか、寝転がつて読むとか、憚りに持ち込んで読むとかには不向きで、机に向かつて読まざるを得ないのが不便ですな。

まあそんなことはどうでもよろしい。わたくしは『門』を再読して静かな感動を呼び起こされたところなのですから。
文学作品といふものは、その作品だけ単独で愉しめば良いと存じますが、『門』の場合はどうしても『それから』との関連が気になるところです。

『それから』の代助は、友人の妻・三千代と共に生きる事を決め、人としての道を外します。当時としては外道扱ひで、世間に顔向け出来ぬ境遇であります。
その設定を引き継ぐかのやうに、『門』の宗助は、友人安井から御米を奪ふ形で妻にしてゐます。安井はその後消息を絶ち、行方は知れません。御米とは相互に信頼し合ひ、夫婦の関係としては悪くありません。しかし常に安井の影が差すからか、心底明るく笑つたことがあるのか疑はしい。おそらく、まだ30歳前後と思はれるのに、すでに枯れた雰囲気を醸し出してゐます。良く言へば落ち着いてゐるが、悪く言へば覇気がない。子供には恵まれず、静かに暮らしてゐます。

宗助には小六といふ、歳の離れた弟がゐます。叔父夫婦に学資など面倒を見て貰つてゐたのですが、叔父が死んで叔母の代になつてから、小六の学資はまかなへないと通達され、宗助はその対応に苦慮します。もつとも傍目には余り苦慮してゐるやうには見えず、行動をずるずると先延ばしするため、当の小六からも鼎の軽重を問はれてゐさうな気配が。要するに兄を軽んずる傾向があるのです。

そんな中、大家の坂井といふ人と懇意になります。その坂井氏の弟(坂井氏曰く「冒険者=アドヴェンチュアラー」)が蒙古で放浪してゐたのだが、最近突然姿を現した、面白いから会つて話を聞いてみなさい、ついては安井といふ友人も一緒に呼んであるといふのです。
何と、御米を奪つた安井の消息が分かり、自分の眼前に現れるかもしれぬといふ恐怖が宗助を襲ふのであります。御米にも告げる事が出来ず、精神の安定を失ふ宗助。救ひを仏門に求めるのですが、さううまくいきますかどうか......

結局、安井は再び大陸へ渡り、宗助が心配するやうなことは起きず、小六の問題も坂井氏のお陰で解決しました。御米さんは春が来たことを悦びます。しかし宗助は「うん、然し又ぢき冬になるよ」と返すのでした。つまり、安井はいつ又眼前に現れないとも限らぬといふことでせう。

ドラマティックな展開は起きず、根本的な問題は何も解決せぬまま、物語は終つてしまひます。それを不満とする読者も多いと存じますが、この宗助の苦悩は、『こころ』の先生に引き継がれるのでせう。近代人の自我と我執。そんな地味な問題でも、小説として愉しめるやうになつてゐるのが良いのです。
要因は、登場人物の造形でせうか。宗助・御米・小六・坂井・宜道など、誰もが一度は出会つた事があるやうな人物ばかりではありませんか。個人的には御米さんが好みで、漱石作品に登場する女性の中では一番好きですな。特に小六と接する時の描写なんかは、息遣ひまで聞こえてきさうです。何だかどきどきするのでした。
派手な展開は見せませんが、門の前で何も出来ずに右往左往する宗助を一度御覧なさいと申し上げて、ここは去ることにいたします。

ぢや、さらば。



スポンサーサイト
朗読のススメ
roudoku.jpg

朗読のススメ

永井一郎【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2009(平成21)年6月発行

昨年惜しまれつつ亡くなつた永井一郎さんが、朗読の意義について熱く語つてゐます。
「はじめに」の冒頭で、いきなり「ひどい世の中になりました」と、どきりとさせられる書き出しであります。老若男女、日本でも海外でも皆、心を失ひかけてゐると。そんな世の中におすすめなのが朗読なのださうです。無論朗読をすれば即、世直しに繋がる訳ではありますまいが、心のみならず身体にも好影響を与へる朗読といふものに、ちよつと注目してみませう。

現在の読書は、黙読が当り前と思はれてゐますが、それは近代以降のこと。明治大正期あたりは、大人でも音読をしてゐたさうです。時代が下がるに連れて、音読は子供が練習の為にするものと認識されるやうになり、大人が音読すると何となく恥ずかしくなつてきました。
これは、多分「振り仮名」とも関係してゐると存じます。昔の読物は、基本的に漢字に振り仮名が付いてゐました。お陰で子供でも、難しい漢字を読めたのであります。
現在の文章には、基本的に振り仮名が付いてゐませんね。遠慮せずに付ければ良いのに。さうすれば当用漢字とかは無意味になります。漢字の制限も愚策であります。まあ、ここではその話はいいけど。

「第1章 声について」では、良い声を出すにはどうするか。姿勢や呼吸法・声圧はどうかなどを論じてゐます。プレッシャーなど精神的な要素で、声は変つてしまふやうです。
「第2章 自分の朗読とは」で、声優として確固たる地位を築くきつかけとなつた仕事を振り返つてゐます。
「第3章 朗読の基礎的技術について」では、「形」を学ぶことの重要性を説きます。共通語の「形」、無声音や鼻濁音、それぞれに「形」があり、それらを軽視しては応用も効かぬやうです。
「第4章 技術とイメージのはざま」では、漢字の読み方ひとつでまるでイメエヂが違ふことが述べられてゐます。
私は「ワタシ」か「ワタクシ」か、日本は「ニホン」か「ニッポン」か。川端康成『雪国』の冒頭の単語は、コッキョウと読むのか、クニザカヒと読むのか。黙読では見過ごされてゐたことが、いざ音読をすると興味深いことが分はかつてきますね。
「第5章 解いておきたい誤解」。識者の中でも「女性の声は朗読に向かない」といふ愚論を述べる人がゐるさうです。そりや確かにひどい誤解ですな。
「第6章 技術を超えて」は、永井一郎氏が朗読を通じて世間に訴へたいことが伝はります。「間」についての考察は凄味さへ感じさせます。「個性」についての意見は、我が意を得たり、と嬉しくなります。本当に、無責任に「個性」といふ言葉が独り歩きしてゐます。人と違ふ、目立つたことをすることを即ち個性的だとする風潮にはうんざりするのであります。

本書を読み通すと、勿論朗読を試みたい人にとつて実に参考になる内容だと存じますが、それ以上に永井氏が「これだけは読者に伝へたい!」と、まるで遺言のやうに「心」に訴へる一冊と申せませう。

デハデハ、今夜はこれでご無礼します。



英語演説
eigoenzetu.jpg

増補 英語演説 その原則と練習

松本亨【著】
英友社刊
1966(昭和41)年3月発行
1974(昭和49)年4月増補

日本人は演説下手で、そのために様々な国際舞台で軽んぜられてきたと、松本亨氏は常々苦虫を噛み潰したやうな顔で(といふのは想像ですが)指摘してきました。
原稿をたどたどしく読むか、開き直つて日本語で演説し通訳に任せるといふのが、国際会議などで見せる「日本代表」の姿でありました。無論これは松本氏が現役の頃の話。現在は堂々とイギリス語、もとい英語で表現力豊かに演説する人が多くなりました。
では本書はもう無用の長物かといふと、さうでもありますまい。いつの時代でも、聴衆の前で説得力のある表現を会得するのは重要なことであります。わたくしは結局身に付きませんでしたがね。

以下に、ちよつと内容をかいつまんで紹介しませう。
「Ⅰ 人の前で話す」では、恐怖心の克服や自己意識を捨てる方法を、自らの体験を基に述べてゐます。また、「演説の三要素」として、「事実を明らかにすること」「聴く者を説得すること」「聴く者をして行動をおこさせるように訴えること」を挙げてゐます。

続く「Ⅱ 聞く人を知れ」では、聴衆が共通認識としてもつてゐる事柄をなるべく多く仕入れ、それを演説に取り入れて聴衆との距離感を詰めませうといふことですな。「1人だけに集中するな、1人でも無視するな」

更に「Ⅲ タイトルのえらび方、つけ方」では、中高生・大学生・社会人の英語弁論大会におけるタイトルを紹介して、読者の参考に供してゐます。

そして「Ⅳ スピーチの内容」では、前章で紹介した弁論大会で入賞した演説をそのまま採録してゐます。松本氏も評する如く、低学年ほど先生の介入度が高いやうで、いささか気取つた物言ひが目立つのが残念。

一転して「Ⅴ スピーチの構造」では、構成を考へる時に参考になる、技術的な面を解説してゐます。

一方で「Ⅵ 発声法」では、具体的に声の出し方、使ひ方を説明します。「ふだんの心がけ」として、酒は控へよ、タバコも駄目よ、辛いものは避けなさい、水をガブガブと飲み過ぎるな(ジウスやコオラ類などの甘いものは発声に障害あり、飲むなら熱い珈琲かお茶ださうな)、夜更かしはするなと、中中厳しい。これでは人生はツマラナイと思ふなら、演説の上達は諦めよと言はんばかりであります。

本書の白眉「Ⅶ 有名な演説」では、練習用に適した過去の著名な演説が収録されてゐます。強調すべきアクセントの位置が分かるやうに記号が付いてゐるのですが、CDを付録に付ければ尚良いですな。ちなみに収録された演説は「山上の垂訓」「マーカス・アントーニアス」「ウィンストン・チャーチル」「J・F・ケネディ」「ジョンソン大統領」、そしてキング牧師「私には夢がある」。
特に最後のものは、本書初版後の演説で、松本氏はこれを是非収録したいが為に、増補版を出したやうです。確かに、実に感動的な演説であります。

「Ⅷ スピーチこばれ話」では、松本氏自身の体験談、失敗談が紹介されてゐて、肩の力を抜いて読めるセクションと申せませう。
最後は、「Ⅸ 発音上達のためのPronunciation」。日本人が不得手な発音を含むフレイズを、別の言ひ方で表現するリスト。或は代替表現が無い場合、頑張つて覚える一覧表。痒い所に手が届く表といふわけです。

実戦にも使へ、読物としても読める、古典的名著と存じます。



引退 そのドラマ
intai.jpg

引退 そのドラマ

近藤唯之【著】
新潮社(新潮文庫)刊
1986(昭和61)年11月発行

今年のプロ野球もレギュラーシーズンが終了し、ポストシーズンを残すのみとなつてきました。毎年この時期、優勝したティームやタイトルを獲得した選手などの華やかな話題の陰で、惜しまれつつ、或はひつそりと姿を消す選手も多い。
近藤唯之著『引退 そのドラマ』は、そんなプロ野球のスタア選手がいかにして引退を迎へたかのドラマを綴つた一冊であります。

いかなる名選手にも、等しく引退は訪れます。よく「余力を残し惜しまれながらの引退か、それとも全てを出し尽くし、ボロボロに燃え尽きての引退か」などと議論されますが、本書を読めばそんなことはどうでもよくなつてきます。それほど、引退を決めた瞬間といふのは、一時代を築いた選手ほど切ないものだなあと思ふのです。
例へば王貞治選手。若手選手が速いと思はない相手投手の球が、自分には恐ろしいほど速く感じ、しかも悔しさも湧いてこないのを自覚し、俺も終りだなと悟る。
或は野村克也捕手。最後の所属チームは西武ライオンズでしたが、自分の打順で代打を出されて、「西武なんて負けちまへ」と内心毒づいた。その時、プロとして、自軍の負けを願ふなんて「もう終りだ......」と。

また、出勤時は妻に「行つてくるよ」と普通に家を出た選手が、その夜には引退することになつてゐた、といふ急転直下の人も珍しくありません。
江本孟紀投手は、あのアホ発言の責任を取れと球団に迫られ、その日のうちに失業者となりました。
辻恭彦捕手は監督からの突然の「肩叩き」で、考慮する猶予さへ与へられず引退を強要され、その夜妻に告げる事が出来なかつた。

そんな「明日の運命も知れぬ」男達への、近藤氏の眼差しは温かいのであります。
男の運命なんて、絹糸一本で重い石をつるしているようなものだ。いつ切断されるかわからない
男の運命なんて重い荷物を背負って、丸木橋を渡るようなものだ。いつくるりと地獄へ落ちるかわからない
くり返される近藤節も絶好調。江夏豊・平松政次・星野仙一・鈴木啓示・堀内恒夫・高橋一三など13投手と、田淵幸一・張本勲・高田繁・大杉勝男・長嶋茂雄・山本浩二など27野手の「引退の瞬間」をルポしてゐます。
周辺取材や文献に当つてゐる訳ではなく、全て近藤氏が選手に直接取材した話ばかりでありますので、本書でしか明らかになつてゐない事実も多数ございます。
ちと古いですが、シーズンオフの話の種にもなるでせう。



筑紫哲也のこの「くに」の冒険
konokuninobouken.jpg

筑紫哲也のこの「くに」の冒険

筑紫哲也【著】
日本経済新聞社刊
1996(平成8)年7月発行

本当にこの「くに」は、一体何処へ向かつて行くのだらう。
能天気なわたくしでも、さいうふことを考へずにはゐられない問題が次から次へと起こります。
否、起こしてゐるのは他ならぬわたくしたちなのですがね、どうも他人事のやうに受け取り、問題の解決も「誰かがやつてくれるだらう」と、一部の人に丸投げをしてはゐないでせうか。無論、わたくしも含めて。

こんな世相を、あの人ならどう見るだらうか、と思はずにはゐられないのが、『筑紫哲也のこの「くに」の冒険』の著者、故筑紫哲也氏であります。
本書の前半は、筑紫氏が「TBSは今日死んだに等しい」との衝撃的なコメントをTBS「NEWS23」の中で発言した、あの「TBS問題」を中心に構成されてゐます。オウム真理教の幹部に、坂本弁護士のインタビューを見せてゐたといふ問題です。
信頼を回復するために、すべてを公にするべきといふ筑紫氏の助言は無視され、TBSは徹底的に隠蔽する愚策に出ました。首脳部の見通しの甘さを露呈した形になつたのです。前回の『隠蔽捜査』を地で行く事例でした。

筑紫氏によると、本書は「冒険のすすめ」であると言ひます。ここで言ふ「冒険」とは、「あるべき目標について絶大な自信があって、それを実現するためには危険も覚悟するという態度を前提とする(本書35頁)」ものであります。我が国にとつては、全く苦手な分野であると申せませう。
自信がないなら、そんな危ないことはやめとけ、と言ひたいところですが、著者も指摘する如く、普段「冒険」を好まない社会は、何かのきつかけでいざ不満が爆発すると、とてつもなく「暴走」する傾向があると。そして「暴走」を生み出す最大の要因は「不安」であると喝破します。

その「不安」の正体を、筑紫氏はまあ色々と指摘する訳ですが、とどのつまり「経済という単一尺度のみに収斂して生きてきて、その得意技が行き詰まると他に依拠するアイデンティティーを見つけられないからであろう(44頁)」と、経済優先の価値観に疑問を呈してゐます。
確かに経済は重要な指標でありますが、それは人々が幸福になるための一手段であり、それ自体が目的ではない。筑紫氏は、手段に過ぎないものを最大の目的としたところに戦後日本の歪みがあつたのではないかと述べてゐるのです。まさに現在、経済を最大の目的としてゐる、どこかの国のお坊ちやん宰相に聞かせたい話ではあります。

筑紫氏は、何よりもわたくしたちが、「市民(シチズン)」たり得るかが鍵になると言ひます。「市民」とは、ただ自然になれるものではなく、それに相応しい「資格」が必要とされるのださうな。それを以下のやうに述べてゐます。

その資格のなかでも大事なのはまず「参加」することであり、その結果が必ずしも自分にとって満足できないものであっても、参加の義務を放棄しないことである。「観客民主主義」と呼ばれるような形の中で観客に徹し、気が向いた時に加わって見ては失望、幻滅、不信に陥ったからと易々とそこから退場したり、逆に「お上」がそうだと言うのだからそうだろうと他者に判断を委ねてしまう者を「市民」とは呼ばない。

うむ、中中辛辣ですが、全く反論出来ない自分がゐます。かうしてみると、改めて「ああ、筑紫氏は逝くのが早過ぎた。今こそ必要とされる時代はあるまいに」と、やはり他人頼みのわたくしは溜息が出るのでした。

ちよつと深刻な筆致となつてしまひました。わたくしの柄ではないのに、大いに反省するところであります。
では晩安大家。