源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
「動く大地」の鉄道トンネル
41_4Ny-hRiL__SX310_BO1,204,203,200_

「動く大地」の鉄道トンネル 世紀の難関「丹那」「鍋立山」を掘り抜いた魂

峯﨑淳【著】
交通新聞社(交通新聞社新書)刊
2011(平成23)年10月発行

鉄道を敷設するに当つては、山あり谷あり大河ありで、それらの障害を乗り越える為に橋梁を架け、トンネルを掘ります。
橋梁は建築中の様子がよくわかり注目されます。完成したら乗客は眺望を楽しんだりしてゐます。観光地スポット化する場合もございます。
一方トンネル工事は、一般人の眼に触れることはまづなく、完成して初めて、利用者としてその存在を認識するといふ程度ですな。車窓を愉しんでゐる汽車や電車の乗客は、トンネルに入るとチッと内心舌打ちし、「なんだ、またトンネルかよ」などと心無い事を言ひ放ちます。そんな方に、この『「動く大地」の鉄道トンネル』を読んでいただきたい。

第1章「日本の鉄道トンネル」は概観。日本の地層は諸外国と比較しても複雑なのださうです。どこを掘つても断層だらけで、活断層も少なくありません。いかに地質学が進歩た現在と雖も、トンネルは「掘つてみなければわからない」部分が残るとか。日本は英国などから鉄道技術を学んだ訳ですが、トンネル掘削技術については海外のノウハウはあまり役に立たず、結局日本人自らが切り拓いてきたさうです。

第2章「トンネルの造り方今昔」では、掘削技法の歴史を振り返つてゐます。これほどの工法の種類があるのかと驚きます。地質学の基礎すら知識がない当方としては、専門用語がぽんぽん出てくるので一々理解するのに時間がかかるのであります。わたくしが愚鈍なだけか。

第3章は「丹那トンネル」。日本のみならず世界に目を向けても、「丹那」は最難関クラスのトンネルでした。着手から完成まで16年を費やし、67名もの犠牲者を出した、悲劇の難工事です。わざわざ丹那トンネルに一章を割いてゐるのは、「日本のトンネル工事を知るには、また日本でトンネルを掘る人々を知るには、丹那トンネルの苦闘を知ることが一番」(「はじめに」より)といふ理由ださうです。

第4章では「鍋立山トンネル」の苦難を紹介。海千山千のトンネル堀り達が途方に暮れた、前代未聞の地層でした。こちらは休工期間があるとはいへ、何と22年の年月がかかつてゐます。海外の学者は「掘るべきトンネルではなかつた」と批判しました。しかしそれでも掘らねばならなかつたのであります。

第5章「日本の地質の特徴」では、日本列島の7つの地質体を解説。日本の地質はあまりにあまりに多様で変化に富むため、「地質基準」を策定するのも平成に入つてからと遅くなりました。さらに最新の研究成果を反映させるために、5年ごとに見直すのださうです。

終章は、「思い出のトンネル屋たち」。著者が忘れ得ないトンネル技術者たちを四名紹介してゐます。いづれも人間的魅力に満ちた、責任感ある人たちですが、決してトンネル屋の代表選手といふ訳ではなく、その誠実な生き方に著者は感動したのだと言ひます。

鉄道トンネルについて理解を深めるには良い入門書だと存じます。現在リニア中央新幹線でも、南アルプスを貫くトンネルの工事が始まりました。ここでも難工事が予想されてゐます。リニアはトンネルばかりで車窓が愉しめないだらうと文句を言ふ人が多いですが、本書を読んでトンネル屋の辛苦を少しでも知れば、乗車中に列車がトンネルに入つた時、今までとは違ふ気分で過せるでありませう。



スポンサーサイト
暗闘 尖閣国有化
51ZUztaHnRL__SX349_BO1,204,203,200_

暗闘 尖閣国有化

春原剛【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2015(平成27)年8月発行

現在もなほ続く尖閣周辺の緊張。そのきつかけとなつた2010年の中国漁船による海上保安庁の巡視船衝突事件の勃発から、野田政権が尖閣諸島を国有化するまでの経緯を、ドキュメントで描いてゐます。

漁船の船長を公務執行妨害で勾留したはいいが、その後の中国の猛反発、日本叩き、嫌がらせの数々が予想以上の規模になり、日中関係は最悪の事態となりました。結局、「国益を考へ」船長は釈放されるのですが、この時の世論は「中国の圧力に屈した」「弱腰外交」などと政府の対応を批判する声が多数だつたと思ひます。わたくしもその一人でしたが。
ところが、対応に当つた当時の野田佳彦首相や仙谷由人官房長官、前原誠司国土交通相、玄葉光一郎外相、長島昭久らの側には、いささか違つた風景が見えてゐたのでした......

さうかうするうちに、石原慎太郎なる御仁が、こともあらうに米国ワシントンでの講演にて、東京都が尖閣諸島を買ふと宣言しました。地権者との交渉にも自信満々で、政府がやらぬなら都がやりますと鼻息荒いのでした。しかし買取り後の中国の反発や尖閣沖への領海侵犯の恐れについては、その対策は国家にやつてもらふなどと宣つたのだとか。
国有化を水面下で、目立たぬやうに進めたかつた野田内閣の思惑は、朝日新聞の記事によつて破られてしまひます。案の定中国は国有化させぬやうに表裏で硬軟織り交ぜて動き出したではありませんか。国益上、報道を控へた方が良いニュースもあると存じますが、わが国ではさういふ配慮は全くないやうです。

国有化後の中国の動きに関しては周知の通りであります。この国に少しでも隙を見せると、完膚なきまで日本は叩かれます。自分たちが行つた国家的犯罪まで、「原因は日本にある」と国際社会に喧伝する。中国の正体を知らぬ各国は日本に対して「自制せよ」などと頓珍漢な事をいふ始末であります。かういふ事のないやうに、森本敏氏が主張するごとく粘り強く現状維持を保つていただきたいものです。
日本が実効支配してゐる尖閣で、相手を刺戟する行動をしても百害あって一利なし。いい例が韓国ですね。実効支配してゐる竹島に李明博がわざわざ上陸して以来、韓国は災ひ続きであります。事件、事故、汚職、スキャンダル......そして現在の大混乱。

巻末に長島昭久氏との対談が付されてゐます。「平時のコスト」「有事のリスク」については、我我ももつと考へる必要があるでせう。まだまだ国民的な議論にならないのが残念であります。しかし、米国ではトランプ政権が誕生することになり、嫌でも変化を受け入れざるを得ないかも知れませんね。
......などといふ事を、本書『暗闘 尖閣国有化』を読んでつらつら考へた次第であります。生々しいね。



狐狗狸さんの秘密
71twm2KguSL__SL500_SX308_BO1,204,203,200_

狐狗狸さんの秘密 君にも心霊能力を開発できる

中岡俊哉【著】
二見書房(サラブレッド・ブックス)刊
1984(昭和59)年8月発行

今月、中岡俊哉氏の生誕90年を迎へます。様々な超常現象を紹介してきた中岡氏ですが、本書『狐狗狸さんの秘密』は、いささか異色の一冊であります。
コックリさんですよ。狐狗狸は当て字ですな。しかしかういふ漢字を当てたせいで、動物霊(特にキツネ)が憑依するものと勘違ひする人が多い。

1970年代に、中高生を中心に大流行しました。専門的な知識もなく、遊び半分の軽い気持ちでやる子たちが多いので、各地でさまざまなトラブルが発生したのです。曰く、コックリさんが帰つてくれず取りつかれた。曰く、手が痺れて動かなくなつた。曰く、夜な夜な悪夢に苛まれる。曰く、幻聴幻覚に悩まされ日常生活が送れない。酷い場合は、精神科に強制的に入院させられ、霊障と信じて貰へずいつまで経つても退院できない人もゐたさうです。

漫画家つのだじろう氏は、危険だから絶対にやつてはいけないと作品上で厳しく警告しました。コックリさんといつても、それは自動書記による交霊術に他ならない。かかる簡単な装置で降りてくる霊などは、その辺をぶらついてゐるタチの悪い浮遊霊とか、よほど何かを訴へたい因縁霊か、曰くつきの霊魂であります。そんな霊が、一度呼び出された後、こちらの都合で「お帰りください」などと言はれても、簡単に「はいさうですか」と帰りません。一度呼んでしまへば、もう遅いのです。

ところが中岡氏の書きつぷりはどうでせうか。むしろ大いにやるべしとけしかけてゐるやうです。一応、巻末に「タブー集」など、注意する点を掲載してゐますが、実に簡単に済ませてゐます。やり方だけを知りたい子供なんかは、そんな箇所は読まないのではないでせうか。そしてこともあらうに、「狐狗狸さん占いは、神秘的ではあるが、あくまでも占いであり、ゲームであり、楽しく遊んでもらいたい」などと語るのです。ひよつとして、つのだ氏のいふコックリさんと、中岡氏のいふそれとは、違ふものかと思はせるほどです。そんな訳はないのですが。

コックリさんの各地のやり方の説明、海外のウィジャボードの解説、コックリさんの歴史などを手際よく記述し、そのメカニズムにも言及します。迷信なのか、心霊現象なのか?
そして心霊能力の開発方法まで開陳し、読者を煽つてをります。極めつけは、付録につけられたコックリの文字盤であります。あの、鳥居や五十音図が書かれてゐるアレです。さあこれを使つてみんなでやりませう......とでもいふのか。
正直怖いですな。この文字盤、何度燃やしてしまはうと思つたことか。しかしそれもまた怖い気がして、扱ひに困るのです。このまま古本屋に売るかな......

ここまで書いて、今の若人たちは「コックリさん」そのものを知らないのではないか、といふ疑念が湧いてきました。するとこの拙文は全く意味をなさないか。まあいいでせう。