源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
六番目の小夜子
51NAGKK9PFL__SX335_BO1,204,203,200_

六番目の小夜子

恩田陸【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2001(平成13)年1月発行

恩田陸さんが直木賞を受賞したといふ事で、デビユ作の『六番目の小夜子』登場であります。「幻の」とか「伝説の」などといふ冠が付く本作。何故だらうと思つてゐたら、著者自身が「あとがき」で説明してゐました。なある。
直木賞は、かつての新人発掘の意義はなくなり、今やすつかり中堅作家(時には大ヴェテランも)が受賞する文学賞になつてしまひました。恩田陸さんもデビユしてから、25年くらゐ経つのではないでせうか。まあ別段どうでもいいけど。

小説の舞台はある地方の高等学校。結構な進学校とお見受けしました。この学校では「サヨコ伝説」なる言ひ伝へがあり、三年に一度「サヨコ」が選出されます。先代「サヨコ」の卒業式に、次の「サヨコ」にメッセージが届けられるのでした。その正体は、代々の「サヨコ」しか知りません。で、「サヨコ」のやることは、一年にたつたひとつだけ。
そしてこの物語は、「六番目のサヨコ」の年の始業式に始まるのであります......うん、何だか面白さうぢやないかと期待させます。

物語の視点は固定されず、舞台となるクラスにゐる関根秋・花宮雅子・唐沢由紀夫らによる群像劇と申せませうか。そもそも「プロローグ」を語る「私」とは結局誰の事か、最後まで分からなかつた喃。そのクラスに、「津村沙世子」なる転校生がやつてきます。いつたい彼女は「サヨコ伝説」と関係が有るのか? 巻き込まれる形で「サヨコ伝説」に関はる事になつた関根秋は、友人設楽正浩とともに謎に迫るのですが......

お膳立ては中中凝つてゐます。「サヨコ伝説」の謎に迫る為に、設楽が計画した学園祭の「芝居」も興味深い展開であります。ここまで広がつた風呂敷をどのやうに収めるのか、気になるところです。読後の印象は悪くないし、まあ良かつたよね、といふ感じなのですが、疑問が疑問のまま終つてしまつた点が多いですな。
佐野美香子は付け火をした後どうなつたのか、津村沙世子は何故それを唆したのか、黒川先生の関与度はどれだけのものだつたのか、他にも色色と、何だかはつきりしないのであります。単にわたくしが重要な伏線とかを読み落としたのかなあ。
ま、いいや。デハ今日はご無礼いたします。



スポンサーサイト