源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
さよなら国鉄 最長片道きっぷの旅
o0642096013871383464.jpg

さよなら国鉄 最長片道きっぷの旅

種村直樹【著】
実業之日本社刊
1987(昭和62)年4月発行

国鉄解体30周年シリーズ(?)の第三弾は種村直樹氏。レイルウェイ・ライターとして、国鉄最後の日々を記録しやうと、国鉄最長片道切符の旅を敢行します。
む、それなら宮脇俊三氏もやつてるよね、と思つた貴方、種村氏のそれは、もう一つスケイルアップしてゐます。即ち、国鉄バス路線も含めた、文字通りの国鉄最長切符に挑戦したわけであります。

鉄道線だけでも最長ルートを探るのは困難を極めるのに、バスまで含めるなんて尋常ではありません。この種の話に必ず出てくる眼科医の光畑茂氏といふ方がゐますが、種村氏はここでも彼の力を借ります。その結果、起点は佐賀県の竹下町(バス停)、終点を北海道の鵡川としました。鉄道線12012.4km、バス路線5655.5km、航路113.0km、総計で17870.9km、運賃230450円の壮大な片道切符であります。

なほ、宮脇氏の時代には本州と四国を結ぶ国鉄連絡船が「宇高」「仁堀」と二つ存在したため、四国も片道切符のルートに含まれたのですが、種村氏の時には既に「仁堀連絡船」は廃止となつてゐました。そのため一度四国に入れば戻れない(同じ宇高航路で戻れば片道切符ではなくなる)ので、四国は割愛されてゐます。もつとも、番外で四国篇も収録されてゐますが。

さて実際に旅が始まると、予想通りバス路線での苦難が続きます。一日数本しかない路線はざらですが、さうかといつて短区間のバスに乗るために一日を無駄には出来ません。他社バスがある場合は代行乗車をしたり、タクシーで代行したり。あるいは季節運転の路線がルートに含まれてゐて、丸丸カットするケースも。
沿線風景をルポする取材ならともかく、今回は国鉄の姿を記録するのが目的であります。ならば他社バスに乗つても意味がないのではないかと思ひました。タクシー代行など、太川陽介さんが聞いたら激怒しさうです。やはり無理せず鉄道のみの最長切符で良かつたのでは。
そして極めつけに残念なのは、実は種村氏が辿つたルートは、最長ではなかつたといふ衝撃の事実。旅行後に判明したのですが、起点を竹下町ではなく、福岡県の姪浜にすれば、さらに12.6km長かつたさうです。ああ何たること。

とまあ色々残念なことはありますが、国鉄を見つめる種村氏の眼は確かであります。鉄道メイニアではなく、一利用者の観点からの辛口批評ですので説得力があるのです。まあ中には個人的不満の表明もありますが。
宮脇氏のそれが鉄道紀行文学作品となつてゐるのに対して、種村氏の作品はあくまでも記者の視点から国鉄の現状を記録してゐて、ここでも両者の違ひがくつきりと表れてゐるのが面白いですね。

さて随分久しぶりの更新で、いささか疲れました。おやすみなさいませ。




スポンサーサイト