源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
女帝エカテリーナ
41D-I3-OX5L__SX348_BO1,204,203,200_41K3OmHp_VL__SX351_BO1,204,203,200_

女帝エカテリーナ<上・下>

アンリ・トロワイヤ【著】
工藤庸子【訳】
中央公論社(中公文庫)刊
1985(昭和60)年10月発行


大尉の娘』からの流れで、『女帝エカテリーナ』。没後10年を迎へたアンリ・トロワイヤの登場であります。

エカテリーナ二世(最近の表記は「エカチェリーナ」が主流らしいが、ここでは本書の表記に従ふ。また原著では「カトリーヌ」になつてゐます)は、帝政ロシアの女帝。在位1762-1796。生誕名はゾフィー。ウルトラマンを助けに来る宇宙人とは無関係。

元元彼女はロシア人の血を全く受け継いでゐないし、特別な家柄でもなかつたのですが、伯父に当るカール・アウグストなる人物がかつてピョートル大帝の娘(後の女帝エリザヴェータ)と婚約者だつたといふ関係がありました。カール・アウグスト自身は直ぐに死去してしまひますが。
その縁で、エリザヴェータ女帝時代に、その後継者と目されたピョートル三世の嫁として白羽の矢が立つのでした。ゾフィーはエカテリーナとなり、ロシア正教に改宗します。しかしこの結婚生活は幸福なものではなかつた。

エリザヴェータの死後、夫のピョートル三世が即位しますが、彼はプロシアの方ばかり顔を向け、ロシアの国益を無視する政策ばかりだつたので、民衆の不満は爆発寸前。エカテリーナは世論に押されるやうな形でクーデターを敢行、自らエカテリーナ二世として即位するのでした......

いやあ、やはり評伝小説は面白い。可憐な少女時代から、権力の凡てを握るまで、エカテリーナはぶれません。目的のためには、あらゆる権謀術数も厭わない。しかし表面上は汚れ役から距離を置き傍観者を演じます。しかし愛人関係はだらしない。
特に息子のパーヴェル夫妻に対する態度は、かつてエリザヴェータ女帝から自身に向けられた仕打ちそのもので、歴史は繰り返すとはよく言つたものであります。
孫のアレクサンドルに権力の座を継がせる目的を達せないまま、自身は力尽きますが、死後数年経つて結局大望を実現してしまふところは、まるでドラマのやうな展開と申せませう。

改めて、アンリ・トロワイヤは良い意味の通俗小説家だと勘考します。工藤庸子さんの翻訳も素晴らしい。否、別に原書と突き合はせて読んだ訳ではありませんがね、多分素晴らしいのです。うむ。




スポンサーサイト