源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
ボクの音楽武者修行
ボクの音楽武者修行 (新潮文庫)ボクの音楽武者修行 (新潮文庫)
(2002/11)
小澤 征爾

商品詳細を見る

ボクの音楽武者修行
小澤征爾【著】
新潮社(新潮文庫)刊
1980(昭和55)年7月発行
2002(平成14)年11月改版


小澤征爾さんがまだ26歳の時に発表した手記であります。本書は各所で評判を取り、わたくしも読んでみたいと思ひつつ30年以上が経過してゐました。愚図愚図するにも程があらうといふものです。
読み始めると、たちまち夢中になり、あつといふ間に読み終へたのであります。口絵写真の若いことと言つたらないね。

小澤さんは24歳の時に、ヨーロッパへ「音楽武者修行」に出かけます。スクーターを入手したり、貨物船の乗船許可を得たりでは周囲の好意に甘える形になりますが、まあ偉人の快挙の影には大体かういふ援助があるものでせう。そのチャンスを見事に生かすところが凡人との相違と申せませう。

音楽家は概して文章が上手いですね。本書も例外ではなく、短めの文章がテムポ良く連発して、読者に心地良さをもたらすことであらう。



本日の夕方、名鉄豊田市駅の至近距離にある飲食店から出火し、周辺は大混乱でした。
丁度現場に居合はせたのですが、これほど間近で火事を見たのは初めてであります。土曜日の夕方といふこともあり、ただでさへ車の通行量が多いところへ、野次馬たちが蝟集し(スマホなぞで写真や動画を撮つてゐる)、ごつたがへしてゐました。
黒煙が空高く昇り、煙いのであります。消火活動は苦戦してゐるみたいで、中中煙は消えません。現場の北側に位置する年配女性向けの衣料店は、類焼を恐れシャッターを下ろし、営業を中止したやうです。
原因はまだ分からないけれど、最近豊田市内でも火事が多い。おそがいのであります...

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/103-fba26085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック