源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
四十八歳の抵抗
四十八歳の抵抗 (新潮文庫)四十八歳の抵抗 (新潮文庫)
(1958/10/30)
石川 達三

商品詳細を見る

四十八歳の抵抗

石川達三【著】
新潮社(新潮文庫)刊
1958(昭和33)年10月発行
2008(平成20)年3月改版

中高生の頃、出版社各社が出してゐる文庫解説目録を読むのが大好きでした。目録に目を通してゐると、ほとんどの本を読みたくなるのであります。
映画の予告篇と同じで、どんなツマラヌ作品でも、目録では面白さうに思へるのが良いですね。その愉しみは、しばしば実際の読書のそれを上回るのです。

そんな中で、新潮文庫解説目録で気になつてゐた一冊が、『四十八歳の抵抗』でした。自分が四十八歳になるまでには、必ず読まうと心に決めてゐたのであります。
それからたちまち年月が過ぎ、愚図愚図してゐるとわたくしもその年齢に達する恐れが出てきました。さっそく書店へ向ふと、店頭にはありません。名駅前のジュ○ク堂にもなかつたので、天損で取り寄せました。

で、ふとカバーの「新潮文庫 石川達三の本」リストを見て吃驚。何と本書のほかには『青春の蹉跌』しか無いではありませんか。かつては少なくとも40冊以上はあつたと記憶してゐるのですが、それが現在2冊とは。驕れる平家は久しからず。否、別に驕つてはゐないか。

さて本書の主人公・西村耕太郎は保険会社の次長さんです。タイトル通り48歳。定年が55歳の時代なので、あと7年を残すところであります。近く銀婚式を迎へる妻と23歳の娘と共に、まづまづの生活ぶり。
しかしこのまま定年を迎へ人生を終へることに、何か苛立ちを感じてゐるやうです。もつと他の生き方があるのではないか、それを探すのは「今でしょ」とばかりに、同僚の島田課長や部下の曾我法介からの危険な誘ひに乗つていくのでした...

小説としては面白かつたけれど、あまりにリアルな「四十八歳」の生態を見せ付けられて、我が身を振り返ると切なくなるのであります。やつぱりもつと若い頃に読んでをくべきだつたかなあ。
さう言ひながら、わたくしの眼前にも「曾我法介」が現れないかと待望する自分を発見するのでした。中年男性の心理は、発表された57年前と変つてゐないのですねえ。

そろそろ寝る時間です。西村次長と同じく、血圧高めのわたくしは休むことにします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/105-74292c5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック