源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
現代フランス文学作家作品事典
2__.jpg

現代フランス文学作家作品事典
佐藤朔/白井浩司/若林真【編】
講談社(講談社学術文庫)刊
1981(昭和56)年11月発行


本書の指す「現代」とは、二十世紀以降のことらしい。確かに十九世紀仏文学といへば百花繚乱、世界を代表する文学者を多く輩出したのであります。
従つて十九世紀仏文学については、概観する書物も多く充実してゐるのですが、一方二十世紀(特に第二次大戦後)の仏文学については、単品はともかくそれを俯瞰するかたちで述べるものが目立ちません。
少なくともわたくしが学生であつた時分はさうでありました。

そこで本書。1981年の初版だから既に30年以上前なのですが、画期的な書物ですよ、これは。
実は仏文科学生だつたわたくしも本書を愛用してゐました。何かと重宝します。ユウスフル。
ロマン・ロランからル・クレジオまで何と75名の文学者を収録してゐます。堂堂928頁のヴォリューム。事典の名に相応しいと申せませう。

作家一人につき、その簡略な評伝、評価、そして代表作の梗概で構成されてゐます。この梗概がまた良く出来てゐる。編者の一人である佐藤朔氏も述べてゐるやうに、梗概を書くといふのは大変な作業でありませう。労作とはかかる書物のことを指すのでせう。

あたまから読んでも良いし、事典らしく必要な箇所をまづ引いてみるのもよろしからうと。巻末の参考文献や年表も嬉しい付録であります。
残念ながら現在は絶版。しかし入手方法はあると思はれるので、興味の有る向きは調べてみてください。自分でね。

現代フランス文学作家作品事典 (講談社学術文庫 (390))現代フランス文学作家作品事典 (講談社学術文庫 (390))
(1981/11)
佐藤 朔

商品詳細を見る

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/118-663cd2fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック