源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
日本語と私
日本語と私 (新潮文庫)日本語と私 (新潮文庫)
(2003/06)
大野 晋

商品詳細を見る

日本語と私
大野晋【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2003(平成15)年6月発行


大野晋氏が亡くなつてもう5年が経つのであります。井上ひさし氏、丸谷才一氏も鬼籍に入り、日本語の番人と呼べる人たちが少なくなつてしまひました。
その昔、英語教育の泰斗たる故・松本亨氏がその半生を語つた、『英語と私』といふ本がありましたが、これはその日本語版とでも申せませうか。

実家である東京の下町・深川の思ひ出を読みますと、父親から与へられた『広辞林』『字源』がその後の大野氏の方向性に影響を与へたのではないかと思はれます。
特段に教育熱心とも見えない商人の父親がナゼ? と不思議に思ひますが、書画を好む人だつたさうなので、その関連でせうか。
わたくしの父も別段読書家ではありませんが、ナゼか家には新潮社版「現代日本文学全集」全50巻があり、これが無ければわたくしは本好きになつてゐたかどうか。

単なる自叙伝ではなく、日本語研究の実際をうかがふこともでき、まことに興味深いのであります。地道ですねえ。また、日本古典作品に記載がある「校注」とか「校訂」といふのが、かくも大変な作業であつたとは。今後は心して読む。

日本語の源流を求めて「タミル語」に行き着く。これに関しては誹謗中傷がひどかつたやうです。無論わたくしには判定する知識も能力もないのですが、井上ひさし氏が「学者大野晋を信じるが故に彼の学説をも信じる」と語るのに賛成するものであります。

さはやかな読後感。感動の一冊と申せませう。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/122-33b59e03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック