源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
毒男の婚活
アフタヌーン新書 013 毒男の婚活アフタヌーン新書 013 毒男の婚活
(2009/09/09)
原口 博光、岩崎 大輔 他

商品詳細を見る

毒男の婚活
原口博光/岩崎大輔【著】
講談社(アフタヌーン新書)刊
2009(平成21)年9月発行


ゆゑあつて、かういふ本も読むのであります。
なぜアフタヌーン新書から婚活の本を出すのか、謎と感じるところですが、それはどうでもいい。
話題に疎いわたくしには、「毒男」なる言葉は初見でした。どうやらネットの世界で誕生した用語らしいですね。
独身男だから「独男」でいいやうな気がしますが、あへて毒男としたところに彼ら自身がへりくだつてゐる姿勢が透けて見えます。(本当かな)

キハモノ的な書物かと思ひきや、案外真面目な婚活本でした。特に後半の、少子化対策に関する部分では、日本政府はまるでやる気がないのが窺へ興味深い。産めよ殖やせよ政策と思はれると困るので、何かと尻込みしてゐるさうです。
さうぢやないのになあ。子供が欲しくない人たちに対して「さあ子供を作れ」といふ訳ではないのに。子供が欲しいのに経済的理由などで断念せざるを得ない人たちを減らさないと、将来がないわね。

著者の一人である原口氏は、元経済産業省の官僚ださうです。しかし組織の中では効果的な少子高齢化はできないと感じ、役所を辞めて自らNPO法人(日本ライフデザインカウンセラー協会=JLCA)を立ち上げ、信用できる結婚相談所のマル適マーク(CMSといふさうです)の普及に努めてゐるといふことです。

そのJLCAの宣伝臭も漂ひますが、婚活初心者に対するアドヴァイスはいづれも有効なものであります。婚活入門書として、女性向には『必勝婚活メソッド(山田由美子著)』を推薦してゐるわたくしですが、男性向なら間違ひなく本書が該当しますな。
ま、この種の本に嫌悪感を抱く方は、無視してくだされ...

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/125-ff58fbc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック