源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
整理学
整理学―忙しさからの解放 (中公新書 13)整理学―忙しさからの解放 (中公新書 13)
(1963/05)
加藤 秀俊

商品詳細を見る

整理学―忙しさからの解放
加藤秀俊【著】
中央公論新社(中公新書)刊
1963(昭和38)年5月発行


この本が書かれた昭和38年とは、翌年に東京オリムピックを控へ、日本中が沸き立つてゐた頃。わたくしはまだ生まれてゐませんが。
高度成長の真つ只中で、当然経済活動も活発化し、情報も無差別に飛び交ひはじめた、さういふ時代であります。
 
ひつきりなしに、問答無用で我が身を襲ふ資料や書類。特に当時は今のやうに「ペーパーレス」なんて概念はほとんどなかつたでせうから、紙の洪水の中で仕事をしてゐたのでせう。
当時のサラリーマン映画やドラマの中で、上司が部下に「これ、明日までに頼むよ」などと言つて、山のやうな書類をドスン!と机に乗せるシーンがしばしば見られました。いはば紙の量=仕事量で、多忙な人ほど、その整理の必要性が高まつてゐたのです。

そんな時代背景の下、著者と友人たちとの雑談の中で、「整理学」なる造語が誕生します。
言い出しつぺは誰なのか判然としないさうですが、まあそれはどうでもいい。とにかく、この夥しい量の資料をなんとかせんといかんね、といふ発想が当然出てきます。

そんな昔の話、現在のIT社会とやらに何の役にも立たんよ、と思ひますか。たぶんさうではないと、わたくしは勘考します。何故なら、本書では「記録」「分類」「いれもの」に注目してゐるのですが、これらは最新のメディアでもやはり重要なファクタアとなつてゐるからです。
そして、著者の次の言葉に象徴される、整理の「本質」は未来永劫変らないのではないでせうか。

「...あらゆる「整理」は暫定的なものである。(中略)「忙しさからの解放」といっても、ラクな解放感をうけとっていただいては困る。整理は、人間にとっての、楽しい、そして無限の苦役の一つなのだから」(「まえがき」より)

さう、整理は面倒くさいなあといふ面があるのと同時に、楽しみでもあります。本書でその楽しみ方も伝授して貰ひませう。

では御機嫌好う。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/130-3c7a3775
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック