源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
意気に感ず
意気に感ず (角川文庫 緑 224-34)意気に感ず (角川文庫 緑 224-34)
(1980/05)
源氏 鶏太

商品詳細を見る

意気に感ず
源氏鶏太【著】
角川書店(角川文庫)刊
1980(昭和55)年5月発行


源氏鶏太を知る人も尠なくなつたことでせう。
かつては書店の文庫本の棚を我が物顔で占領してゐた源氏氏も、現在は古本屋ですら僅かしか見られません。流行作家の常であります。

大衆の支持を集めた理由としては、①主人公は庶民派の快男児が多く、共感を呼んだ。②古来よりの王道である勧善懲悪が徹底してゐた。③虚飾のない実直な文章が分かり易く、すいすい読める。④以降もいろいろあるだらうけれど、とりあへずそんなところで。
実際、『天上台風』なんて作品は、昔の小さい文字でページにびつしり字が詰まつてゐて、それが800ページ以上もある小説ですが、半日もせずに読了してしまひました。これはちよつとをかしいくらゐだ。

マイトガイの映画「意気に感ず」を観たので、その原作を読まうと取り出した一作であります。
主人公・志田英吉くんは、30歳手前の会社員。金はないが、女性にはモテるらしい。この彼に、ライヴァル会社の女性社員から面会が。
要件は、好条件の引抜であつた。月給を現在の会社の倍を支払ひ、しかも支度金まで出すといふのです。
会社を辞める気のない志田君は、断る心算で、今夜君を抱けるなら承諾すると返答します。とんでもない奴です。
果たせるかな彼女から即座に平手打ちを喰らふのでした...そりやさうです。
ところが、いつたん去つた彼女は、再び志田くんの前に現れ、条件を呑むといふではありませんか。いつたいどうなつてゐるのでせうか...?

王道サラリーマン小説に、企業ミステリーの要素も絡めた娯楽小説と申せませう。殺人は起きないけれど。
機会があれば、是非手に取つてみてください。
ぢや、これにて失礼。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/137-fa23b7a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック