源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
考える人
考える人 (新潮文庫)考える人 (新潮文庫)
(2009/01/28)
坪内 祐三

商品詳細を見る

考える人
坪内祐三【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2009(平成21)年1月発行


『考える人』。実に大雑把かつ壮大なタイトルであります。
坪内祐三氏がいふ考へる人とはどんな人か。そもそもどんな人でも、深浅の相違こそあれど考へる人でせう。本書では、トップの小林秀雄からトリの福田恆存まで16名選抜して論じてゐます。

この16人の中には、ちよつとわたくしが苦手な(ありていに言へば嫌ひな)人物も混じつてゐますが、さういふ人でも坪内氏の筆にかかれば、なんだか魅力的に思へてきて「いつちよう、今度読み直してみますかな」と思はせるに十分なのであります。
今わたくしは「筆にかかれば」と書いてしまひましたが、坪内氏は実際には恐らく「筆」は駆使してゐないのではないかなあ、とも思ひます。もとより比喩表現としての「筆」ではありますが、きつとこれも福田恆存氏の非難する、良くない紋切り表現の一例なのでせう。

印象的な部分をひとつ上げますと、武田百合子氏にとつての「考へること」が、「見ること」と繋がつてゐるといふくだりであります。『日日雑記』を例にとり、「動物的な反射神経のよさ」を指摘しました。ほほう。一見好き放題に書いてゐるやうですがね。

わたくしが読んだことがある作家の作品も、本書の視点からもう一度読むと、新しい発見がありさうです。



今年も成人式の季節がやつてきました。わが豊田市内も、着飾つた男女の新成人が街を闊歩してをります。
全国各地で、毎年阿房な新成人がいろいろ騒ぎを起してマスコミの好餌となるのであります。幸ひ豊田市ではいまのところさういふ恥づかしい事例は無いやうでなにより。
若者の質的低下を問ふ声は昔からあるけれど、わたくしがこの数年感じるのは、今の若人たちは平均して行儀が良いといふこと。良い意味でね。若いのに分別があるといふか。それに比べたら我我中高年世代や、その上のぢぢい世代の方が余程「世間知らず」で、困つた人が多いと感じます。ま、かういふ人たちの運営してきた我が国ですからね...

おつと余計な事を申しました。ではご無礼します。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/146-0c53fc3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック