源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
在日米軍司令部
在日米軍司令部 (新潮文庫)在日米軍司令部 (新潮文庫)
(2011/09/28)
春原 剛

商品詳細を見る

在日米軍司令部
春原剛【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2011(平成23)9月発行


冒頭に「在日米軍主要配置図」が掲載されてゐます。改めて見ますと、やはり多いですね。
うち沖縄には陸海空海兵隊すべてが配置されてゐて、常に「基地問題」でもめてゐます。
沖縄人は「本土の人間には我我の気持ちは分からない」としばしば口にしてゐますので、きつとわたくしにも分つてゐないのでせう。

実は北谷町に親戚がゐまして、二度ほど訪れたことがあります。嘉手納基地が近距離にある筈なのに、実に静かでした。
「たまたま今日は静かなのか?」と聞くと、「いつもこんな感じ。普段は特に近くに基地があるなんて意識してない」との返答でした。ふうん。実際に行つてみないと分からぬ事はあるものだなあ、と勘考する次第です。

といふやうなウェットな話は、本書『在日米軍司令部』ではほとんど出てきません。在日米軍のそもそもの成立ちからその位置付け、歴史、現状をリポートした一冊でございます。
その歴史はそのまま日米関係(日米同盟)の歴史であることが分かります。米軍が日本に駐在してゐなければ大変なことになる、と思はせます。著者の面目躍如たるものがありますな。わたくしも術中に陥る。

まあ著者の立場とか主張は別にしても、在日米軍をめぐり、日米双方で様様な外交官や司令官が我我の知らぬところで汗を流してゐた、といふ事実は知つてをいて損はありますまい。
本書を読めば、最近の安倍晋三首相の動きに「なるほど」と納得するのであります。意見は様様でせうが。

...腹が痛いので、これにてご無礼します。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/156-13e65e0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック