源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
古都
古都 (新潮文庫)古都 (新潮文庫)
(1968/08/27)
川端 康成

商品詳細を見る

古都
川端康成【著】
新潮社(新潮文庫)刊
1968(昭和43)年8月発行
1987(昭和62)年4月改版
2010(平成22)年1月改版


京都の伝統文化や風物を背景に、千重子と苗子といふふたごの姉妹の物語が繰り広げられます。美人姉妹なのだよ。
ふたごといつても、赤子の時分に千重子は捨子にだされてしまひ、それぞれ異なる環境で育てられ成長するのであります。千重子は、苗子の存在すら知らなかつたのですが、苗子は事情を聞かされてゐたやうで、千重子に「あんた、姉さんや」と話しかけるのでした...

良き時代の京都を活写し、観光案内の役割まで担ふ本作品。JR海ではないが、『そうだ 京都、行こう。』と思はせる内容になつてゐます。戦後の川端作品の中では、やはり『眠れる美女』とこの『古都』が代表作と申せませう。
しかし『眠れる美女』は、わたくし好みの少しやばいテイストが底流にありますが、『古都』では、まことにまつすぐな小説であります。千重子のやうに。

ところが作者によると、『古都』を執筆当時の作者は、睡眠薬を多様したりして何かと不安定な精神状態だつたらしい。
かつて芥川賞を落選した太宰治に対して「目下の生活に厭な雲ありて」と、作品の完成度とは関係ない次元の指摘をしましたが、ここでは川端氏本人が生活に厭な雲があつたのでせう。
なので、当初はその影響が出て、辻褄の合はぬ箇所などがあつたとか。出版の際に、校正でさういふ部分は修正したと本人の手記にあります。
ゆゑに、現在わたくしたちは、安心してこの美しい物語を堪能できるのであります。

ひとこと、映画について。
何度か映画化やTVドラマ化されてゐまして、その中でも岩下志麻さんが主演した松竹作品版が好きなのです。当時の岩下さんは絶品であります。彼女の怖いイメエヂしかない人は、是非観るとよろしい。
山口百恵さんの東宝版は観てゐません。三浦友和さんの出番を増やすために、原作にはない登場人物を作つてしまつたといふことで、気分が殺がれるのでした。

ぢやあ今夜はこんなところで、ご無礼します。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/161-5b081fec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック