源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
今すぐ乗りたい!「世界名列車」の旅
今すぐ乗りたい!「世界名列車」の旅 (新潮文庫)今すぐ乗りたい!「世界名列車」の旅 (新潮文庫)
(2009/05/28)
櫻井 寛

商品詳細を見る

今すぐ乗りたい!「世界名列車」の旅
櫻井寛【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2009(平成21)年5月発行


写真家の櫻井寛さんが、世界各国の名列車―超特急・豪華列車・高山列車など―を取材・紹介した一冊であります。
日本のいはゆるテツどもは、わりかし内弁慶なところがあつて、鉄道好きと言ひながらその対象はほとんど日本国内に限られてをり、海外の鉄道にも詳しい人は少数派と言つても宜しいでせう。わたくしもさうなのだけれど。(わたくしはテツぢやないけどね)

近年は海外の鉄道事情を紹介する書籍やテレビ番組などがかなり一般的になつてきてゐますが、その担い手の一人が櫻井寛さんと申せませう。
本書は割と薄い本なのに、その中に45もの列車・路線が紹介されてゐます。いきほひ一つの列車に割かれるペイジ数は少なくなり、物足りないのであります。勿体ない。これは、新聞連載のコラムだつたことに起因するので致し方ないことではあります。

ゆゑに、一つひとつに言及する余裕がないのであります。ま、その中でも「今すぐ乗りたい!」級の列車は、わたくしの場合「阿里山森林鉄道」「ロムニー鉄道」「タルゴ」「シャーフベルク鉄道」「ロボスレイル」「ブルートレイン」といつたところですかな。たぶん死ぬまでに一つ実現すれば上出来でせうが...

やはり本職だけあつて、写真はどれも素晴しいですね。むしろ写真をメインにして、カラー版で出せば良かつたのにと思ひます。
では文章は(?)かといふと、さうでもない。写真家の方は文章を書かせても表現力豊かで読ませる人が多いのです。櫻井氏も例外ではありません。つまり、おすすめの一冊。

わが日本でも、かかる列車たちに伍するものが現れる日が来るでせうか。JR九は超豪華寝台列車「ななつ星in九州」の運行を始めましたが、個人的には「ちよつと違ふな」といふ感じです。いつまでも水戸岡鋭治さんに頼るのもどうかと。
...なんてことを言ひながら、もしチャンスがあれば、嬉々として乗るのは間違ひないのですがね。ふふ。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/166-d4a9aa7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック