源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
時刻表おくのほそ道
jikokuhyouokunohosomiti.jpg

時刻表おくのほそ道
宮脇俊三【著】
文藝春秋(文春文庫)刊
1984(昭和59)年1月発行


「地方の片隅で、貧しく汚く、しかし、赤字に堪えて頑張っている小さな鉄道に乗って、その尻を撫でさすってきましょう」
と私は上機嫌で言った。
「助平なんですね」
「誰だってそうでしょう」
「そりゃそうですね」
と彼は言った。

(本文より)

上記は、本書『時刻表おくのほそ道』の概念とは何かを端的に示す部分と申せませう。文中の「私」とは宮脇氏、「彼」は文藝春秋の編集者であるところの名取昭氏であります。
宮脇氏は言ふまでもなく時刻表の愛読者。時刻表を読むと、乗りに行きたくなるのです。

しかし時刻表はJR線を中心に編集されてゐて、私鉄線は巻末に追ひやられ、しかも抄録なのです。その私鉄線の中でも、大手ではない地方の零細私鉄にいたつては、始発と終電のみの掲載で、「この間約○分毎」などと簡単に片付けられてゐるのでした。ああ可哀想に。

そんな状況ですから、冒頭の宮脇氏の発言も首肯できるところなのです。本書に収録された地方鉄道は27社、いづれも経営が厳しく、2014年現在はざつとその半数が姿を消してゐると思はれます。したがつて今となつては貴重なルポなのです。
本作品で特筆すべきは、同行する編集者の存在でせう。元来宮脇氏は一人旅を旨とし、仮令同行者がゐてもそれを肴にすることはなかつたのであります。
それが今回は文春の名取昭氏、明円一郎氏との二人旅であることを逆に売り物にしてゐるフシがあります。「おくのほそ道」だから河合曾良の役柄が欲しかつたのか。(筆者は否定してゐますが)

本書の後、宮脇氏は編集者との二人旅が増えていきます。それまで自ら禁じてゐた「同行者を肴にする」ことを解禁したやうです。『阿房列車』の世界を継ぐ『旅の終りは個室寝台車』なんかは好例と申せませう。
さういふ意味で、この作品は一つの転機となつた存在であると、わたくしは一人勝手に睨んでゐるのであります。
色色な意味で興味深い一冊なのです。

時刻表おくのほそ道 (文春文庫 (331‐1))時刻表おくのほそ道 (文春文庫 (331‐1))
(1984/01)
宮脇 俊三

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/175-561bc70e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック