源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
一勝九敗
一勝九敗 (新潮文庫)一勝九敗 (新潮文庫)
(2006/03/28)
柳井 正

商品詳細を見る

一勝九敗
柳井正【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2006(平成18)年4月発行


著者は、ご存じユニクロを運営するファーストリテイリングの柳井正社長です。
商売は失敗が付き物で、十回新しいことを始めれば九回は失敗するといふことから本書のタイトルが付けられてゐます。逆にいへば、新しいことに挑戦しない人にはそれが理解できないのでせう。

柳井社長は、あくまでも我流ながら自分の頭で考へて行動した結果、先行するチェーンストア企業各社がかつてぶつかつた壁を乗り越えてきました。これは中中大変なことで、柳井社長の卓越した経営手腕が窺へます。
たとへば紳士服からカジュアルウエアへの転換。多店舗展開するチェーンとしては、対面式(紳士服)よりもセルフ式が有利だといふことです。

また、店長が会社の主役と位置付ける姿勢。とかく小売店・飲食店の店長は激務であります。プレイングマネジャーとして大車輪の働きをしながら、本部のスタッフやなんとかマネジャーとかからは上から目線で扱はれます。
ところがユニクロでは「店長が最終目標」だと言ひます。本部のいふことを聞くだけの店長ではなく、店舗の経営者としての店長。さういふ労働環境ならば多少の激務も苦にならないのでは。

本書の内容については、一から十まで「その通り!」とは思ひません。しかし日本の服飾事情を大きく変へたユニクロであります。少なくともサービス業に携る人にとつては、柳井社長の言葉は傾聴するに値するものと申せませう。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/197-aa659996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック