源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
鉄道の音
鉄道の音 (アスキー新書)鉄道の音 (アスキー新書)
(2009/03/10)
向谷 実

商品詳細を見る

鉄道の音
向谷実【著】
アスキー・メディアワークス刊(アスキー新書)
2009(平成21)年3月発行


「モンド21」といふCSチャンネルで、「鉄道マニア倶楽部」なる番組がありました。(今もリピート放送してゐるやうです。)
鉄道アナリストの川島令三さんと、本書の著者向谷実さんが出演するメイニアックな番組です。私は元々川島さんを目当てに視聴してゐたのですが、向谷さんの言動が面白い! そして実に鉄道知識が豊富で驚きました。また、ゲームソフト「Train Simulator」の制作者といふことも知り、2度びつくりしたものであります。私は以前「Train Simulator」の名鉄犬山線バージョンで遊んでゐたのに、迂闊な話であることだなあ。

この本は向谷さんらしく、とことん音にこだはつたメイニアックな内容になつてゐます。分量にして本書のほぼ半分を占める「資料」がまた深い。ずぶずぶですね。逆にいふと、本文が少ないのであつさり読み終へます。とても興味深い話なのに少し物足りない。あるいは口述筆記でせうか。
いづれにせよ、「アスキー新書」ならではの1冊といふ気がします。
ではさやうなら。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/210-05941e3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック