源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
人を動かす
人を動かす 新装版人を動かす 新装版
(1999/10/31)
デール カーネギー、Dale Carnegie 他

商品詳細を見る

人を動かす
デール・カーネギー【著】
山口博【訳】
創元社刊
1958(昭和33)年11月発行
1982(昭和57)年12月改版
1999(平成11)年10月改版


今勤めてゐる会社で、「箱研修」といふものを受講しました。これはなかなか良いものです。
社内のインストラクターが講師をつとめたもので、本式のものではありませんが、それでも充分さはりは伝はりました。誰もが内面に持つてゐる「自己欺瞞」を解明します。ほら、すぐ君は「箱」に入るんだから。もちろん私も。
「箱研修」については、以下のようなサイトがありました。のぞいてみませう。

http://www.arbingerjapan.com/seminar/voice2/index.html

この『人を動かす』は、すこぶる有名な自己啓発本ですが、自分が「箱」に入つてゐるかどうかを判定したり、「箱」に入つてしまつた身近な人との付き合ひ方を探つたりするのにも使へますね。
以前在籍してゐた会社で薦められて購買したのですが、何となく読まずにそのまま20年近くが経過し、今回やうやく読破したのであります。
当時はこの本の存在を知らず、カーネギーと聞いてもアンドリューと勘違ひして、「ん?鋼鉄王か?」などと言つてゐた。
そもそも「人を動かす」なんて不遜な感じがして、それも長らく本書を敬遠してゐた原因のやうな気がします。
しかし今回読んでみて、なるほどこれは評判になるだけのことはあるなあ、との感想を得ました。もちろん本書で述べられてゐる原則をそのまま行動できる人は稀でせう。たまさかできたとしても、その通りに人が動く保証もありません。
むしろ、自分が人間関係で問題を抱へてゐる時に指針を与へてくれるものとして受止めると良いでせうね。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/221-01df9f24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック