源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
日本語のために
日本語のために (新潮文庫 ま 2-2)日本語のために (新潮文庫 ま 2-2)
(1978/10)
丸谷 才一

商品詳細を見る


日本語のために
丸谷才一【著】
新潮社(新潮文庫)刊
1978(昭和53)年10月発行


日本語といへば丸谷才一。丸谷才一といへば日本語。そんなイメエヂを強烈に植ゑ付けた一冊であります。「硬い評論と軟い随筆が同居してゐる風変りな本」(「あとがき」より)は、この後も『遊び時間』シリーズなどで継続されていきます。
国語教科書に関しては、本書が書かれてゐた時期、まさしく私は小学生だつたので、取上げられてゐる教科書には一部覚えがあります。ありましたねえ、子供に書かせた詩(のやうなもの)。理由ははつきり分からなかつたものの、読んでゐてとても恥づかしくなつた記憶があるのです。
教科書に載つた詩で、私が一番印象に残つてゐるものは、三好達治「土」であります。かういふのはやはり解釈よりもまづ感じることが先なのでせうね。

私が本書で最も衝撃を受けたのは、引用されてゐる志賀直哉の文章です。何と、日本の国語をフランス語にしやうといふ提案をしてゐるではありませんか。日本の文化の進展が阻害されてゐるのは、日本語のせいだと。それも自分の確固たる信念があるわけでもなく、「フランス語が一番よささうな気がするのである」...丸谷氏は「まつたく無茶苦茶な議論で、馬鹿につける薬はない」と断罪してゐます。そして更に不幸なことに、この意見はその辺のおやぢが酔つ払つて与太を飛ばしてゐるのではない、といふことですね。小説の神様といはれた、日本を代表する作家の発言であるといふことであります。まつたく暗夜行路ですなあ。
日本語ブウムといふのが断続的に起りますが、その都度本書に立ち戻り、大勢にミスリードされることなく一人ひとりが考へる責任があると申せませう。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/225-fde3c2d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック