源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
日本人の知らない日本語
日本人の知らない日本語日本人の知らない日本語
(2009/02/18)
蛇蔵、海野 凪子 他

商品詳細を見る

日本人の知らない日本語
蛇蔵&海野凪子【著】
2009(平成21)年2月刊
メディアファクトリー発行


本書内にも少し言及がありますが、真面目な外国人が真面目に日本語を勉強しますと、とてつもなく上達が早いものであります。平均的な日本人よりも日本語が上手になることも珍しくありません。
私は数年前、中国(広西チワン族自治区)の日本語学校で、その授業風景を見学する機会がありましたが、生徒さんたちはまことに真剣・熱心、表情にまやかしがなく、なるほど上達するはずだと感動した次第であります。
未だに「日本語は世界でも最も習得が難しい言語のひとつである」と思ひたがる日本人がゐます。ま、簡単ではないでせうが、外国の学習者に言はせると、日本語は母音が極端に少なく、発音も単純なので、会話はわりと簡単であるさうです。(表記法は難しいと述べてゐた。)
先達てのイタリア・ラクイラサミットでも、某国の麻生なにがしといふ首相が、質問した外国人記者に対して、「どこで日本語を勉強したのか。日本の新聞社の人よりもうまい」などと先入観にみちた発言をしてゐましたね。かういふ物言ひは失礼だと思ひました。そんなことよりも、この人は漢字の勉強でもした方が良からうと存じます。

日本語学校教師であるなぎこ先生の原案を、蛇蔵さんといふ奇妙な名のイラストレーターが面白をかしくコミックに仕立ててゐます。
私もなぜか外国人の日本語学習者が周囲に結構ゐますので、「うんうん、さうだねえ」と頷きながら爆笑する場面がいくつもあります。
彼らがカタカナに苦戦するといふのはどうやら本当で、実際に「チョコレトー」と書く人を私は知つてゐます。「ジャガイモ」といふ表記を、「ガジャイモ」と発音して正しいと疑はない人や、「苦心さんの携帯はどこの会社ですか。ソフトバンク? それともコドモ?」と私に質問する女性もゐまして、退屈しません。
蛇蔵さんによると、第二弾の出版予定があるといふことです。こちらも愉しみですね。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/230-641e0e39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック