源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
中国語エッセイ 小点心
中国語エッセイ 小点心 ~あっさり味の日中文化論中国語エッセイ 小点心 ~あっさり味の日中文化論
(2005/07/16)
陳 淑梅

商品詳細を見る

中国語エッセイ 小点心 あっさり味の日中文化論
陳淑梅【著】
NHK出版刊
2005(平成17)年7月発行


この4日間、所用で中国の南方へ行つてゐました。行く直前に読んだのが、この本。
著者の陳淑梅さんは天津出身で、NHKラジオで中国語講座の講師を務めた方です。私もリスナーのひとりでした。
「中国語エッセイ? 自分には読めないよ」などと心配する必要はありません。なぜなら後半に全文の日本語訳がついてゐるからです。やさしく書かれてあり、字も大きいのであつといふ間に読めます。

実際に中国へ行つて大いに頷いたのは、食事の際にごみをポイポイと周辺に捨てることであります。私は不慣れなので適当な場所に捨ててゐましたが、中国人の友人は「私は中国人だから捨てるー」と平気でその辺に捨ててゐました。
食べ物が置いてある同じテーブル上にごみがあるのは、まことに不衛生である、といふ思想のやうです。また、食べ物屋の取り皿は基本的に1枚だけなので、別の料理を皿にのせたくて店員に「別の皿をくれ」と頼んでも、店員は皿を持つて来ずに、いま皿にのつてゐる料理をポイ、と捨てて「ほら皿が空いたぞ」とばかりに私に突き出すのでした。

もうひとつ、私の実体験と重なる話がありました。中国語では「かゆい」も「くすぐつたい」も同じく「痒」といふ言葉をつかふので、中国人はこの両者の区別がつかないのであります。
陳淑梅さんも以前は区別がつかず、当時4歳の娘さんに聞くと、身体を掻きたくなるのが「かゆい」で、笑ひたくなるのが「くすぐつたい」だと説明されて納得したとか。
私も以前、中国人にまつたく同じ説明をしたので、おお、4歳児と同じレベルか、と思ひました。

ほかにも、贈り物を渡す時の注意や、人に呼びかける時の日中の相違など、知らないと冷や汗をかきさうな知識が得られます。外国語を学ぶといふことは、同時にその国の文化を学ぶ事であるとはよく言つたものでありますね。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/244-688e6283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック