源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
項羽と劉邦
項羽と劉邦 (1) (潮漫画文庫)項羽と劉邦 (1) (潮漫画文庫)
(2000/11/01)
横山 光輝

商品詳細を見る

項羽と劉邦 1
横山光輝【著】
潮出版社(潮漫画文庫)刊
2000(平成12)年11月発行


家人がまとめ買ひしたのを、自分も読ませてもらひました。
周知のやうに、横山光輝さんは5年前に自宅の火災により亡くなりました。
原因がタバコの不始末だといふのを聞いて、やりきれない思ひでしたね。あの超大物漫画家がかういふ最期をとげるとは、ファンは悔しかつたでせう。「項羽と劉邦」を全部一気に読んで、改めて残念に思ひました。

いはゆる楚漢戦争を中心に描かれてゐます。張良先生が秦の始皇帝暗殺に失敗する話から始まるのであります。ちなみに漫画家のつのだじろうさんは、自分は秦の始皇帝の子孫である、と述べてゐました。ふむう。
楚の懐王は、項羽と劉邦の2人に楚への進軍の際に、先に関中に入つた方に王を名乗らせると約束します。しかし項羽は劉邦に先んぜられたにも関らずこの約束を無視し、劉邦を攻めんとするのです。
劉邦は「鴻門の会」で、いやいや項羽さん、あなたに刃向うつもりはありませんよ、と弁明をして命拾ひする。張良先生の働きが特筆物であります。しかしその後軍事の天才・韓信を得た劉邦は勢力を増して行くのでした。

両者の戦ひは、司令塔-軍師-武将の関係の違ひが結果を左右したのでありませう。
劉邦は張良・韓信に信頼を寄せ、その実績に恩賞を出すが、項羽は亜父とまで呼んだ范増さへ信頼せず使ひこなせなかつた。もし項羽が范増の意見を入れて、鴻門の会で劉邦を亡き者にしてさへいたら、その後の展開はまるで違ふものになつただらうに。また、韓信を重用しなければ殺せといふ進言も無視するのでありました。これでは范増ならずとも、愛想を尽かしたくなるといふものです。

項羽の死までを描き、漫画は終つてゐます。一番美味しいところを抽出した感じですね。日本人が好む部分といふか。韓信の悲劇も、劉邦の粛清も見なくて済むのです。
自らの絶対的な力を信じ配下を軽んずる項羽と、自分の力量を知り有能な部下を使ひこなして結果を出した劉邦。日本でもさまざまな場所で教訓として語られますが、本国である中国では項羽の人気があるやうです。私の知り合ひの中国人数人に聞いたところ、全員が「劉邦は嫌ひ。あれは悪い奴だ」と吐き捨てるやうに語るではありませんか。項羽の方が好感が持てるのださうです。
もつとも、サンプル数が少なすぎ、さらにその全員が女性なので、はつきりは言へませんが...

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/263-472fa112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック