源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
紅い椿の花咲く森に
加藤芳明フォト・エッセイ集〈13〉紅い椿の花咲く森に (加藤芳明フォト・エッセイ集 (13))加藤芳明フォト・エッセイ集〈13〉紅い椿の花咲く森に (加藤芳明フォト・エッセイ集 (13))
(2008/12)
加藤 芳明

商品詳細を見る

紅い椿の花咲く森に
加藤芳明【著】
遊人工房刊
2008(平成20)年12月発行


一年の終りは、難しくて暗い本はやめて、かういふほのぼのしたのがよろしい。
加藤芳明さんの、現在のところ最新のフォト・エッセイ集であります。(第13集)

第1集「早春の小鳥たち」以来、清冽な印象を残す写真と詩で、独自の世界を展開してゐます。
手に取つてみると、つい時間を忘れて見入るキレイな写真です。
「森の生命」とか「自然への回帰」といつたところがテエマでせうか。
プレゼントブックにもおすすめであります。

実は、書店員の頃、加藤芳明さんの自宅にお邪魔したことがあります。
当時このシリーズは、トーハンや日販といつた大手の取次が不扱ひだつたため、納品のため直接岐阜県関市の自宅まで伺つたのであります。
若造(当時の私)相手にもすこぶる丁寧な応対で、気さくな人柄を思はせる方でした。炬燵に招かれ、蜜柑までご馳走になりました。加藤さんは覚えてゐないでせうが。
著者として、1000円前後の手頃な価格で読者に提供したいとの思ひから、安価で出版してくれる会社から本を出してゐるのだが、その出版社はトーハン、日販との取引がないので書店さんに不便をかける、みたいな話をされてゐましたね。(現在は取扱があるやうです)
ほかにも、写真にまつはる秘話、ご自身の健康の話(病気療養中だつた)など、色色な話を聞きました。
その暖かな人柄そのままの作風です。
機会があれば、ぜひ手に取つてみてください...

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/287-fa135531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック