源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
「婚活」時代
「婚活」時代 (ディスカヴァー携書)「婚活」時代 (ディスカヴァー携書)
(2008/02/29)
山田 昌弘、白河 桃子 他

商品詳細を見る

「婚活」時代
山田昌弘/白河桃子【著】
ディスカヴァー・トゥエンティワン刊
2008(平成20)年3月発行

ゆゑあつてかういふ本も読んでゐます。

婚活なる言葉も、すつかり定着したかに見えますが、実はほんの2年ほど前に世に出たのであります。
本書の著者の一人である山田昌弘さんが、就職活動(就活)と同様に、結婚活動(婚活)も必要な時代になつたとして提唱したのださうです。

顧みれば、以前の日本人は、大人になれば何となく結婚してゐて、40歳になつても独身なのは何か訳ありなのか?と不審がられることさへありました。
例へば男性の場合、特段に女性との付き合ひが得意でなくても、周囲のお陰でお嫁さんの来手はあつたものでございます。
それが今や、希望通り結婚できる人と未婚者へ二極分化してゐると山田さんは指摘します。
未婚者が増えると少子化に拍車がかかり、日本の将来に禍根を残す...
だから婚活だ! といふところですか。

では具体的にどうすればいいのか?
著者たちは「女性たちよ、狩に出でよ。男性たちよ、自分を磨け」と尻を叩きます。
結婚情報サービス・合コン・ネット婚などを説明してゐますが、正直、「こんな苦労してまで結婚なんてしたくないぜ」といふ御仁もゐるでせう。

しかし本書の述べる現状は、おそらく間違ひなくその通りなのでせう。ぼやつとしてゐる人たちに警鐘を鳴らすには、十分過ぎる効果がある一冊と申せませう。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/291-d47e4401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック