源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
カレチ
カレチ(1) (モーニング KC)カレチ(1) (モーニング KC)
(2009/12/22)
池田 邦彦

商品詳細を見る

カレチ 1
池田邦彦【著】
講談社(モーニングKC)刊
2009(平成21)年12月発行


「モーニング」にて間歇的に掲載されてゐた漫画ださうです。
私は店頭で単行本を見て初めてその存在を知りました。

タイトルの「カレチ」、この用語の意味を知る人は案外少ないのではないでせうか。
私はなぜか子供の頃から知つてゐましたが、「旅客専務列車長(リョクセンムッシャョウ)」の略号であります。要するに国鉄(現JR)の専務車掌です。普通の車掌さんは「レチ」で、それよりも格が上なのであります。
ちなみに車掌長は「レチチ」とよびます(レチ長)。言ひにくいのであります。

この漫画では、昭和40年代の国鉄を舞台に、新米カレチである荻野くんの奮闘ぶりが描かれます。
荻野くんは、普段は何となくぼやあーとした感じの青年ですが、困つてゐる乗客に遭遇すると看過できない性格で、それが原因でベテラン運転士や老駅長などと衝突したりします。
しかし彼の、乗客のためにベストを尽くす姿勢は周囲の皆が一目置くところのやうです。

さて、荻野くんの勤務する特急列車が雪で遅れてゐます。途中の停車駅で接続するローカル線に乗換を要する女性がゐました。危篤の母にどうしても会つて言ひたいことがある...しかし彼女一人のために、雪の中を必死に定時運転に努めてゐるローカル線を長時間待たせる訳にはいかないのです。
そこで彼は乗換客が21人ゐる、と水増しして報告します。もちろん処分は覚悟の上です。ローカル線列車は待つてゐてくれましたが、彼の水増し報告を知つて...荻野くん、大ピンチですが、そこで予想外の展開が!

鉄道の現場が舞台になつてゐますが、全くメイニアツクではありません。
ほろりとする人情物語が中心となつてゐますので、非鉄にもおすすめです。まあ、出来すぎたストーリーと言へば言へなくもないですが、一所懸命の荻野くんに免じて一読あれ。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/292-e6768f98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック