源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
ちばあきおのすべて
ちばあきおのすべて―「キャプテン」から「チャンプ」までの軌跡 (ジャンプコミックスセレクション)ちばあきおのすべて―「キャプテン」から「チャンプ」までの軌跡 (ジャンプコミックスセレクション)
(1994/09)
ちば あきお

商品詳細を見る

ちばあきおのすべて
ちばあきお【著】
ホーム社刊
1994(平成6)年9月発行


去る29日は、故・ちばあきおさんの67回目の誕生日でした。
私はちばさんの漫画はほとんど読んでゐる筈でしたが、本書に収められた「犬と少年」は知らなかつた。
また、弟の七三太朗さんがシナリオを書き、弟子の高橋広さんが作画を担当した「その後の谷口くん」が収録されてゐます。
谷口くんとは、代表作『キャプテン』『プレイボール』の主人公で、ちばさんは高校三年生までしか彼を描いてゐません。
それで「その後」といふ訳ですが、彼はイキナリ「谷口工務店」の主として登場します。立派な中年男。息子は父親と同じ墨谷高校で野球部に所属してゐますが...興味のある方は読んでみてください。たぶん入手できます。

ちばさんの漫画はコマの書き方や吹きだしが行儀好いです。兄のてつや氏はコマが上下に食み出し、ページ数が全く印字できないのと好対照です。
例へば、今手元にちばてつや『のたり松太郎』32巻がありますが、目次を見ると第五話の「コワバリ松」は109ページださうです。
しかし109ページを探し当てることは困難です。本書にはただの1ページも、ページ数が印字されてゐないから。これはひどい。

それはそれとして、本書には関係者による「回想ちばあきお」のコーナーがあり、その中で本宮ひろ志氏の過激な発言が面白いのです。
テレビのタレント、漫画家、その読者たちなどをバカ呼ばはりして憚りません。

百人のマンガ家がいたら、作家性をしっかりそなえた描き手は十人だろう、残り九十人はバカだ。そのバカマンガ家が九十万人のバカ読者を作ってしまった。バカマンガ家になれているバカ読者よ、ちばあきおのマンガを全巻読んでみるがいい。そしてそこから得られる感動、人間の持つ豊かさ、あたたかさを身にしみて感じるがいい。(中略)ちばあきおのマンガを読んで何が本物であるか、何が素晴らしいかを学んだら、クソマンガなんかもう読むな。そして本物以外は捨ててしまえ。時間のムダだから

罵詈雑言は面白いですねえ。ちなみに、ほかに赤塚不二夫・水島新司・永井豪・政岡としや・武論尊・秋本治・武田鉄矢・浜田剛史の各氏が回想文を寄せてゐます。
私も、ちばあきおマンガについては、語り出したら一晩では終らないので、この辺で失礼します。
ところで、本宮さんの暴言、ただの暴言ではないと思ひませんか?

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/297-1548aff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック