源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
この世でいちばん大事な「カネ」の話
この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)
(2008/12/11)
西原 理恵子

商品詳細を見る

この世でいちばん大事な「カネ」の話
西原理恵子【著】
理論社刊
2008(平成20)年12月発行


「よりみちパン!セ」の一冊。漫画家西原理恵子さんが年少者に「カネ」の話を語ります。
西原さんならではの金銭観。はちやめちやなことが書いてあるかといふと、さうでもない。
実に真面目に、「カネ」といふテエマについて述べてゐます。もつとも彼女の作品を普段読まない人にとつては、どこが真面目なのだと問ふかもしれませんが。

5章構成で、章のタイトルが直截的です。自らの経験則をそのまま述べたやうな感じ。
第1章は「どん底で息をし、どん底で眠っていた。「カネ」がないって、つまりはそういうことだった。」
まだ大人の世界を知らぬ頃の、子供時代の西原さん。父親の死をきつかけに、お金がないことでどんな不幸が訪れるかを身をもつて体験します。
第2章。「自分で「カネ」を稼ぐということは、自由を手に入れるということだった。」
高校を退学させられた時の話。元は自分の飲酒が原因ですが、裁判に於ける学校(先生)たちの対応には、心底失望したことでせう。「大人の社会の見たくない裏側をしっかりと見たと思う」と。
「どうしたら夢がかなうか」ではなく、「どうしたらそれで稼げるか」と考えよと西原さんは言ひます。プロフェッショナルとアマチュアの差もここが分れ道になるやうな気がします。
第3章は「ギャンブル、為替、そして借金。「カネ」を失うことで見えてくるもの。」
麻雀漫画を描くことがきつかけで、ギャンブルの世界にのめり込む。手で触れるカネの実感を自分に叩き込むことで、金銭感覚は保たれるのではないかといふ。
第4章。「自分探しの迷路は、「カネ」という視点を持てば、ぶっちぎれる。」
「カネ」について語ることが下品とされる風潮に疑問を呈します。私の親もカネについては実践的なアドバイスをくれたので、よく分かります。守銭奴になれ、といふのとは違ふのです。お金の重要性についてはすべからく幼時から教育すべきでせう。
最後の第5章は「外に出て行くこと。「カネ」の向こう側へ行こうとすること。」
アジアの国々を見てきて感じることが語られます。西原さんは自分で体験したことでないと信用しない人だと思ひます。そんな彼女だからこそ「働けることのしあわせ、働く場所があることのありがたさについて、考えたことがありますか?」の問ひかけも説得力があると申せませう。

本書については大人の感想・書評はいくつか読んだけれど、これから社会へ出る人たちはどう受止めるのでせうね。拒否反応を示すのかなあ...
しかし、本当に真面目な本です。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/308-14a0ca7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック