源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
ゲンスブールまたは出口なしの愛
gainsbourg.jpg

ゲンスブールまたは出口なしの愛
ジル・ヴェルラン【著】
永瀧達治/鳥取絹子【訳】
マガジンハウス刊
1993(平成5)年7月発行


セルジュ・ゲンスブールの本格的評伝であります。早いもので、彼が世を去つてからもう19年になるのですねえ。
著者のジル・ヴェルランといふ人はパリで活躍する、ベルギー人の音楽ジャーナリストださうです。
しかしどちらかといふと、音楽的側面よりもゲンスブールの人間性により多くの記述を割いてゐます。おびただしい数の人物にインタビューを重ね、その証言を中心に構成されてゐるのです。

セルジュと関りの深かつた女性たち、とりわけブリジット・バルドーとジェーン・バーキンの話は興味深い。最後の女性・バンブーもちよつとだけ登場しますが、愛娘シャルロット・ゲンスブールのインタビューらしきものがなかつたのは残念でした。

セルジュの魅力は今更述べるまでもありませんが、一般的には「才能はあるが、反社会的な言動で周囲を困らせた不良おやぢ」といふ印象でせうか。つまり人間性に問題ありと。
ところが本書を読むと、彼は実にはにかみやで、周囲に気を遣ふ部分があることがわかります。仕事に対しては、その結果の責任を負ふ姿勢がある。仕事にかかるまでは怠け者なのですが。可愛いところがあるぢやないか! 実際に私生活や仕事上で彼に接した人たちが証言するのだから、説得力があります。我々外野がブーブーいふことはない。本書を読みながら改めてCDを聴いてみると、その悪たれぶり、挑発もいとほしい。
ま、現実にセルジュのやうな男がそばにゐたらやはり困るでせうが...

今回は、この本をお薦めするといふよりも、セルジュの音楽を聴いてくださいといふのが本音と申せませう。一度カブレると、中中大変ですがね...

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/319-12fa0d7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック