源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
歴史の流れ
IMG_0148.jpg

歴史の流れ
林健太郎【著】
新潮社(新潮文庫)刊
1957(昭和32)年10月発行


歴史の流れ。大きなタイトルであります。壮大な西洋史をこの薄い一冊の文庫本で著さうといふのですから。
昭和32年の発行としてありますが、あとがきによると実際は終戦間もない昭和21-22年に執筆されたものださうです。
日本が敗戦に打ちひしがれてゐた時期に書かれたと思ふと、感慨深いものがあります。

今年(2014年)没後十年を迎へた林健太郎氏が、かつて出版社の求めに応じて「一気呵成に」西洋史をまとめたものです。林健太郎と聞いても怖がる必要はありません。実にコムパクトに、ピテカントロプス・エレクトゥスから第二次大戦の終了までを、(一部を例外とし)私見をはさまずに俯瞰します。超圧縮版なので、出てくる事象はすべてSランクの重要事項ばかり。改めて歴史の興味深さを教へてくれるのです。ノオトを取りながら読みすすめれば、理解も深まる。
かつて高校時代に山川出版社の歴史教科書で学んだことを思ひ出し、懐かしくなりました。

やはり古代が特に面白い。人類誕生からローマ帝国あたりは、豊穣なる物語を語り聞かされてゐるやうな陶酔境を味はへます。現代に近付くに連れて、今の世界が抱へる問題点の原点が見えてきて生々しくなるのです。
著者も認めるやうに、宗教改革以降を簡単に慌しくまとめた記述になつてゐますが、今回は(もう次回はないけど)これで良い。本稿の最後を、「原子力の平和利用」が「明るい希望」であると締めてゐるのもご愛嬌であります。これ以上現代を執筆してしまふと、別の書物になる恐れがありますからな。

ぢやあ又お会ひしませう。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/335-7cc4cf60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック