源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
チョコレート戦争
チョコレート戦争 (講談社文庫 お 16-1)チョコレート戦争 (講談社文庫 お 16-1)
(1977/06)
大石 真

商品詳細を見る

チョコレート戦争
大石真【著】
講談社(講談社文庫)刊
1977(昭和52)年6月発行


小学生4年生のころ、担任の先生が「大石真は先生の友達なのだ、えへん」と自慢してゐました。真偽のほどは分かりませんが、クラスの友人の間では「絶対ウソだよな」といふのが定説となつてゐました。かはいさうな先生。

その大石真さんが亡くなつてからもう20年にならうとしてゐます(1990年9月4日没)が、その創作童話のかずかずは今でも現役で読まれてゐます。『チョコレート戦争』は代表作と申せませう。

すずらん通りにある洋菓子屋「金泉堂」は町で大人気の美味しい店。子供たちのあこがれであります。店頭のショーウィンドウには、1メートル近くのチョコレートでできた城があつて、それは金泉堂の名物であります。
光一くんと明くんがそのチョコレートの城をうつとりとながめてゐたら、なぜか突然ショーウィンドウが割れたのです。金泉堂の主人はふたりの仕業であると決め付けます。
しかし光一くんは、濡れ衣を着せられたままでは収まりません。
戦うんだよ。あの、金泉堂のわからずや連中と、さいごまで、戦いぬくんだ
彼の宣戦布告とは、一体、どんなものでせうか...?

結末は全く意外な展開を見せます。読んでゐて幸せな気分になれる物語でした。義治あにいは影の主役とも言へませう。そして金泉堂のその後の対応は、真の勝者の条件といふものを教へてくれるのでした。45年前の作品ですが、現在の鑑賞にも十分堪へるものです。

講談社文庫版にはほかに「見えなくなったクロ」「星へのやくそく」「パパという虫」が収められてゐます。いづれも涙が出るくらゐいい話ですよ...といひながら、例によつて絶版のやうです。
しかし児童書出版の理論社からはフォア文庫版・フォア文庫愛蔵版・名作の愛蔵版と3種類出てゐますので、用途と予算によつて選ぶことが出来ます。贈り物にも可でございます。
お金をかけたくない人は、立ち読みでもすぐ読めちやふし、図書館で落ち着いても読むことも出来るのでした。

では今日はこんなところで。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/374-2e5a00a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック