源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
CoCo壱番屋 答えはすべてお客様の声にあり
CoCo壱番屋 答えはすべてお客様の声にあり (日経ビジネス人文庫)CoCo壱番屋 答えはすべてお客様の声にあり (日経ビジネス人文庫)
(2010/10/02)
宗次 徳ニ

商品詳細を見る

CoCo壱番屋 答えはすべてお客様の声にあり
宗次徳二【著】
日本経済新聞出版社(日経ビジネス人文庫)刊
2010(平成22)年10月発行


ココイチ。私は好きなんですよ。愛知県人なので、店舗数が多くて嬉しい。
ほぼ1日置きに通つてゐた時期もありました。全国にあるので、旅行先でも努めてココイチを利用しました。「旅に出てまで、チェーン店かよ、ケッ」と嘲笑されてゐましたが。
全国のココイチ制覇を目指す人のサイトを見つけて、私も真似を始めましたが、さすがにそれは頓挫してゐます。独身時代にもつと行つておけば良かつた。

さて本書は新刊ですが、内容は15年前の『繁盛させたければお客様の声を聞け!』(旭屋出版)の加筆再出版といふことです。しかし内容は古くなくて、飲食店・小売店全般に共通の「繁盛のヒント」が開陳されてゐます。
現在は第一線を退いた創業者・宗次徳二氏は、成功の秘訣を、何もなかつたからうまくいつたと述べてゐます。
確かにチェーンストア理論などを学んだ人だつたら、考へつかない思想を展開してゐますね。
喫茶店時代の有料ピーナツ、店は最初から繁盛しない方がいい、二流以下の立地への出店...

アンケート葉書をすべて目に通してゐたといふ宗次氏。店のアンケート回収箱に入れるのではないから客は投稿しやすい。悪い意見を店で握りつぶされる心配もないので、経費はかかるけれど顧客の信用のためには良い方法ですね。今では同様の方式を採るチェーン店も多い。
やはり苦情の葉書が一番参考になると著者は言ひます。読んでゐる最中は辛いでせうが。制度上の不満なら改善しやすいけれど、接客上の苦情はその店員本人が納得してゐないと改善が難しいところがあります。多店舗展開するチェーン店では、ごく普通の人たちをそれなりのレベルにしなくてはいけません。と言つてそれを仕組みでの解決を図ると、心がこもつてゐないと指摘されたり...

現在は代替わりして経営陣が刷新されてゐるさうですが、今後も奢ることなく「お客様の声」を元に繁盛店を作つてほしいものであります。私は以前のやうには頻繁に行けなくなりましたが。←自分勝手な客だなあ。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/394-7b5023f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック