源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
「清張」を乗る
「清張」を乗る―昭和30年代の鉄道シーンを探して (交通新聞社新書)/交通新聞社

¥840
Amazon.co.jp

清張」を乗る-昭和30代の鉄道シーンを探して
岡村直樹【著】
交通新聞社(交通新聞社新書)
2009(平成21)年12月発行


なかなかユニイクな企画ですな。
わたくしも清張作品は大好きであります。反骨精神を保持しながらも、読者にご馳走を提供しませうといふ娯楽作品に徹する姿勢は、物書きの鑑ではないでせうか。

本書は、その清張作品に登場する鉄道の場面に絞つて論じたものです。原著のみならず、映画化作品についても言及してゐます。
サブタイトルにもありますやうに、その主要作品は昭和30年代に集中してゐるのです。
テツと呼ばれる方々は、昭和30年代は鉄道の黄金時代だつたと何かにつけて仰います。

確かに当時の時刻表復刻版なんかを見ますと、相当の充実ぶりであります。涎が出さうですね。
しかしその実態は、清張作品(及びその映画)を見ますとあまり乗客本位になつてはゐませんね。快適な旅とは程遠く、難行苦行にすら見えます。

何しろ当時の国鉄といへば、駅まで足を運べば列車に乗せてやらんでもない、といふくらゐの横柄さ。航空機がまだ高嶺の花で、自家用車を持つ人もほんの一握りだつた時代だけに、庶民は外に選択肢がなかつたのであります。国鉄はこれに胡坐をかいたと申せませう。そのツケがどのやうにまわつたか、それは皆様の記憶に新しいことと存じます。

それはともかく、文学作品の鉄道場面をなぞる旅といふのは面白い。もつとこの種の企画はあつても良いなと思ひます。少なくともわたくしには、廃線跡などよりも興味深い。
清張ファン、テツの人々共にどうぞ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/41-d4ef0fb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック