源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
燃えつきた地図
燃えつきた地図 (新潮文庫)燃えつきた地図 (新潮文庫)
(1980/01/29)
安部 公房

商品詳細を見る

燃えつきた地図
安部公房【著】
新潮社(新潮文庫)刊
1980(昭和55)年1月発行


失踪した男を捜してもらひたい。といふ依頼を受けた興信所の調査員。
依頼人は男の妻。しかし彼女の話は要領を得ないのであります。手掛りも顔写真1枚とマッチ箱だけ、といふありさま。
重要なことは何も答へず、すべては弟が仕切つてゐる、と繰り返すばかりなのです。

調査員の「ぼく」は、僅かな手掛りから調査を開始しますが、その肝心の弟(胡散臭い)は死んでしまふし、情報提供者だつた筈の田代君の証言は二転三転し、「ぼく」はますます迷宮に迷ひ込むのでした。
読者も「ようこそ迷宮へ」とばかりにふらふら誘ひ込まれ、不安に苛まれてゆくのでございます。

いたづらに観念的にならず、物語としての作りがしつかりしてゐますね。小説の面白さといふものもたつぷり読者に与へてくれる作品と申せませう。『砂の女』-『燃えつきた地図』-『箱男』と連なる作品群は、今から思ふとほとんど奇跡と呼べる存在ですなあ。
たぶん今でも入手は容易であります。読みませう。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/414-89ca67e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック