源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
生きているユダ ゾルゲ事件
生きているユダ―ゾルゲ事件 その戦後への証言 (角川文庫)生きているユダ―ゾルゲ事件 その戦後への証言 (角川文庫)
(2003/04)
尾崎 秀樹

商品詳細を見る

生きているユダ ゾルゲ事件-その戦後への証言
尾崎秀樹【著】
角川書店(角川文庫)刊
1976(昭和51)年10月発行
2003(平成15)年 4月復刊


伊藤律氏の健在が公になつたのは1980(昭和55)年のこと。ゾルゲ事件ともども、私はその時初めて知つたのですが、まだ子供の私はゾルゲと聞くと、バロムワンのドルゲを思ひ出すのみでした。
スパイであるとか、共産党を除名になつたとか、仲間を売つたとかロクな話がなかつたのですが、本人は完全否定してゐました。激怒といふべきか。

一方尾崎秀樹氏といへば大衆小説などの評論家として私は認識してゐました。私の所持する文庫本解説執筆者の上位者といへば「十返肇」「小松伸六」そして「尾崎秀樹」かな。ま、感覚で言つてゐるので正確ではないかも知れません。「武蔵野次郎」「巌谷大四」なども有力候補かも知れませぬ。どのやうな傾向の本が多いかばれてしまひますね。

その尾崎秀樹氏の兄がゾルゲ事件で逮捕、処刑された尾崎秀実氏であつたと後で知りました。
本書ではゾルゲ事件そのものよりも、事件の真相を追ふ過程を綴つてゐます。
共産党の「裏切者」伊藤律がそれを裏で妨害し、尾崎秀樹を抹殺しやうとする。病に倒れた著者は極貧の中伊藤律との闘ひを続け、ついに1953(昭和28)年9月、伊藤は共産党から除名、追放されるのであります。

それから6年後の1959(昭和34)年、『生きているユダ』は世に出ます。角川文庫になつたのは1976(昭和51)年で、当時はまだ伊藤律の消息は分つてゐません。
映画「スパイ・ゾルゲ」公開に合せ、2003(平成15)年に復刊。この時期にはすでに伊藤律が尾崎秀実を売つたのではないとする風潮になつてゐました。北林トモの名を出したのは伊藤ではなく青木キクヨといふ人らしい。よくわかんないけど。

従つて本書は今となつては史料的価値よりも、尾崎秀樹といふ若者が歩んだ当時の思想的情況を知る上でまことに興味深いと申せませう。ユダはどこかへ行つてしまつたのです。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/422-5998bee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック