源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
鉄道ひとつばなし3
鉄道ひとつばなし3 (講談社現代新書)鉄道ひとつばなし3 (講談社現代新書)
(2011/03/18)
原 武史

商品詳細を見る

鉄道ひとつばなし3
原武史【著】
講談社(講談社現代新書)刊
2011(平成23)年3月発行


知らないうちに第三弾が出てゐました。「波」での連載ももう15年ださうで、まさかの(失礼)長寿企画となつてゐますね。
ネタ切れを心配する向きもありますが、原武史氏と鉄道のつきあひ方は常人(普通のテツ、といふ意味)とはいささか趣を異にしてゐて、引き出しが豊富なのであります。

なかんづく天皇・皇室と鉄道の関連については、やはり唸らせる記述であります。『「鉄学」概論』と被るところもありますが、やはり面白い。一冊丸ごと「皇室と鉄道」をテエマにした本を出していただきたく思ひます。
鉄道を語るならば、社会とのかかはりや、その地域の歴史とかが絡むと俄然興味が沸くものです。
まださういふ文章の書き手は少数なのが現状であります。原氏の著書はまことに貴重な存在と申せませう。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/435-0d681cc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック