源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
国鉄の戦後がわかる本 上巻
国鉄の戦後がわかる本〈上巻〉輝ける黄金時代(昭和二十年~四十三年)編国鉄の戦後がわかる本〈上巻〉輝ける黄金時代(昭和二十年~四十三年)編
(2000/02)
所沢 秀樹

商品詳細を見る

国鉄の戦後がわかる本<上巻>輝ける黄金時代編
所澤秀樹【著】
山海堂刊
2000(平成12)年2月発行


このところ、衝撃的な事項が多くて困るのであります。例へば。

a)児玉清さん、長門裕之さんが相次いでお亡くなりに!
b)スワローズが交流戦でボロボロ!
c)注水問題で、改めて政府と東電の無責任さが発覚!
d)村井美樹、Qさま漢字問題で答へずパス!

そして追ひ討ちをかける衝撃は、スーパーおおぞらの事故であります。
すつかり焼け爛れたキハ283系の姿...ああ。

しかし国鉄の歴史を俯瞰しますと、まさに事故の歴史。再発防止の施策とまた新たな事故発生の繰り返しであります。
所澤秀樹著『国鉄の歴史がわかる本 上巻 輝ける黄金時代編』を読みますと、その辺の事情が良く分かるのであります。

所澤秀樹氏といへば、雑学的な鉄道本を多く出してゐる人。本書はやや異質な著書になりますか。
日本国有鉄道の発足は昭和24年ですが、区切りの良い昭和20年から、あの画期的な「よんさんとお」の昭和43年までを上巻で取り上げます。暗い戦災の時代から復興へまつしぐらの時代です。皆が明るい未来を信じてゐた頃の話で、国鉄もイケイケです。そのツケは確実に次代へまはされるのですが...

親しみやすく分かりやすい所澤節が健在ですので、別段メイニアでなくても普通に読めるでせう。ところで桜木町事故や鶴見事故のところで「国鉄戦後五大事故」と紹介してゐますが、残りの三つが出て来なかつたやうな...下巻に出て来るのでせうか。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/441-fae88db0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック