源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
負けるのは美しく
負けるのは美しく (集英社文庫)負けるのは美しく (集英社文庫)
(2008/03/19)
児玉 清

商品詳細を見る

負けるのは美しく
児玉清【著】
集英社(集英社文庫)刊
2008(平成20)年3月発行


今年5月に惜しまれつつ亡くなつた児玉清さん。こんな本を引つ張り出し哀悼の意を表するものであります。
児玉さんは東宝専属の俳優だつたのですが、東宝時代の出演映画は、わたくしあまり観てゐないのです。
せいぜい「電送人間」(冒頭のお化け屋敷の客で出てくる)、「悪い奴ほどよく眠る」、「日本海大海戦」くらゐですかな。無論追悼上映をしたのであります。イイ。

さて本書はその児玉清さんのエッセイ集。その文才については、今更わたくしが喋喋するまでもございますまい。そのたたずまひ同様、清冽で贅肉をそぎ落としたやうな文章ですね。同時に温かみを感じます。
東宝に入社するに至つた経緯の「母とパンツ」に始まり、屈辱の経験から俳優として見返してやらうと決意する「雑魚と雑兵」など、下積みの苦労を綴つた文章が多い。
また、共演の山茶花究さんや信欣三さんの意外な一面など、初めて知る秘話もあります。信欣三さんは面白すぎます。

最終章「天国へ逝った娘」では、36歳の若さで他界した娘さんのことを語つてゐます。
正直、涙なしには読めぬ辛い文章であります。それにしてもこの病院は酷い。児玉さんも言ふやうに、死期が迫つてゐる患者だからと気軽に人体実験まがひのことをしたのではないか。義憤を感ずると同時に、一般に病院とはかういふものかと恐怖も迫るのであります。
しかし、児玉さんも娘さんの元へ行く。きつと再会したであらうと思へば、救ひはあるでせう。

尚本書は、著者の没後に再び注目を浴びたやうですので、入手は容易と申せませう。では。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/451-87710dcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック