源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
普通の家族がいちばん怖い
普通の家族がいちばん怖い―崩壊するお正月、暴走するクリスマス (新潮文庫)普通の家族がいちばん怖い―崩壊するお正月、暴走するクリスマス (新潮文庫)
(2010/03/29)
岩村 暢子

商品詳細を見る

普通の家族がいちばん怖い―崩壊するお正月、暴走するクリスマス
岩村暢子【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2010(平成22)年3月発行


18歳の息子にサンタクロースの存在を信じ込ませてゐる(つもりの)母親。サンタを信じてゐる間は、ウチの子は大丈夫、などといふ。例外的なケースでもないやうで、何歳になつても夢を見てゐて欲しいのださうです。
本当にかういふ家庭が多いのなら、確かにまことに怖いと申せませう。子供は、母親に合はせて信じてゐるふりをしてゐるだけなのに。あるいは単にプレゼント欲しさか。

日本の風習を子供に伝へたいと語る母親が、同時に自分は酒を呑まないから御屠蘇はしない、御節は面倒だから作らない(または自己流)...ギャグではないやうです。
一方でクリスマスの飾りつけに関しては、異常なほどの情熱を示すのであります。これは一体どういふことでせうか。

本書はそもそもアサツー ディ・ケイといふ企業の「フツウの家族の実態調査(クリスマス・お正月編)」が元になつてゐます。著者の岩村暢子氏は同社の「200Xファミリーデザイン室長」」として、かかる調査を続けてゐるさうです。

で、本書はすこぶる評判が悪い。なぜでせうか。調査家庭のサンプルが少ない? 偏つてゐる? 信用できない?
もしくは自分が気付きたくないと忘れたふりをしてゐた事実を抉られたから? はたまた「こんなのは普通の家族とは言へないよ、私はさうぢやないのだから一緒にされては迷惑千万」といふ心理が働いたのか?

しかしこれらの家族は今や、「例外的」な存在ではないでせう。増加してゐるのは肌で感じるのであります。
なぜならば、わたくしの周囲のファミリーもおほむね同様の傾向であるからです。当然違和感を抱くのですが、ま、所詮他所の家庭、口出しはしないのであります。アレ? ウチはどうだつたかな。

それにしても著者の筆致は相当に毒を含んでゐます。多分ご本人はそれほど意識してゐないでせうが、調査に協力した主婦たちが本書を読んだら怒るだらうな、と余計な心配をしてしまふ。
ま、この毒が面白いのですけど。アハハと笑つた後、やはり怖くなるのが本書であると申せませう。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/456-ce1f75f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック