源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
ダイヤ改正の話
$源氏川苦心の快楽書肆

ダイヤ改正の話 宮脇俊三対話集
宮脇俊三【著】
中央書院刊
1988(昭和63)年5月発行


鉄道に生きる人たち』に続く、宮脇俊三氏による対話集であります。
今回は、ダイヤ改正に伴ふ「スジ屋」さんたちの話。ただの改正ではなく、JRグループが発足して初めてのダイヤ改正時の話なので、注目を浴びたのです。
それまでは国鉄といふ大きな組織でやつてゐたのが、分割民営化で分社化してしまつた。
各社でバラバラの改正をしてゐては、乗客は大いに迷惑であります。その辺の苦労話を宮脇氏がJR各社の輸送課長さんたちから聞き出してゐます。

時刻表の表も裏も知る宮脇氏だけに、質問に無駄がない。輸送課長さんたちも、思はず本音をもらしてしまひます。「私どもからすると、あれ(他社からの乗入れ列車)はやはり邪魔な列車でございまして」なんてね。

帯には「日本図書館協会、全国学校図書館協議会選定図書」とあります。なるほど。本書の資料的価値が認められたと申せませう。
まあ我我宮脇ファンからすれば、単に面白いから読むのですがね...


ダイヤ改正の話―宮脇俊三対話集/宮脇 俊三

¥1,050

Amazon.co.jp

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/46-bf197c38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック